薄毛に効く薬とは?

薄毛の治療の中でも効果が高いのが薬による治療です。しかし薬の治療にはいくつかデメリットもあるので注意が必要です。今回は薄毛の薬のなかでも有名なものについてまとめていきます。

ミノキシジルの効果はどうなのか?

ミノキシジルの画像 ミノキシジルは薄毛治療に良く用いられる代表的なものです。もとは血管拡張剤として開発されのちに薄毛に効果があると分かりました。血管拡張剤ですから、血の巡りを良くします。その効果で髪の毛に栄養が行き届きやすくなり、髪がよみがえるというわけです。

高血圧の患者さんも使用しています。1年継続して使用をすれば9割以上に薄毛の改善が見られるというデータもあるので効果はかなり高いものです。しかし効果は人それぞれです。まったく効果のない人もいるので注意してください。

ミノキシジルはタブレットタイプの飲み薬と別に塗り薬もあります。飲み薬ほど十分吸収されないので効果は薄いですが、費用や副作用などを考えると試しやすいというメリットはあります。ちなみのミノキシジルタブレットの副作用は体毛が濃くなるということです。

ミノキシジルタブレットの効果と副作用とは

2016.07.21
それは薬の成分が身体全体に行き届いてしまうからです。他には高血圧患者に使用される薬であることもあり、低血圧になりやすくなります。もともと低血圧の人は使用が出来ません。ミノキシジルの効果が出始めるのはだいたい半年くらいたってからです。

それまではあまり効果が見られません。そのためにすぐにやめてしまうひとも多いですが、効果がでるまでしばらく使用を続けることが大切です。

効果がはっきりと出なくても、抜け毛が減ったり、髪の毛にコシが生まれたり、産毛が生えてくればしっかり効いているということです。もう少し頑張ってみましょう。費用が高いので続けるのが難しいひとはミノキシジルなどジェネリックの製品も発売されています。

そちらを試してみても良いかもしれません。

プロペシアの効果はどうなのか?

プロペシアの画像 ミノキシジルと並んで有名なのがプロペシアです。プロペシアはもともと前立肥大の治療薬として開発されたものです。しかしのちにミノキシジルと同じように薄毛治療に使えることが分かり、今に至っています。

どうして薄毛に効果を示すのかというと、有効成分であるフィナステリドが大きなポイントです。フィナステリドはDHT(ジヒドロテストステロン)という前立腺肥大に関係のある成分を抑える効果があります。そしてそのDHTは薄毛の原因であるとされているホルモンです。

つまり薄毛と前立腺肥大の原因となるホルモンが同じであることからプロペシアはどちらにも有効であるというわけです。そのために薄毛のために服用すれば、性欲減退や勃起機能障害など性機能への影響も起きることがあります。

プロペシアはあくまで髪の毛をふさふさにしたい人に向けた薬ではなく、現状維持のための薬です。もしも根本的に髪のトラブルを解決したい場合には、他の治療を受けなければなりません。

薄毛治療薬・プロペシアにはジェネリックがある

2016.07.25
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!