若ハゲの原因

若ハゲに悩む人は、治療によって毛髪が復活することを望んでいるケースが多いでしょう。治療のためには、若ハゲの原因について知っておく必要があります。

そもそも若ハゲは治るのか?

若ハゲの原因はいくつかありますが、基本的に治療は可能だと考えていいでしょう。症状がそれほど進行していない時期であるケースが多く、医療機関による治療効果が期待できるためです。

また、若年期は新陳代謝が活発なため、治療効果が高くなりやすいことも理由だといっていいでしょう。

若ハゲ対策に必要な栄養は

毛髪はケラチンというタンパク質からなっています。このケラチンを体内で生成するためには、大豆製品などに多く含まれているシスチンというアミノ酸が必要になります。また、ケラチンを体内で生成するためには、牡蠣などに多く含まれている亜鉛の働きが必要です。

そして、ケラチンが毛髪になるためには細胞分裂を促進させるビタミンB2、B6の働きが重要です。ビタミンB2はレバー、B6はニンニクなどに多く含まれています。これらのどれが欠けても毛髪の成長は抑制されますので、注意してください。

男性の若ハゲの原因は?

基本的にAGA(男性型脱毛症)だといっていいでしょう。これは、男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きによって、頭部の脱毛が促進されてしまうためです。

DHTには体を筋肉質にしたり、体毛を濃くしたりするなど、男性らしい体を作るためにはなくてはならないものですが、こと頭髪については困り者だといっていいかもしれませんね。治療に当たっては、DHTの生成を抑えることが必要になってきます。

女性の若ハゲの原因は?

若年期の女性の場合は、AGAが原因となっているケースは多くありません。これは、若年期の女性は毛髪の成長を促す女性ホルモンが多く分泌されているためです。ただし、何らかの原因でホルモンバランスが崩れてしまった場合は、この限りではありません。

女性の場合は無理なダイエットによる毛髪の栄養不足や、ポニーテールをはじめとする頭皮に負担がかかる髪型が原因となっているケースが多いです。しっかりと栄養を取ったり、髪型を変えたりするなどの方法が効果的だとされています。

女性にも急増?!女性の薄毛事情

2016.07.26

ホルモンがどのように関係しているのか

上にも書きましたように、若ハゲの原因は男性ホルモン由来物質です。このため、男性ホルモンが多いかどうかよりも、DHTが生成されやすい体質かどうかが重要になってきます。

男性ホルモンの量そのものが多くても、DHTの生成に必要な酵素が少なければ、AGAにはなりにくいのです。ただ、女性の場合は女性ホルモンのバランスが崩れることが薄毛の原因になります。

上にも書きましたように、女性ホルモンには頭髪を育てる働きがあり、ホルモンバランスが崩れると毛髪の成長が抑制されてしまうためです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!