女性の薄毛治療薬は男性とどう違うの?

AGA(男性型脱毛症)はその名称から男性のみの病気だと思っている人も多いでしょうが、女性がAGAを発症することもあるのです。同じ病気なら治療法も同じだと考えるのが自然ですが、実は男性のAGAと女性のAGAでは治療法が若干異なっているのです。

女性にはフィナステリドが処方できない

AGAの原因は、男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)です。女性の体内でも男性ホルモンは分泌されており、DHTも生成されています。

女性ホルモンに毛髪を育てる働きがあるためDHTの働きが抑えられているのですが、老化やホルモンバランスの崩れによって女性ホルモンの分泌量が減少すると、DHTの働きが抑えきれずにAGAを発症するのです。

AGAの症状を抑えるためには、DHTの生成を抑制する必要があります。男性のAGA治療においてはフィナステリドによってDHTの生成を抑えているのですが、女性の場合はこの点に問題があります。女性にはフィナステリドを処方することが認められていないのです。

女性にフィナステリドが処方できない理由

フィナステリドの画像 そもそもDHTは、体毛を濃くしたり、体を筋肉質にしたり、性器を成長させたりする働きを持つ重要な物質です。

フィナステリドはこの働きを抑えるため、精神面の活力が失われて抑鬱症状が出たり、ED(勃起障害)になってしまったりする副作用が報告されているのです。

そして、女性のお腹に男の子の赤ちゃんがいる場合、フィナステリドがこの赤ちゃんに影響してしまい、性器の発育不全を招いてしまう可能性が指摘されているのです。これはフィナステリドを飲むだけでなく、触れるだけでもダメです。

女性にフィナステリドを処方することが認められていないのは、こうした副作用があるためなのです。

フィナステリドの代わりは?

ミノキシジルの画像 AGAの治療において、フィナステリドは必要な薬です。

なぜなら、フィナステリドによって脱毛を抑えていなければ、ミノキシジルをはじめとする育毛剤で頭髪を育てても、生える端から抜けてしまうという無意味なことになるからです。

女性のAGA治療においては、フィナステリドの代わりをどうするかが問題になっていましたが、最近になってパントガールという女性用の治療薬が開発されました。臨床実験では、3カ月で抜け毛の数が半減することが確認されています。

女性にも急増?!女性の薄毛事情

2016.07.26
しかも、現時点ではフィナステリドのような副作用が確認されていないというメリットもあるのです。ただ、こうした薬剤についての知識は、皮膚科など一般的な病院では十分とはいえません。

コストはかかりますが、女性専用のAGAクリニックで処方してもらうのがいいのではないでしょうか。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!