若ハゲを改善するのにどれくらいの期間が必要?

若ハゲに悩んでいる人は、実は結構いるのです。何とかして治したいと育毛剤などを購入したり、医療機関で治療を受けたりしている人もいるかもしれません。それでも「若ハゲは治るんだろうか」と不安を感じている人もいるかもしれません。

若ハゲは治らない?

結論から言えば、若ハゲは十分に治療可能です。若ハゲの治療薬はちゃんと存在しているからです。若ハゲはAGA(男性型脱毛症)が原因になっているケースが多いですが、医療機関ではフィナステリドとミノキシジルという薬剤を使った治療が行われています。
フィナステリドの画像 フィナステリドはAGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑えて頭部の脱毛を減らします。
ミノキシジルの画像 ミノキシジルは頭皮の毛細血管を拡張し、血流を良化させて毛根に栄養分を与え、頭髪の成長を促します。

改善に必要な期間

ただ、内科的治療は始めてからすぐに効果が出るものではありません。それどころか、ミノキシジルの使用を始めた直後には脱毛が増えてしまうことすらあります。ただ、これは初期脱毛といって、毛髪の成長サイクルを正常な状態に戻すためのものです。

しばらくすると脱毛が収まり、今までよりも丈夫な頭髪が生えてくるようになるのです。そのような効果が出るまでに必要な期間は、おおむね半年だとされています。効果が出るのが早い人でも3カ月、遅い人だと1年かかってしまうこともあります。

AGAがあまり進行していない人は早め、ある程度進行している人は遅めに効果が出る傾向があります。いずれにしても1~2カ月程度の治療で「効果が出ない」と思ってしまうのは、時期尚早だということになります。

早めの治療がポイント

ただ、現在のAGA治療には限界があります。それは、毛根が生きている状態でなければ効果が期待できないということです。AGAも初期から中期にかけては毛根が生きており、完全に毛髪が生えなくなっているわけではありません。

よく見ると産毛のようなものが生えているような状態ならば、まだ毛根が生きていますので、治療効果は望めます。問題はAGAが進行すると毛根が死滅してしまい、完全に毛髪が生えなくなってしまうことです。

種を植えていない畑に水や肥料を与えても、何も生えてこないのと同じことです。こうなると植毛に頼るしかなくなってしまいます。AGAは早めの治療がポイントになってくるのは、このためです。

AGAがそれほど進行していない、まだ毛根が生きている状態であるうちに、何らかの対策を立てる必要があるのです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!