若はげを病院で治療すると高いの?

若はげ対策として、病院で治療を受けてみようと考えている人は意外と多いのではないでしょうか。病院ならば効果的な方法があるのではないかというイメージがあるからでしょうが、実際には病院で行われている治療はどのようなもので、どのぐらいの費用が必要なのでしょうか。

病院で行われる若はげの治療とは?

若はげの原因は基本的にAGA(男性型脱毛症)です。治療法としては、AGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えて脱毛を減らすとともに、頭皮の血流を良化させて毛根に栄養を与えることで発毛を促すことが主流です。

病院ではDHTの生成を抑えるためにフィナステリドという飲み薬、発毛を促すためにミノキシジルという塗り薬が処方されています。

治療費は?

AGAの治療は、健康保険の適用外となっています。このため、医療費は全額自己負担となりますし、病院によって費用も異なっています。

治療費の平均的な相場は、AGAクリニックなどの専門の病院で月額2万~2万5000円、皮膚科などの一般的な医療機関で1万2000~1万5000円です。

一般的な病院の方が治療費は安めですが、患者に対するフォローは専門の病院の方が整っていますので、どちらを選ぶかは悩ましいところです。

効果は?

治療効果については個人差がありますが、一般的に効果が出るまでには半年程度が必要だとされています。AGAの症状が進行していないほど、効果が早めに出るようです。逆に、AGAの進行によって毛根が死滅しているようなケースでは。治療効果が期待できないのが実情です。

また、治療を途中でやめてしまうと、体内でDHTが生成されるようになり、AGAが再び進行するようになってしまうという問題点があります。症状が改善されても病院に行くのをやめることはできず、長期にわたってフォローしてもらう必要があるということなのです。

個人輸入で若はげ治療

実は、病院で使用されているフィナステリドやミノキシジルは、個人輸入で入手することが可能です。特にミノキシジルについては、病院での処方が認められていない飲み薬タイプのものが入手でき、効果もそちらの方が上だとされています。

費用の方も月額5000円程度に抑えられるのです。ただし、フィナステリドには肝機能障害やED(勃起障害)、塗布型のミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹という副作用があります。

服用タイプのミノキシジルは血圧異常を起こし、命にかかわる副作用が起きたという臨床例も報告されているのです。AGA治療薬の個人輸入をするならば、このようなリスクは事前に理解しておきましょう。

ミノキシジルタブレットの効果と副作用とは

2016.07.21
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!