若はげとは

若はげとは若年期から薄毛が進行してしまうもので、主な原因としてはAGA(男性型脱毛症)が考えられます。

ただ、若年期の場合は症状が急激に進むことが多くないため、単に額が広かったり毛髪が少なかったりするだけなのか、実際に若はげが進行しているのかの判断は難しいところです。

医療機関やセルフチェックで若はげかどうかを判断する基準と、若はげの進行度について説明していきましょう。

若はげかどうかを判断する基準とは

AGAの特徴は、額の生え際が交代していく「M字はげ」か、つむじの周辺が薄くなっていく「O字はげ」のどちらかになるということです。では、どのようにして若はげかどうかを判断しているのでしょうか。

M字はげの場合は、額の端(角額)から頭頂線までの長さが2センチを超えているかどうかが基準になってきます。2センチを超えていれば単に額が広いだけの可能性が高いですし、2センチ以下ならば若はげの可能性が高いです。

O字はげの場合は、つむじ周辺の髪質が細くなっているかがポイントです。AGAはいきなり髪がなくなるのではなく、髪質が徐々に弱々しくなっていくのが特徴です。つむじ周辺の髪質が硬いようならば、AGAの可能性は高くないといえるでしょう。

若はげの進行度はどのように判断するのか

上にも書きましたように、若はげは急激に進行するものではありません。抜け毛が増加して髪質が弱々しくなっていくなど、徐々に進行していくのです。まず、抜け毛の本数が急激に増えます。ハミルトン・ノースウッドの分類ではⅠ型とされる時期です。

この時期に進行を食い止められれば理想的ですが、自分でもAGAと気づかない可能性が高いでしょう。そうしているうちに、髪のボリュームがダウンしてきます。ノースウッドの分類ではⅡ型です。

周りは気づかなくても、実際にはAGAが進行している状態といっていいでしょう。さらにAGAが進行すると、地肌が見え始めます。こうなると周囲もそろそろ薄毛に気が付き始めるでしょう。ノースウッドの分類ではⅢ型に相当します。

さらに進行して、ノースウッドの分類でⅣ型とされる時期になると、もはや誰が見ても若はげという状態になってしまいます。ノースウッドの分類ではⅦ型までありますが、後期になってくるほどAGA治療の効果が期待できなくなってきます。毛根が死滅してしまうからです。

もし若はげ対策を真剣に考えているのでしたら、ノースウッド分類のⅢ型までに治療を始めるのがおすすめです。死滅している毛根が少ないため、医療機関による治療効果が期待できるためです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!