薄毛治療薬の副作用はどういうものなの?

薄毛の主な原因はAGA(男性型脱毛症)ですが、現在はAGAの治療薬としてフィナステリドとミノキシジルが医療機関で処方されています。治療コストを抑えるならば、個人で輸入することも可能です。

ただ、これらの治療薬はいずれもAGA治療のために開発されたものではありませんので、いずれも副作用があるのです。

フィナステリドの効能と副作用

フィナステリドの画像 まずフィナステリドですが、この薬の効果はAGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制するものです。

DHTには頭部の脱毛を促進させてしまう働きがあるため、男性ホルモンからDHTを生成するために必要となる酵素の働きを抑え、DHTを作らせなくするのです。

フィナステリドはもともと、DHTが原因で引き起こされる疾患である前立腺肥大症の治療薬として開発されました。DHT生成を抑えることでAGAによる抜け毛を抑制できることが分かったため、AGA治療薬としても使われるようになったのです。

問題は、DHTには体毛を濃くしたり、体を筋肉質にしたりするなど、男性らしい体つきを作る働きがあることです。

DHTの生成を抑えることで、精神面での張りが失われて抑鬱症状を発症したり、ED(勃起障害)を引き起こしてしまったりすることが確認されているのです。特に若年層にとっては、EDは薄毛以上に深刻な悩みになってしまいかねません。

ミノキシジルの効能と副作用

ミノキシジルの画像 これに対してミノキシジルは、高血圧患者の血圧を下げるための血管拡張剤として開発されたものです。

もともとは飲み薬なのですが、このミノキシジルの溶液を頭皮に塗布したところ、頭皮の毛細血管が拡張され、毛根に十分な栄養分が行き渡り、丈夫な毛髪が生えてくることが分かったのです。

これによって、ミノキシジルはAGAの治療薬としても使用されるようになったのです。問題は、頭皮の血行良化が、皮脂の分泌増加を招いてしまうことです。

頭皮はそうでなくても皮脂の分泌が多い部位のため、あっという間に皮脂の分泌過剰になり、頭皮のかぶれや湿疹の原因になります。ミノキシジルは上にも書きましたように飲み薬なのですが、医療機関ではAGA治療には外用薬としてしか処方しません。

ただ、個人輸入すれば飲み薬のミノキシジルは入手可能で、効果もそちらの方が高いとされています。ただ、副作用もきつく、血圧異常によって命にかかわる状態になってしまったケースも報告されているほどです。

AGAの治療薬には、以上のような副作用が認められています。個人輸入は費用面でのメリットはあるものの、こうした副作用を考えると、必ずしもオススメできるものではありません。医療機関で処方してもらうのが、一番安心できるのではないでしょうか。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!