女性にも急増?!女性の薄毛事情

薄毛と言えば男性特有の悩みと考えられがちですが、実は女性のトラブルのひとつでもあります。現にここ数年で薄毛に悩む女性は増えてきています。女性と男性では、同じようにみえて少し違いがあるので、今回はその点についてもまとめていきます。

女性の薄毛の原因と種類は

女性の薄毛にはまず加齢が大きくかかわります。なかでも30代後半から40代で抜け毛が始まることが多いとされています。つぎにホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスは女性にとって大きな課題であり、ホルモンバランスが崩れるとさまざまな面で健康に影響を及ぼします。

ホルモンバランスが乱れる原因は過激なダイエットやストレスが大きく関係しているほか、閉経も原因となります。つぎにカラーやパーマです。女性の方が髪の毛でおしゃれを楽しむことが多いために、髪が傷みやすい原因をつくってしまっています。

またヘアアイロンの頻繁な使用も薄毛につながる恐れがあります。

薄毛の種類はまず分け目や頭頂部にできるびまん性脱毛症があります。更年期前後におおくホルモンバランスが大きく関係しています。次に分娩後脱毛症です。

妊娠後期に女性ホルモンの影響で髪の毛のサイクルが乱れることはよくあることなのですが、分娩後休止期にはいることで一時的に脱毛が起きるとされています。半年から一年で新しい髪がはえてくるのであまり問題がないことがほとんどです。次にひこう性脱毛症です。

フケが毛穴を塞ぐことで炎症がおき、髪の毛が成長できなくなってしまうことで引き起こされます。最後に牽引性脱毛症です。ポニーテールなどで髪の毛をひっぱり続けることで起きてしまう脱毛症です。おなじ髪型ばかりをするとなりやすいので気を付けてください。

パントガールとは

薄毛を改善するのによく用いられるのが薬ですが、男性用と女性用があります。女性は必ず女性用を使用してください。女性用の薬で代表的なのがパントガールです。パントガールは飲み薬で毛髪に栄養をおくる役割を果たします。

成分にはケラチンという健康な髪をつくるものやパラアミノ安息香酸という髪の老化予防効果のあるものなのが含まれています。服用するとその栄養から髪の毛だけでなく肌や爪などにも効果がでるといいます。

とくにびまん性脱毛症という女性におおいタイプの脱毛に効果が高いようです。、服用は一日3カプセルで効果が出るのに3ヶ月から半年くらいかかるようです。

ある調査では3ヶ月パントガールを服用した場合7割の人に抜け毛の減少がみられ、2割のひとに抜け毛がほぼなくなるまでに改善したというので続けることで効果は期待できます。そして薬といえば気になるのが副作用でしょう。

薄毛の治療に用いられる薬では重大な副作用が見られることも多いのですが、パントガールは実は副作用はほとんどありません。例えば太りやすくなる、体毛が増えるなどのデメリットもありません。

女性の薄毛治療薬は男性とどう違うの?

2016.07.26
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!