薄毛のメカニズムとその対策

薄毛に悩んでいる方の大半は気が付い時には薄毛になっていた、という方が多いのではないでしょうか?薄毛は、ある日突然急激に進むのではなく、徐々に進行していきます。これは何故なのでしょうか?実は、これには髪の生え変わるヘアサイクルが深く関わっています。

この記事では、そんな薄毛を引き起こすメカニズムについて解説していきます。薄毛を改善や予防するには、薄毛のメカニズムを知ることが大切です。この記事を読めば、そんな薄毛のメカニズムをすっかり理解できるでしょう。

薄毛を知るならまずはここから!ヘアサイクルを知ろう!

髪の毛は「成長期」「退行期」「休止期」の3種類の周期を繰り返しています。これをヘアサイクルと言います。

それぞれを解説します。

成長期

毛根細胞が盛んに分裂し髪の毛が成長する時期で有り、徐々に髪の毛が太く長くなっていきます。通常2〜6年成長期が続き、この成長期が過ぎると退行期に移行していきます。

退行期

毛根細胞の活動が停滞し、それに伴い髪の毛の活動も停滞してくる時期です。成長期の後に大体2週間退行期を過ごします。そして、退行期から徐々に休止期に移行します。

休止期

毛根細胞の活動が止まり、髪の毛が抜ける時期です。退行期の後に約3〜4ヶ月休止期が続きます。休止期を過ぎると成長期に戻り、毛根細胞の活動が活発化し、また新しい髪の毛が生えてきます。

髪の毛は、この成長期→退行期→休止期のヘアサイクルを繰り返し抜けたり生えたりしています。

割合としては、髪の毛全体の約9割が成長期、残りの約1割が退行期、休止期だと考えられており、人間は平均すると1日に約100本の髪の毛が抜けているそうです。

薄毛になるのは成長期に原因が有る!

薄毛になるのは、ヘアサイクルの成長期が、何らかの理由によって短くなることが原因です。

薄毛の原因には、血行不良、栄養不足、男性ホルモンなどの様々な要因が有りますが、これらの作用によってヘアサイクルの成長期が短くなり、それにより髪の毛が育たなくなり、髪が細く、そして、抜け易くなります。これが薄毛になるメカニズムです。

眼精疲労が薄毛を引き起こす!?VDT症候群とは?

スマホやパソコンによって引き起こされる眼精疲労による、目の疲れ、視力の低下、ドライアイなどの一連の症状を合わせて「VDT症候群」と言います。

一見薄毛とまったく関係が無いように思えるVDT症候群が、実は薄毛の原因になることが最近の研究で分かりました。

VDT症候群になると、目の周りの筋肉が緊張し、それにより血行不良が起こり、なんとその血行不良によって頭皮にも血行不良が波及し、生え際の薄毛が引き起こされるのです。

薄毛は早めに手を打てば、改善も予防もできます

ヘアサイクルは、髪の毛それぞれで時期が変わるので、1度にどっと抜けるということは有りません。そのため、進行を早めに察知すれば他の髪の毛を守ることができるのです。また、近年では新しい研究によって従来考えられていた要因以外の薄毛の原因も判明してきました。

時には、ネットで薄毛のニュースを見て、自分に該当しないかチェックすることも薄毛を予防するのに重要だと思います。

対策1.シャンプーと頭皮のケア

男性の多くは30代後半から40代の頃から薄毛の傾向が顕著になります。
加齢にともなって薄毛になるのはある程度やむを得ないことではありますが、進行を最小限にくいとめることは可能です。

髪の生産と薄毛のメカニズムを考慮すれば、頭部を清潔に保つことが大事です。
そのためにはシャンプーが不可欠であり、適切な方法で実践することが何よりの対策といえます。

シャンプーにもいろいろな種類がありますが、汚れや皮脂をしっかりと洗い落とすことが重要です。
その際、爪をかきたてたりして頭皮を傷つけないように注意しなければなりません。

1日に何度もシャンプーしたり長時間かけたりすると、かえって頭皮への負担や抜け毛が多くなってしまうので、毎日欠かさず丁寧に実施するのがよいでしょう。

また、育毛剤に関しては自身の体質、髪質などにあった製品を選択できることが前提となりますが、1日2回程度の塗布を推奨しているものが多いです。

塗布のタイミングは頭皮と毛根の汚れが少ないシャンプーの直後がよいので、夜の入浴時と、朝の洗面の時間帯がよいでしょう。

対策2.食事

薄毛の進行を少しでも遅らせるためには、しっかりと頭部に栄養分を行き渡らせる必要があります。
髪の主成分はタンパク質なので、良質のタンパク質を毎日の食事の中で適切に摂取することをこころがけるべきでしょう。

タンパク質以外には亜鉛やビタミン類なども髪の毛にとっては重要な栄養であるので、海藻や野菜などを多く含むバランスのよい食事が理想です。一方、大量の酒やたばこは薄毛の進行を促す要因となるので、極力控える必要があります。

対策3.生活習慣の改善

薄毛を防止するためには頭皮を清潔にして、栄養分をしっかり摂取することが大事であると述べてきましたが、その効果を発揮させるためには生活習慣にも万全を期する必要があります。

たばこや酒の飲み過ぎがよくないのはもちろんですが、不規則な生活や睡眠不足が続いてしまうと栄養分の吸収が阻害されてしまいます。

不摂生は男性ホルモンのバランスの欠落にもつながり、パソコンやスマホの長時間使用による目の酷使、いわゆるVDT症候群や、精神的なストレスが多い生活なども栄養の吸収を阻害する要因であり、結果的に薄毛の進行につながります。

健康で規則的な日常生活を継続することが何よりの薄毛対策です。 

まとめ

薄毛のメカニズムと対策について紹介しましたがいかがでしたか。育毛シャンプーや育毛剤などは自身の髪質や体質にあわせて良い商品を選べるとよいですが、髪の生産メカニズムを健康に保つためには、生活習慣が大事です。

生活習慣を見直すことは薄毛対策だけでなく、体全体の健康の維持にもつながることです。すぐにできることですので是非始めてみてはいかがでしょうか。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!