薄毛と遺伝子は関係があるのか?

薄毛は遺伝と関係はあるのか?

親が薄毛だと薄毛になる可能性が大きい。そんな話をよく聞くことがあります。薄毛と遺伝子の関係は全くないとは言えないものですが、この場合見るべきなのは母親になります。髪質は母系遺伝であり、遺伝子上では子供は「母親と祖母(父の母親)」の髪質の遺伝子になります。

ここで見つからない場合は双方の母親、つまり女性だけを抜き出していくことで髪質のパターンは絞られてきます。父親が薄毛の場合は父方の母親系をたどっていくことになります。男性の薄毛の場合はそこにさらにホルモンバランスなどが関連してきます。

遺伝は全く関係ないとは言えませんが、問題になるのはホルモンの方と考えていいでしょう。男性ホルモンは毛髪に対して過剰な量を分泌することで悪影響を与えやすくなります。毛髪だけではなく発毛に対して大きな効果を出すのは「女性ホルモン」です。

ですが、女性ホルモンが男性だから生成できない問うことはありません。男性ホルモン、女性ホルモンという表現は区分のためのものと考えて問題ありません。

遺伝の薄毛に対する対策は?

遺伝に対するものは遺伝子になってしまいます。ここで有効になってくるのは「体質改善」であり、遺伝子そのものへの対策ではないかもしれません。遺伝子を変えることはできなくとも、体質を変えることは遺伝子で作られたものへの対策と言えます。

代表的なものは食事療法であり豆類などを多めに摂取していく方法になります。豆類は皮膚の改善に大きな効果が期待できるものになります。

さらに効率を上げるにはお味噌汁や納豆などに七味などのカプサイシンを少しだけ振りかけることで豆の栄養素であるイソフラボンの吸収率を上げてくれます。イソフラボンは吸収しにくい栄養素の一つです。

納豆やお味噌汁のように食事で簡単に取れる場合は七味などを少しだけ振りかけておくことで効率を上げやすくなります。

トウガラシより効果的!ラズベリーケトンの育毛効果とは?

2017.01.03

納豆は髪に良い?

2016.11.15
また、海藻類なども必要ですが一般的に思い浮かべやすいわかめはもちろんですが、ミネラルや成分的なものを効率よくとるとすれば「焼き海苔」なども該当します。

わかめは育毛の助けになる?

2016.11.18
海苔などは海藻を凝縮してあるのでわかめなどのように大量に摂取することが難しい海藻よりも簡単に摂取できます。日常の食事に関連するものを少し見直すだけでも体質は大きく変わります。理想の食事の見本としては旅館などの朝食がそれに当たり、低カロリー。高タンパク。

豊富な栄養素。豆類の多さ、などを見ることができます。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!