バイタルウェーブスカルプローションを徹底解剖

「ミノキシジルの3倍の効果がある」というキャッチフレーズで一躍有名になった育毛成分「キャピキシル」ですが、そのキャピキシルを含んでいる育毛剤のうち最も安いのが「バイタルウェーブスカルプローション」です。

バイタルウェーブスカルプローションにはキャピキシル以外にどのような成分が含まれているのか、どのような効果があるのか、効果を高める使い方はどのようなものなのか、最も安価に入手できるのはどのような購入方法なのかなどについて、徹底解剖していきましょう。

バイタルウェーブスカルプローションの効果は?

バイタルウェーブスカルプローションの効果は、大きく分けて3つです。頭髪の脱毛を食い止める効果、頭髪の成長を促す効果、頭皮の状態を整える効果です。それぞれの効果について説明していきましょう。

頭髪の脱毛を食い止める効果

男性の薄毛の多くはAGA(男性型脱毛症)が原因となっています。

これは男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きによって毛母細胞の活力が失われ、頭髪の成長が妨げられてしまうことで、脱毛が促進されてしまうのです。

脱毛を食い止めるためにはDHTの働きを抑える必要がありますが、バイタルウェーブスカルプローションにはDHTの生成を抑制する働きがあるのです。DHTの生成量が減少すれば頭髪の成長を妨げる原因はなくなり、脱毛が抑制されるというわけです。

ちなみに、AGA治療において最も最優先とされているのは、DHT生成抑制によって脱毛を抑えることです。なぜなら、脱毛を抑えないままだと、どのような育毛剤を使用しても、頭髪が生える端から抜けるという無意味なことになってしまうからです。
フィナステリドの画像 実際、医療機関ではDHTの生成を抑制する効果のあるフィナステリドの投与が最優先になっています。

頭髪の成長を促す効果

DHTの生成が抑制されても、毛母細胞の活力は簡単には戻ってきません。

何らかの形で毛母細胞を活性化させないと、元のような頭髪は戻ってきません。バイタルウェーブスカルプローションは、2つの方法で毛母細胞を活性化させます。ひとつは、毛母細胞に直接働きかけて活性化する方法です。

AGAが進行すると毛母細胞の活力が次第に失われ、最終的には毛根が死滅して頭髪が生えなくなってしまいます。さすがに死滅した毛根を生き返らせることはできませんが、弱った毛根を元通りにすることは可能です。

バイタルウェーブスカルプローションには、衰えた毛根を元通りにしようとする成分が含まれています。もうひとつは、頭皮の血流を良化させることです。毛母細胞が活性化しても、十分な酸素と栄養分が与えられなければ、思うように頭髪は伸びてくれません。

バイタルウェーブスカルプローションによって頭皮の血流が良くなれば、毛根により多くの酸素と栄養分が届けられ、頭髪がしっかりと伸びてくれるのです。
ミノキシジルの画像 医療機関で処方されているミノキシジルは、頭皮の血管を拡張することで血流を良化させる薬剤ですが、似たような効果を持っていると考えていいでしょう。

頭皮の状態を整える効果

頭皮は頭髪にとっては畑のようなものですから、頭皮の状態が悪化すると頭髪にも悪影響が出てしまいます。皮脂が過剰になると毛穴に詰まって炎症を起こし、脂漏性脱毛症の原因となります。

また、皮脂が不足すると頭皮が乾燥し、フケが増えて毛穴に詰まり、粃糠性脱毛症の原因となるといった具合です。バイタルウェーブスカルプローションには、頭皮の状態を整える成分も含まれています。

例えば保湿力を高めれば乾燥防止のために大量の皮脂を分泌する必要がなくなりますので、皮脂の分泌量を抑えられます。これによって、頭皮の状態を整えられるというわけです。上記の2つの効果の陰に隠れがちですが、縁の下の力持ち的な効果だといっていいでしょう。

バイタルウェーブスカルプローションの成分は?

バイタルウェーブスカルプローションには、最初に説明したキャピキシルをはじめ、いろいろな成分が含まれています。主な成分について説明していきましょう。

キャピキシル

カナダの化粧品会社によって開発された育毛成分で、アセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスからなっています。アセチルテトラペプチド-3には細胞を修復してくれる効果があります。

この働きによって、衰えた毛根を復活させているというわけです。また、アカツメクサ花エキスには5α-リダクターゼという酵素の働きを抑える効果があります。

5α-リダクターゼはDHTの生成に必要になってくる酵素で、この酵素の働きを抑えることでDHTの生成を抑制しているのです。フィナステリドに似た効果といっていいでしょう。

リデンシル

スイスの化粧品原料会社によって開発された新育毛成分で、こちらもミノキシジルを上回る効果があるといわれており、女性用のまつげ美容液にも配合されています。

毛根付近にはバルジ領域という毛母細胞に元になる幹細胞がありますが、リデンシルはここに働きかけることで毛母細胞を増やし、頭髪の成長を促進させているのです。また、頭髪の炎症を抑える効果や、頭皮の老化を抑える効果もあるとしています。

成長因子

成長因子とはタンパク質の一種で、特定の細胞に働きかけて分裂を促す働きを持っています。最近、医療機関で行われている最新のAGA治療法「HARG療法」は、この成長因子を頭皮に注入し、頭髪の成長を促すものです。

バイタルウェーブスカルプローションに含まれている成長因子は、EGF(上皮成長因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)、IGF(インシュリン様成長因子)の3種類です。いずれも頭髪の成長を促す効果を持っています。

また、ガゴメフコイダン、馬プラセンタ、リンゴ幹細胞にも成長因子が含まれています。

それ以外の主な成分

頭皮の血流を良化させる成分としては、センブリエキスやオタネニンジン根エキス、セイヨウハッカ葉エキスなどが含まれています。

これらの効果によって、毛根に酸素と栄養分を届けるのです。また、グリチルリチン酸ジカリウム、モンモリロナイト、オトギリソウエキス、マグワ根皮エキス、乳酸ナトリウムには保湿力アップの効果があり、頭皮の皮脂分泌量を調整してくれます。

モウソウチクたけのこ皮エキスや馬プラセンタには、頭髪の原料となるアミノ酸が含まれています。
バイタルウェーブスカルプローションは、こうした多様な成分の相乗効果によって薄毛対策を行っているというわけです。

成分表で気になる点は?

そんなバイタルウェーブスカルプローションですが、成分表を見ていくと気になる点があります。それは、エタノールが含まれていることです。

エタノールは育毛成分ではなく、品質保持のために配合されているものですが、頭皮に刺激を与えて赤みやかぶれの原因になってしまうことがあります。また、揮発性があるため、頭皮の乾燥を招く原因となってしまう可能性もあります。

バイタルウェーブスカルプローションを使用する際には、エタノールが含まれていることに留意し、いかにして刺激を抑えるようにしていくかを考えることが重要になってきます。

効果的な使い方は?

バイタルウェーブスカルプローションはキャピキシルが配合されている育毛剤の中ではリーズナブルな方ですが、それでも決して安いとは言えない価格です。

購入するからには少しでも効果を高めたいと考えてしまうのが人情というものですが、どのように使えば効果を高められるのでしょうか。

頭皮が湿った状態で塗布する

上にも書きましたが、バイタルウェーブスカルプローションにはエタノールが含まれています。少しでも刺激を抑えるために、頭皮が湿った状態で塗布する方がいいでしょう。

これは水分によってエタノールが薄められ、刺激が弱まるからです。
育毛成分を濃い状態で浸透させるためには、頭皮を乾かしてから塗布する方がいいのですが、エタノールの刺激を考えればやむを得ないでしょう。

塗布後は頭皮を乾かす

バイタルウェーブスカルプローションを塗布したあとは、ドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。頭皮が湿ったままだと蒸れてしまい、状態が悪化してしまうためです。

また、水分が残ったまま放置しておくと細菌が繁殖し、分泌物によって頭髪がベタついてしまうのも問題です。

夜の入浴後がオススメ

頭髪の伸びが最も盛んになるのは、成長ホルモンの分泌が多い午後10時~午前2時です。

この時間帯に効果を発揮するようにバイタルウェーブスカルプローションを塗布すれば、頭髪の伸びがより大きくなるのです。
具体的には、夜の入浴後がベストです。

時間帯もさることながら、洗髪によって皮脂が適度に洗い流されているため、頭皮に育毛成分が浸透しやすくなっているためです。

頭皮マッサージを併用する

バイタルウェーブスカルプローションには頭皮の血行を促進させる成分が含まれていますが、頭皮マッサージを併用することでさらなる血行良化が望めます。この相乗効果によって、頭髪の成長が一層促されるというわけです。

また、マッサージによって頭皮が柔らかくなることもメリットです。頭皮に育毛成分が浸透しやすくなるためです。特に、AGAによる脱毛が顕著な頭頂部は頭皮が硬くなりやすいため、マッサージの効果が期待できるのではないでしょうか。

副作用は大丈夫?

育毛剤使用時に副作用が心配だという人が多いのは、フィナステリドに抑鬱症状やED(勃起障害)、ミノキシジルに頭皮のかぶれや湿疹といった副作用が認められていることが背景にあります。

バイタルウェーブスカルプローションの主成分であるキャピキシルとリデンシルは、こうした事例を踏まえて副作用がないように作られています。また、それ以外の成分も基本的に自然由来のものですから、副作用については心配しなくてもよさそうです。

ただ、繰り返しますがエタノールが含まれていますので、悪影響が出る可能性はあります。頭皮がかぶれてしまった場合には使用を中止し、医療機関に診てもらいましょう。

初期脱毛はあるの?

育毛剤が効果を発揮し始めると、頭髪の成長サイクルが正常な状態に整えられます。このときに、一度頭髪が抜けてしまうことがあり、これを初期脱毛といいます。

かつてはミノキシジル系の育毛剤に特有のものだとされていましたが、現在ではどのような育毛剤にでも起こりうるとされています。バイタルウェーブスカルプローションに含まれているキャピキシルや成長因子は、頭髪の成長サイクルを正常化させる働きを持っています。

つまり、これらが効果を発揮する過程で初期脱毛が起きてしまう可能性については否定できないというのが実際のところです。

育毛剤を使用したのに頭髪が抜けてしまったのですから不安に思えるかもしれませんが、初期脱毛はしばらくすれば収まりますので、あまり心配しないことです。

心配することでストレスが生じ、頭皮の血流が悪化し、バイタルウェーブスカルプローションの効果が落ちてしまうためです。

バイタルウェーブスカルプローションの口コミは?

バイタルウェーブスカルプローションの口コミにはポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあります。ただ、どちらの口コミからも製品の特徴を読み取ることは可能です。

主な口コミを紹介していきましょう。

「透明でサラサラ」(30代女性)、「ベタつきは全くありません」(30代女性)など、使用感については好意的なレビューが多いようです。

上記のレビューもそうですが、意外と女性の使用者が多いのもバイタルウェーブスカルプローションの特徴といっていいでしょう。特筆すべきなのは、副作用について書かれているレビューが見当たらないことです。

こうした製品の場合、問題があればレビューに書かれていることが多いのですが、バイタルウェーブスカルプローションのレビューには見当たりません。エタノールの影響も、思ったほどではないのかもしれません。

最もお得な購入方法は?

バイタルウェーブスカルプローションは公式サイトだけではなく、楽天やアマゾンでも取り扱っています。ネットショップは実店舗を構える必要が無いため経費がかからず、同じ製品が店頭よりも安く販売されていることが多いです。

ただ、バイタルウェーブスカルプローションについては当てはまりません。なぜなら、公式サイトで定期コースを申し込むのが最も安いからです。

楽天・Amazonでの購入のメリットは?

楽天・Amazonの画像 バイタルウェーブスカルプローションの最安値は、楽天が8200円、アマゾンは1万1880円です。

公式サイトで購入した場合、定期コースだと初回が楽天と同じ8200円で、アマゾンで購入するよりも安価です。しかも、定期コースは3~6回目が8080円、7回目以降が7980円と割引幅が大きくなっていくのです。

コスト面では楽天やアマゾンを利用するメリットは皆無です。

バイタルウェーブスカルプローションの場合、楽天とアマゾンで取り扱っているのは正規販売店であるセラピュアなので、品質面では不安が少ないですが、コスト面では公式サイトと同じになってしまうのもやむを得ないでしょう。

別の業者が取り扱った場合、古い製品が送りつけられてきたり、偽物が送られてきたりしたケースも報告されていますので、それに比べればマシといったところでしょう。

薬局での購入は可能なの?

育毛剤を通販で購入するときの心配は、家族に購入がバレてしまわないかということです。包装に製品名が書いてあったり、内容物の欄に「育毛剤」と書かれていたりしたら、目も当てられません。

こうしたことを避けるために、育毛剤は薬局で購入するという人も多いでしょう。ただ、バイタルウェーブスカルプローションの場合、薬局で取り扱っているのでしょうか。

「バイタルウェーブスカルプローション 店頭」で検索をかけたところ、店頭販売は行っていないと書かれているサイトがいくつかヒットします。バイタルウェーブスカルプローションは、通販限定商品だとっ考えていいでしょう。

それでは購入がバレてしまわないかと思う人もいるでしょうが、セラピュア側もそのあたりはちゃんと配慮しています。包装は無地の段ボールですし、内容物の欄に育毛剤と書かれているようなこともありません。これならば安心して購入できるでしょう。

ただ、これはあくまでも公式サイトから購入した場合のものです。他のネットショップから購入した場合はこの限りではありませんので、注意してください。

2chでの評判はどんな感じ?

2ちゃんねるの画像 ネットの巨大掲示板「2ch」は匿名で書き込めるため、辛辣な意見が寄せられることで知られています。

ただ、2chの「ハゲ・ズラ」板で検索をかけてみたところ、バイタルウェーブスカルプローションについてのスレッドはありませんでした。キャピキシルスレッドでも、バイタルウェーブスカルプローションについてはほとんど触れられていません。

2chではあまり話題になっていないようです。ただ、2chで話題になるときは、大抵の場合不祥事など碌でもないことで炎上している場合です。2chで話題になっていないのは「無沙汰は無事の便り」ぐらいに思っておけばいいでしょう。

どのような薬剤・サプリとの併用がオススメ?

育毛剤の併用は基本的に推奨されていませんが、例外があります。それは、DHTの生成を抑える効果のある内服薬やサプリメントです。

実際、医療機関における治療では、内服薬であるフィナステリドと外用薬であるミノキシジルが併用されています。

バイタルウェーブスカルプローションの場合も、フィナステリドの併用はオススメですが、上記のように副作用があるため、個人での購入はリスクが高すぎます。医療機関で処方してもらう方がいいでしょう。

もし副作用が怖いというのでしたら、ノコギリヤシエキスが配合されている育毛サプリがいいでしょう。効果はフィナステリドに劣るものの、こちらは臨床試験で副作用がないことが確認されているため、安心して使用できるというメリットがあります。

内容量/ 持ち日数60mL / 30日
成分水、エタノール、BG、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、プラセンタエキス(ウマ)、リンゴ果実培養細胞エキス、褐藻エキス、ローヤルゼリーエキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、マグワ根皮エキス、加水分解シルク、モウソウチクたけのこ皮エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ダイズ油、酸化亜鉛、グリチルリチン酸2K、1.2-ヘキサンジオール、チャ葉エキス、ベントナイト、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリセリン、乳酸Na、デキストラン、ピロ亜硫酸Na、グリシン、レシチン、リン酸Na、キサンタンガム塩化亜鉛、フェノキシエタノール
効果・効能脱毛の予防、薄毛、発毛促進、育毛、養毛、ふけ、かゆみ、
単品価格11,880円(送料無料)
【3本セット】: 29,800円(送料無料)
定期価格【1~2回】: 8,200円(送料無料)
【3回目以降】: 8,080円(送料無料)
【7回目以降】: 7,980円(送料無料)
継続費用
※定期価格試算
180日:48,720円
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!