薄毛治療薬は病院の何科で処方してもらえるのか

薄毛の主な原因であるAGA(男性型脱毛症)は今では不治の病ではなく、症状が相当に進行していなければ内科的治療によって治すことができるのです。ただ、病院といっても何科に診てもらえばいいのか分かっていない人もいるのではないでしょうか。

病院で処方される薬はどのようなもので、何科で処方してもらえるのか、そのメリットとデメリットは何なのかについて説明していきましょう。

治療薬はフィナステリドとミノキシジル

フィナステリドの画像
ミノキシジルの画像
AGAの治療に使用されている薬は、フィナステリドとミノキシジルです。

AGAの原因は男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって、頭髪の脱毛が促進されてしまうことです。フィナステリドは、このDHTの生成を抑える効果があるのです。DHTが生成されなければ抜け毛は減少し、AGAの進行を止められるのです。

ただ、これだけでは毛髪が生えてきませんので、そのための薬が必要になってきます。それがミノキシジルです。ミノキシジルを頭皮に塗布することで毛細血管が拡張され、血流が良化します。

これによって毛根に十分な栄養が与えられ、頭髪の成長が促進されるというわけです。

治療してくれる病院その1・ヒフ科

こうした薬を処方してくれる病院のひとつが、ヒフ科です。
ヒフ科のメリットとしては、治療費が安いことが挙げられます。

そもそも、AGAの治療は健康保険の適用外であるため、医療機関によって費用が異なっています。皮膚科でフィナステリドとミノキシジルを処方してもらうと、比較的安上がりになるのです。

デメリットは、AGAの治療に特化した病院ではないため、通り一遍の治療になってしまうということです。フィナステリドもミノキシジルも副作用のある薬ですが、その副作用に対してのノウハウが不十分である可能性も否定できません。

治療してくれる病院その2・AGAクリニック

薄毛治療薬を処方してくれるもうひとつの病院は、AGA専門のクリニックです。

AGAクリニックのメリットは、AGAの患者だけを専門に扱っているため、メンタルケアを含めた細やかな治療が望めることです。メンタル面の不安からくるストレスは頭皮の血管を収縮させ、AGAの治療効果を下げてしまいます。

AGA治療においてメンタルケアは意外と重要なのです。また、薬の副作用についてのノウハウも豊富なので、万が一のときにでもしっかりと対応してくれます。
デメリットは、皮膚科での治療と比較するとどうしても割高になってしまうことです。

治療費を重視するか、治療効果を重視するかで、ヒフ科とAGAクリニックのどちらを選ぶかを決めた方がいいでしょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!