若ハゲに効く薬は?

若ハゲを治すためには、脱毛の進行を止めるための薬と、毛髪の成長を促すための薬が必要です。そうした薬には、どのようなものがあるのでしょうか。主な製品について説明していきましょう。

フィンペシア

フィンペシアの画像 若ハゲの原因はAGA(男性型脱毛症)によるものが多く、頭部の脱毛の原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える必要があります。

フィナステリドというDHT生成を抑えるための薬剤がありますが、このフィナステリドを含んでいる製品のひとつがフィンペシアです。フィンペシアは国内では未認可の薬剤ですが、海外から個人での輸入が可能となっています。

ただ、使用することで肝機能障害や抑鬱症状、ED(勃起障害)などの副作用が起きる可能性がありますので、個人での購入はリスクがあるのが実情です。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシの画像 フィンペシアの副作用のリスクに怖さを感じている人におすすめなのが、ノコギリヤシのエキスが含まれているサプリメントです。効力はフィンペシアには劣るものの、効果そのものは基本的に同じです。

海外での臨床実験では、サプリメントに含まれている3倍の量を与えても悪影響が認められなかったというデータがあり、副作用については心配なさそうです。ただ、脂肪分が多いため、大量に摂取すると下痢や腹痛を引き起こしてしまう可能性はあります。

プロペシア

プロペシアの画像 フィナステリドを含んでいる薬剤のうち、国内で認可されている製品はこのプロペシアのみです。効果はフィンペシアと基本的に同じで、副作用についてもこれに準じるものだと考えていいでしょう。

ただ、医療機関で処方してもらえば、副作用への対処ノウハウも豊富ですので、個人で購入するよりもリスクは小さいといえます。なお、女性への投与は認められていません。女性がAGAによる若ハゲを発症するのはレアケースですが、留意しておいた方がいいでしょう。

育毛剤

育毛剤を使用するのは、上記のような薬剤やサプリメントで脱毛を抑えることが前提になります。脱毛を抑えていない状態で育毛剤を使用すると、毛髪が生える端から抜けてしまうためです。医療機関で処方されている育毛剤はミノキシジルです。
ミノキシジルの画像 頭皮の血流を良化させることで毛根にえい養分を与え、発毛を促す効果があります。ただ、血流の良化によって皮脂の分泌量が増え、頭皮のかぶれや湿疹を招いてしまう可能性があります。

市販の育毛剤にはミノキシジル以外にもキャピキシル、リデンシル、ピディオキシジル、M-034などが含まれています。効果もそれぞれ違いますので、あなたに合ったものを使用しましょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!