育毛剤は髪が濡れたままの状態で使用しても大丈夫?

抜け毛の防止や薄毛を解消するために、育毛剤を使っている人は多いでしょう。しかしどのように使えばより効果的なのか、正しい利用法を知らない人も少なくありません。

たとえば育毛剤は、シャンプーのあとに使ったほうが良いと言われています。しかし濡れた髪にそのままつけていいのか、それとも乾かした後につけないといけないのか、意外とよくわかっていない人も多いようです。

育毛剤は、使い方によりその効果も変わってきます。正しい使い方を学べば、より髪の成長が期待できるでしょう。

濡れた髪は育毛剤の効果を弱めてしまう!

結論から述べると、濡れたままの状態で育毛剤を使うのはお勧めできません。なぜならば髪や頭皮が濡れていると、育毛剤の有効成分がまわりの水分と混じり合って、薄くなってしまうことがあるからです。

これは特に、超極小化処置がほどこされた育毛剤で顕著に現れる現象です。超極小化処置をほどこすと、頭皮に有効性分が浸透しやすくなります。有効成分が非常に小さい粒になるために、頭皮のバリアをすり抜けて染み込んでいくのです。

しかし超極小化すると、水と反応しやすくなってしまいます。そのため、髪が濡れている場合は、その水分と結合してしまいます。そうなるとせっかくの有効成分も、髪に浸透していかずに効果を発揮できなくなってしまいます。

髪を乾かした状態と濡れた状態での使用どっちが良い?

前述の通り、基本的には髪が乾いた状態で育毛剤を使用するほうが良いでしょう。有効成分が薄まるという理由以外にも、濡れた髪には育毛に良くない影響があります。

そもそも湿気が多い状態というのは、雑菌が繁殖しやすい環境です。そんな状況を放置するのは、育毛に大きなマイナスとなってしまいます。ですから、濡れた髪はすぐに乾かすのが原則です。

さらに濡れた髪は血行にもよくありません。髪に限らず、体が濡れていると風でひんやりとします。これは水分が蒸発した時に、まわりの熱を奪うために起こる現象です。つまり髪が濡れていると、頭皮の熱が奪われ、血の流れが悪くなってしまうおそれがあるのです。

育毛剤の効果を最大限に生かす使用のタイミングは?

育毛剤は、髪が乾いている時に使ったほうが良いという結論が出ました。しかし髪が乾いてさえいれば、いつ使用しても大丈夫というわけではありません。育毛剤の効果をより大きくするためには、使用する状況を整える必要があります。

濡れた髪はいけませんが、しかし乾き過ぎもよくありません。頭皮が乾燥しすぎると、硬くなり、育毛剤の有効成分が十分に浸透しない可能性があるのです。

よって、育毛剤がもっとも効果を発揮するのは、お風呂に入って髪を乾かした後ということになります。お風呂あがりなら、頭皮に適度な水分が補給されています。

さらに頭皮が柔らかくなり、有効成分が染み込みやすくなっています。また入浴後は頭皮の毛穴が開いているため、より育毛剤の成分が有効に働きやすくなります。

頭皮の清潔さという観点からも、お風呂に入ったあとの使用が勧められます。フケや皮脂で頭皮の毛穴が詰まっていると、育毛剤の有効成分がうまく染み込んでいきません。育毛剤を使う時には、頭皮が綺麗になっている方が望ましいと言えるでしょう。

育毛剤を有効に働かせる時間

お風呂上がりというだけでなく、寝る前というのが、育毛剤の効果を最大限に生かすタイミングだと言えます。髪は睡眠時にもっとも成長するため、寝る前に育毛剤で栄養補給や血行促進などをしてやると、より髪の成長が促進することが期待できます。

また寝る時間も早すぎたり遅すぎたりしないようにしましょう。夜10時から深夜2時の間は、確実に寝ているように、意識して睡眠時間を調節するとよりよい効果があらわれるでしょう。

一部例外

育毛剤の中には、髪が湿っている状態で使ってくれと指定されているものがあります。このような製品の場合は、指示通りに濡れた髪に使用してかまいません。濡れた髪に付ける製品には、成分が強く、乾いた頭皮では刺激が強すぎるようなものがあるようです。

育毛剤とドライヤーで乾かすのどっちが先?

育毛剤の使用には、お風呂上がりが最適だと言われています。では、育毛剤を使うのは、髪を乾かす前と後、どちらのほうが良いのでしょうか。また、どういった順番で育毛剤を使うと、よりよい効果を期待できるのでしょうか。

ドライヤーで乾かしてから育毛剤を使う

髪が湿っている状態ではさまざまな弊害があります。ですから髪を乾かしてから育毛剤を付けるのが、正解だということになります。

ただし乾かし過ぎもよくありません。まず頭皮が乾燥しすぎると、育毛剤の浸透率が悪くなります。さらにドライヤーの熱で頭が熱くなりすぎると、育毛剤を付けた時に頭皮が蒸れて良くない影響があらわれてしまいます。

入浴と育毛剤を付ける手順

基本的には、以下のような手順で育毛剤を使うと、良い効果が期待できるはずです。

タオルドライ

お風呂でよく髪を洗ったら、まずタオルで水分を拭き取ります。このタオルドライで十分に水分を吸収させることが重要です。ドライヤーでも髪を乾燥させることはできますが、髪と頭皮に負担がかかります。なるべくタオルドライですませれば、より育毛によいと言えるでしょう。

水分をしっかりと拭き取ると言っても、ゴシゴシと力を入れていてタオルを使ってはいけません。濡れた髪は摩擦に弱いため、キューティクルを壊し、髪を痛める原因になってしまいます。バスタオルは優しく使うよう心がけましょう。特に男性は力が強いため、髪を痛めがちですから注意が必要です。

ドライヤー

タオルドライであらかたの水分を拭き取ったら、次はドライヤーを使って乾かしていきます。この時の気にしなければいけないのは、同じ場所に熱風を当て続けないようするということです。ドライヤーの風は高温のため、一箇所に集中すると髪にダメージを与えてしまいます。

また頭皮に風を当てるというより、髪の隙間に風を通すようなイメージでドライヤーを使いましょう。髪全体にまんべんなく、手早く温風を当てるのが、髪に負担をかけない乾燥のさせ方です。

ある程度の乾燥をすませたら、後半は冷風で乾燥させたほうが良いでしょう。頭皮が熱くなった状態で育毛剤を使うのは、あまり良い方法とは言えませんので、ここで冷やしておくのが大切です。

育毛剤をつける

乾燥が終わったら、いよいよ育毛剤の出番です。育毛剤ごとに決められた分量を、頭皮に塗っていきます。この時、髪や頭皮が湿っていないか、熱くなっていないかを確認してから育毛剤を利用しましょう。

また育毛剤を塗るのは、髪ではなく頭皮だということも忘れないようにしましょう。髪に育毛剤の成分がいっても効果はありませんし、逆効果になってしまうこともありえます。

マッサージと休憩

育毛剤を付けたら、頭皮全体を優しくマッサージします。こうすることにより、育毛剤の有効成分が頭皮に浸透しやすくなります。また、頭皮がほぐれ血行が促進する効果も期待することができるでしょう。マッサージにかける時間は、3~5分ほどで大丈夫です。

育毛剤を付けると、乾かした髪がまた湿ってしまいます。いくら髪に良い成分だからと言って、濡れたままの髪を放置しておくのは雑菌の繁殖の危険性があるため、お勧めできません。

よってまたドライヤーを使うわけですが、育毛剤を塗った直後に乾燥させるのは避けたほうがよいでしょう。なぜならば、育毛剤の有効成分は塗ってすぐに浸透するものではないからです。頭皮に有効成分が染み込む前にドライヤーを使うと、有効成分が蒸発してしまい十分な効果を見込めません。

すでに育毛剤を付けてから、マッサージにより数分は経過しているはずですが、さらに5分程度は時間を置いてから乾燥に入りましょう。

ドライヤー

再びドライヤーの出番です。今度は育毛剤で湿った髪を乾かしていきます。先ほどと違い、温風は使いません。最初から冷風で髪を乾かしていきます。今回も、なるべく頭皮には風が当たらないように注意し、髪の湿気だけを乾かしていきましょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!