医療としての薄毛の「治療」。薄毛対策はついにここまできた!

薄毛の治療方法はあるのか?

医学的な面から薄毛の治療というものも最近では珍しくありません。薄毛専門のクリニックなども増えてきており、薄毛を病気の一種としてとらえ、医学的な視点の「治療」を行うクリニックも増えています。

この中でも「男性専用薄毛クリニック」は、AGA治療などを提唱し、薄毛に対する細胞などからの治療になります。

薄毛の治療はここまで来た!

自毛の植毛、というと大手メーカーのCMのようなイメージを持つ人もいるでしょう。

ですがこの、植毛は「細胞を移植」することです。薄毛の部分は頭皮が皮膚化している部分でもあり、この部分を再度頭皮に戻すためのものです。

襟足などの薄毛ではない部分を皮膚ごと薄毛の部分に移植していく手術であり、コースは日帰りから1週間前後までのものになります。この移植は一度の来院で済むこともあり、まとまって休みなどを取れそうな場合には非常に有効です。

国内での金額は70~120万円前後のものが多いです。これはAGAで数年かけて使う金額よりも安く、かつ自分の細胞なのでアレルギー反応もありません。傷跡は少し残りますが坊主にでもしない限り見えないものであり、最近はこちらの移植も人気になっています。

国内だけではなくニューヨークやバンコクなどでの移植希望者も多く、移植コーディネーターもあるほどです。ですが、国内での移植であれば言語が通じることや細かな要望も出しやすく、万が一何かあった際にもすぐに多雨王してもらえるというメリット面があります。

このことからも国内での移植が増えているのも実情です。一度移植したところはほぼ定着します。さらに増やしたい場合は追加で吹かすこともできますが、移植は3~5回までが限度とも言われています。ほとんどの人は一回の移植で満足することの方が多いです。

女性の薄毛治療は?

女性の薄毛治療は移植よりもサプリメントと育毛剤のほうが人気が高いです。これは傷が残ることに対する懸念もあります。

また、女性ホルモンのコントロールや生活習慣の改善などでの効果も出やすく、男性よりも治療は時間が少なくて済むというのもあります。男性の薄毛は女性の薄毛とは違っており、そのためにクリニックや移植なども台頭してきています。

女性用の育毛剤では男性は満足できないというのも原因が違うことが多いからともいえます。このことからも、男性は男性専用のクリニックや対処法を選ぶのが薄毛治療の最短コースと言えます。

女性にも急増?!女性の薄毛事情

2016.07.26

女性の薄毛治療薬は男性とどう違うの?

2016.07.26
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!