生薬にこだわった育毛剤「WAKA」を徹底解剖!

天然素材でありながら薬効成分を持っているのが「生薬」です。漢方薬のイメージが強いですが、その生薬にこだわった育毛剤がMEJから販売されている「WAKA」です。生薬を水やエタノールで薄めることなく配合しているため、効果の方も期待できそうです。

WAKAの効果はどのようなものか、どのような成分が含まれているのか、副作用や初期脱毛はあるのか、どのような購入方法がお得なのかなどについて、徹底解剖していきましょう。

WAKAにはどのような効果があるの?

WAKAに含まれている生薬には、いろいろな効果がありますが、大きく分けると3つになります。AGA(男性型脱毛症)による抜け毛を抑える効果、頭髪の成長を促す効果、頭皮の状態を整える効果です。

それぞれの効果について、説明していきましょう。

抜け毛を抑える効果

男性の薄毛の原因で最も多いのがAGAです。

原因は男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)によって頭髪成長が抑制され、発毛サイクルに異常が出て頭髪の脱毛が促進されてしまうことです。AGAの治療においては、いかにしてDHTの生成を抑えるかが最優先事項になります。

なぜなら、抜け毛がしっかりと抑制されていなければ、育毛剤の効果によって頭髪が生えてきても、生える端から抜けてしまうという無意味なことになってしまいかねないからです。

実際、医療機関でのAGA治療でも、再優先で処方されるのはDHT生成抑制剤であるフィナステリドです。
男性ホルモンからDHTが作られるためには5α-リダクターゼという酵素の働きが必要なのですが、WAKAにはこの酵素の働きを抑える働きがあります。

これによってDHTの生成を抑え、頭髪の脱毛を抑えるというわけです。

頭髪の成長を促す効果

頭髪の成長を促す効果といってもいろいろなアプローチがありますが、WAKAにおいては頭皮の血行を良化させることと、毛母細胞の分裂を促すことの2つが取られています。

頭皮の血行を良化させることがなぜ頭髪の成長を促すことにつながるのかというと、血行の良化によって毛乳頭に栄養分や酸素が潤沢に届くようになるためです。この栄養分と酸素によって頭髪の成長が促されるのです。

医療機関で処方されているミノキシジルは、頭皮の血管を拡張することで血流を良化させる働きがありますが、これと似た効果を持っていると考えていいでしょう。ただ、栄養を与えるだけでは不十分です。

AGAの場合、DHTの働きによって毛母細胞の分裂が抑制さててしまっているからです。これを解消するには、毛母細胞の分裂を活発にする必要があります。WAKAにはそのための成分も含まれており、これによって潤沢な栄養分と酸素をしっかりと活用できるのです。

頭皮の状態を整える効果

頭皮の状態は、頭髪にストレートに影響を与えます。実際、不十分な洗髪などが原因で頭皮の皮脂が過剰になれば、毛穴に詰まって炎症を起こし、脂漏性脱毛症の原因になってしまいます。

また、紫外線などの影響で頭皮が乾燥すればフケが増えます。これが毛穴に詰まっても炎症を起こし、粃糠性脱毛症の原因となります。頭髪にとって頭皮の状態は、極めて重要なものなのです。WAKAの頭皮に対する働きは大きく分けて2つです。

ひとつは、頭皮そのものの状態を良化させるものです。抗酸化作用によって活性酸素を退治すれば、頭皮の老化を防ぐことができます。また、保湿力をアップすれば頭皮の乾燥を防げるだけでなく、皮脂の過剰分泌も防げます。

これによって頭皮の状態を整えられれば、脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症の原因を除去できます。もうひとつは、炎症を抑えたり細菌を退治したりすることです。

皮脂やフケが毛穴に詰まっても、細菌がいなければ炎症にはなりませんし、炎症が起きなければ脱毛症にはつながりません。体調によっては頭皮の状態が悪化してしまうこともありますので、炎症だけは起こさないようにしようというわけです。

WAKAに含まれているのはどのような成分なの?

WAKAに含まれている生薬は冬虫夏草、センブリ、マンネンタケ、カンゾウ、カワラヨモギ、セイヨウハッカ、マンネンロウ、オタネニンジンです。それぞれの効果について説明していきましょう。

冬虫夏草

滋養強壮効果で知られる生薬ですが。DHTの生成に必要となる酵素の働きを抑える効果もあります。これによって脱毛を抑えることができ、他の育毛成分の効果をしっかりとしたものにしてくれます。

センブリ

頭皮の血行を促進させる作用、毛母細胞の分裂を促進させる作用、炎症を抑える作用、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用の4つがあります。このように、ひとつの成分で多くの働きを持っているのが生薬の特徴といっていいでしょう。

マンネンタケ

「霊芝」とも呼ばれており、不老長寿の薬とされていたこともあります。細胞分裂を促す働きがあり、頭皮に塗布すると毛母細胞の分裂が促され、頭髪の成長が早くなってくれます。

カンゾウ

高い消炎作用があり、フケや頭皮の痒みを防いでくれます。上にも書きましたように、頭皮の炎症は脱毛症につながる可能性があります。炎症を抑えることで、頭髪を頭皮にしっかりと定着させるのです。

カワラヨモギ

消炎作用や抗菌作用、保湿作用があります。いずれも頭皮の状態を整えるもので、これによって脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症を防止するのです。

セイヨウハッカ

頭皮の炎症の原因となる菌を退治する抗菌効果と、フケを減らす効果があります。粃糠性脱毛症防止には欠かせない生薬だといっていいでしょう。

マンネンロウ

ローズマリーのエキスのことです。

頭皮の血行促進作用や抗酸化作用、抗菌作用、抗炎症作用などがあり、頭皮の状態を整えるとともに、頭髪の成長を促す効果を持っています。抗酸化作用については、老化によって頭皮が硬くなるのを防ぐことにもつながります。

これによって育毛剤の成分が頭皮に浸透しやすくなり、効果がアップするのです。

オタネニンジン

滋養強壮効果が有名ですが、頭皮に塗布すると保湿力を高める効果があります。

これによって乾燥による粃糠性脱毛症だけではなく、皮脂の過剰分泌による脂漏性脱毛症も防ぐことができるのです。

成分で気になる点は?

WAKAの成分を見ていくと、ひとつ気になる点があります。

それは、DHTの生成抑制はAGA治療において最も重要であるにもかかわらず、DHT生成抑制成分が冬虫夏草しか含まれていないことです。

脱毛を止める力については、必ずしも高くないことが予想されますので、薬剤やサプリメントによって補う必要があるのではないでしょうか。また、品質保持のために無水エタノールが含まれているのも気になるところです。

エタノールは頭皮にとっては刺激物ですので、肌の弱い人はかぶれてしまう可能性があります。かぶれを防ぐためには、何らかの対策を取る必要が出てくるのです。

WAKAの効果的な使い方は?

生薬配合で頭皮に優しいとされているWAKAですが、通常価格は1万1000円と財布には優しくありません。それだけのお金を払う以上は、より効果の高い使い方をしたいものです。

どのように使用すればWAKAの効果が高くなってくれるのでしょうか。

頭皮が湿っている状態で塗布する

前述のようにWAKAにはエタノールが含まれていますので、刺激を抑える必要があります。

そのためには、頭皮がやや湿っている状態で塗布して、エタノールを薄めるようにするのがいいでしょう。

本来ならば育毛剤の濃い成分が浸透できるようにするため、ドライヤーで乾かしてから塗布する方が効果的なのですが、エタノールの刺激を考えるとやむを得ないところです。

ただ、WAKAはそもそも生薬成分がほとんど薄められずに配合されているのがセールスポイントになっていますので、頭皮が湿っている程度ならそれほど影響はないかもしれませんね。

塗布後はドライヤーでしっかりと乾かす

WAKAを塗布した後は成分が浸透するまで5分ほど待ってから、ドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。頭皮が湿ったままだと蒸れてしまい、環境が悪化してしまう可能性があるからです。

夜の風呂あがりの使用がオススメ

頭髪の伸びには成長ホルモンが関係していますが、成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯は午後10時~午前2時とされています。

この時間帯に効果を発揮できるように育毛剤を塗布できれば、より大きな効果が期待できそうです。では、具体的にはどの時間帯に塗布すればいいのでしょうか。それは、夜の風呂あがりです。

時間帯もさることながら、洗髪によって皮脂が適度に洗い流されており、WAKAの成分が浸透しやすくなっているためです。

頭皮マッサージを併用しよう

WAKAには頭皮の血行を良化させる成分が含まれていますが、その効果をより高めるためには頭皮マッサージを併用するのがオススメです。

また、マッサージによって頭皮が柔らかくなり、WAKAの成分が浸透しやすくなるのも併用をオススメする理由です。AGAの影響が出やすい頭頂部は頭皮が硬くなりやすいとされているため、マッサージの効果が期待できるのではないでしょうか。

副作用は大丈夫なの?

育毛剤というと副作用を心配する人が多いのですが、これはフィナステリドに抑鬱症状やED(勃起障害)、ミノキシジルに頭皮のかぶれや湿疹という副作用があることが確認されているためです。

WAKAは生薬100%であるため、基本的に育毛成分による副作用がないとされています。ただ、何度も書きますようにエタノールによるかぶれが起きる可能性はあります。もし頭皮にかゆみを感じたら使用を中止し、医療機関に診てもらうようにするのが一番です。

初期脱毛はあるの?

育毛剤を使用すると、頭髪の発毛サイクルが正常化されますが、このときに一度頭髪が抜けてしまうことがあります。これが初期脱毛を呼ばれるもので、育毛剤を使用した場合には基本的に起きると考えていいでしょう。

WAKAの場合も初期脱毛が起こる可能性について否定はできません。育毛剤を使用したのに頭髪が抜けてしまったと心配する人もいるかもしれませんが、初期脱毛はしばらくすれば収まりますので、あまり気にしないことです。

心配することがストレスの原因となり、育毛剤の効果を落としてしまうためです。ストレスを恒常的に受けている状態では、自律神経のうち交感神経の働きが活発になっています。問題は、交感神経には毛細血管を収縮させて、血流を悪化させる働きがあることです。

これが頭皮に起きれば毛根に十分な栄養分が行き渡らなくなり、頭髪の成長が妨げられるのです。「悩むとハゲる」という迷信は、あながち間違いでもないということになりそうです。

WAKAの口コミはどんな感じ?

WAKAの口コミにはポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあります。ただ、どちらの情報にも製品の特徴が書かれていることが多いというのが面白いものです。

WAKAの場合は生薬100%というのが大きなセールスポイントとなっており「頭皮に優しくて安全性の高い育毛剤を選ぼうと思っていたので、魅力を感じた」(年齢不詳男性)というレビューがよく見られます。

「頭皮の赤みやかぶれといった症状を引き起こすことはなかった」(年齢不詳男性)というレビューもあり、エタノールについても必要以上に心配することはなさそうです。

ただ「生薬特有の臭いがする」(年齢不詳男性)というレビューがあるように、臭いの面では気になることが起きる可能性があるのが、心配なところではないでしょうか。

WAKAの購入方法で最もお得なのは?

WAKAは公式サイトだけで販売されているわけではなく、大手ネットショップで購入することも可能です。ただ、購入可能であるからといってオススメできるかというと、それはまた別の話です。

WAKAの場合は、公式サイトからの購入が一番、お得になっているためです。

楽天・Amazonで購入した場合

楽天・Amazonの画像 ネットショップの利点のひとつは、店頭価格より安値で購入できる可能性があることです。

これはネットショップが実店舗を構える必要がないため、経費を抑えることができるためです。そうした観点から見ると、正直なところWAKAをネットショップで購入することは、全くといっていいほどオススメできません。

なぜなら、楽天やAmazonの方が公式サイトで購入するよりも割高になっているからです。実際、楽天もAmazonも最安値は1万3186円です。

これに対して公式サイトから購入すると単品でも1万1880円、定期コースに申し込むと最初は4400円、2回目以降は8800円と大幅に割り引いてくれるのです。価格面では公式サイトの方が大きなメリットがあります。

また、ネットショップは実際に商品を手に取って確認できませんので、使用期限が迫っている古い製品が送られてくる可能性は否定できません。また、Amazonにおいて偽物を掴まされたという情報もあるのが気になるところではあります。

薬局での購入は可能なのか

育毛剤を通販で購入した場合に気になるのは、家族に購入がバレてしまわないかということです。もし送られてきた製品の商品欄に「育毛剤」などと書いてあったら目も当てられません。

これを防ぐためには薬局の店頭での購入がベストですが、そもそも薬局での購入が可能なのでしょうか。「WAKA 育毛剤 薬局」で検索をかけてみたところ、薬局で取り扱っているという情報はありませんでした。

基本的に通販のみで入手できる製品だと考えていいでしょう。それでは家族に内緒で買うことができないのではないかと心配する人もいるでしょうが、MEJ側もそのあたりは考えています。

箱の方こそMEJの名前が印刷されていますが、商品欄については「育毛剤」と書かれていません。これならば簡単に家族にバレませんので、安心して買えるのではないでしょうか。

2chでの評判はどんな感じ?

2ちゃんねるの画像 巨大掲示板「2ch」は匿名で書き込めるため、辛辣な意見が集まることで知られています。ただ、2chの「ハゲ・ズラ」板で検索をかけてみたところ、WAKAについてのスレッドを発見することはできませんでした。

2chではあまり話題にならない育毛剤なのかもしれません。ただ、2chで話題になるのは、何らかの理由で炎上してしまった時が多いですから、話題がないことは必ずしも悪いことではありません。「便りがないのは良い便り」ぐらいに思っておけばいいでしょう。

併用がオススメできる薬剤・サプリは?

上記のように、WAKAには頭髪の脱毛を抑えるために成分がやや不足しています。WAKAと併用すべき薬剤・サプリは、脱毛を抑制する効果のあるものがいいでしょう。

ベストはフィナステリドですが、上記のように副作用があるため、個人での購入はリスクが大きすぎます。できることなら医師に処方してもらうのがいいでしょう。

それでもフィナステリドの副作用が怖いというのでしたら、フィナステリドに似た働きを持つノコギリヤシエキスが配合された育毛サプリを併用してみてはいかがでしょうか。

こちらはフィナステリドと違い、副作用がないことが分かっていますので、安心して使用できるのではないでしょうか。
WAKAの画像

内容量/ 持ち日数120mL / 30日
有効成分グリチルリチン酸2K(有効成分)、センブリエキス(有効成分)、セイヨウハッカ葉エキス、人参エキス、ローズマリーエキス、冬虫夏草エキス、レイシエキス、カワラヨモギエキス、無水エタノール・1,3-ブチレングリコール、精製水
効果・効能発毛促進、脱毛予防、育毛、薄毛、フケ・かゆみ、病後の脱毛、養毛
単品価格1本11,800円(送料無料)
定期価格初回4,752円(送料無料)
2回目以降9,504円(送料無料)
継続費用
※定期価格試算
180日:52,272円
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!