女性のプロペシア服用は危険

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として医療機関で処方されているのは、基本的にプロペシアという内服薬と、ミノキシジルという外用薬です。AGAはその名前から男性特有の疾患だと思っている人もいるでしょうが、実は女性が発症するケースもあるのです。

どちらもDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質が原因で起きるものですが、両者には決定的な違いがあるのです。治療薬のうちプロペシアは、女性への処方は危険だとして認められていないのです。

そもそもプロペシアとはどのような薬なのか

プロペシアの画像 なぜプロペシアが女性に処方できないのかについて説明する前に、そもそもプロペシアとはどのような薬なのかについて知っておきましょう。

プロペシアの主成分はフィナステリドといい、DHTの生成を抑える働きがあります。DHTは頭部においてTGF(トランスフォーミング増殖因子)という成長因子の一種であるTGF-βの生成を促す働きがあります。

TGF-βの働きは、毛母細胞の分裂を抑え、頭髪の成長を妨げてしまうというものです。これによって十分に成長していない頭髪が抜けるようになり、薄毛になるというのがAGAの発症メカニズムです。

男性ホルモンからDHTが生成される際には、5α-リダクターゼという酵素の働きが必要になります。フィナステリドは、この酵素の働きを抑制するのです。これによってDHTが減少し、TGF-βの生成量が抑えられて頭髪サイクルが正常化されるというわけです。

このDHTの生成抑制は、AGAの治療においては最も重要視されています。一般的な皮膚科ではミノキシジルの処方はあまり行われていませんが、プロペシアの処方は必ず行われているというのは、その傍証といっていいでしょう。

なぜ女性への処方が認められていないのか

ただ、DHTは体にとって必ずしも不要なものではありません。むしろ、体毛を濃くしたり、筋肉をつけたりするなど、男性らしい体を作るためにはなくてはならないものなのです。

その働きが頭髪にとっては逆効果なので、忌み嫌われているにすぎないのです。

そして、DHRは大人だけではなく、お腹の中の赤ちゃんや未成年にとっても重要なのです。それは、男性器の生成にかかわっているからです。

生まれつき5α-リダクターゼを持っていない男性がいますが、男性器が形成されていなかったり、形成されていても極めて小さかったりするのです。

そして、フィナステリドは胎盤を通じて赤ちゃんにも行ってしまいます。

もし赤ちゃんが男の子の場合、これと似たようなことが起きてしまいます。つまり、フィナステリドの働きによってDHTが生成されず、男性器が形成されないという先天性異常が起きてしまうのです。

こうした問題が起きないようにするために、フィナステリドを主成分とするプロペシアの処方は女性に認められていないのです。
ちなみに女性はプロペシアの服用だけでなく、手で触ってもダメだとされています。

皮膚から成分が宮中され、赤ちゃんに影響してしまい可能性があるためです。

そもそもフィナステリドは、AGAと同様にDHTが原因で起きる前立腺肥大症の治療薬として開発されたものなのです。

前立腺は女性にはない器官ですから、フィナステリドを主成分とするプロペシアが女性に処方することが考えられていないのも、ある程度は仕方がないということになります。

女性のAGA治療はどのように行われているのか

プロペシアが使用できないというのは、AGA治療においてはかなりの痛手です。このため、女性のAGA治療は難しいとされてきましたが、最近になってパントガールという新薬が開発されました。

これによって女性のAGA治療効果はアップしているといいます。

パントガールはビール酵母をはじめ、頭髪の元となるケラチンやL-シスチン、頭皮の状態を整える働きのあるパントテン酸カルシウム、頭髪が伸びるためのエネルギー代謝を活発にするビタミンB1などが含まれています。

つまり、DHTによって活力を失っている毛母細胞をサポートするものなのです。この薬によって、抜け毛が減った人は9割だったと報告されています。

DHTの生成そのものを抑えるわけでもないのになぜ効果を発揮できるのかというと、そもそも女性は男性ホルモンの分泌量が極めて少なく、DHTも少なくなるためです。

女性のDHTは、女性ホルモンの分泌が盛んな若い頃は、女性ホルモンの働きによって抑えられるぐらいの力しかないのです。それならば、毛母細胞をサポートするくらいの働きで十分だということになるのです。

パントガールは、プロペシアと違って副作用がないという大きなメリットがあります。女性のAGAは男性と比べて目立たないこともあり、治療については男性よりも遅れている部分がありましたが、パントガールによってかなり前進したといっていいのではないでしょうか。

繰り返しますが、女性へのプロペシアの処方は赤ちゃんへの影響を考えて禁止されていますので、治療法も自ずと異なってきます。

AGAの女性が男性のAGAクリニックではなく、女性専門のAGAクリニックに診てもらった方が治療効果が得られるのは、このためなのです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!