若ハゲの予防方法

若ハゲになりたくないと思っている男性はほとんどだと思いますが、どのように予防したらいいのかについては知らない人も多いのではないでしょうか。若ハゲを予防する方法について、簡単に説明していきましょう。

育毛シャンプーを使う

若ハゲの原因は基本的にAGA(男性型脱毛症)ですが、これはいきなり重度の症状が出てくるわけではありません。初期は頭髪の脱毛が増えてきたり、頭皮がかゆくなってきたりとごく軽い症状しか出てきません。

この時期に進行を抑制することができれば、本格的な若ハゲになる可能性が低くなります。そのために効果があるのが、育毛シャンプーなのです。

育毛シャンプーには、AGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える成分が含まれています。また、毛根の十分な栄養を与えられえるように、頭皮の血流を良化させる成分も含まれています。

周囲から見て若ハゲだと分からないレベルの初期のAGAでしたら、これである程度は改善されるでしょう。

育毛剤を塗布する

問題は、周囲から見て気づかれるレベルにまでAGAが進行してしまったケースです。この時期になるとシャンプーに含まれている育毛成分だけでは不十分になってきます。このようなときこそ、育毛剤の出番なのです。

育毛剤の成分には頭皮の血流を良化させるもの、成長因子に働きかけて毛髪の成長そのものを促すものなどいろいろなタイプのものがあります。

かつては市販の育毛剤を使用して頭皮のかぶれなどの副作用が出てしまったというケースもありましたが、最近では目立った副作用がないことをセールスポイントにしている育毛成分もあります。懐具合と相談しながら、あなたに合いそうなものを選びましょう。

洗髪は適度に行う

ただ、育毛シャンプーや育毛剤だけでは若ハゲ対策は不十分です。頭皮の環境を整えるために、適度に洗髪することが必要になります。これは、頭皮が皮脂の分泌が多いため、適度に洗い流さないと頭皮の炎症による脱毛症の原因になってしまうためです。

洗髪をサボるのは論外ですが、洗いすぎも逆効果です。これは、皮脂を洗い流しすぎると頭皮の乾燥を防ぐために新たに皮脂が分泌され、結果として皮脂の分泌過剰になる可能性があるからです。

これを防ぐためにさらに洗髪が過剰になると頭皮が乾燥してしまい、これも炎症による脱毛の原因になります。洗髪は大事ですが、洗いすぎにならないレベルの「適度」なものを心がけるようにするのが、若ハゲ予防につながるのです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!