つむじハゲと円形脱毛症の関係と対策

よく聞くAGAとつむじハゲと円形脱毛症、それぞれどのような違いがあるのか分からない人も多いでしょう。発生の仕方などよく似ているので今回はどのように見分けるのかをまとめます。

円形脱毛症とつむじハゲの関係とは?

まずつむじハゲとは、つむじにできるAGAのことです。男性ホルモンや遺伝、生活習慣など原因が多種です。40代で急増することもわかっており、加齢と深く関わりがあるのも特徴です。一方で円形脱毛症は、年齢に関係なく、若い男性にも多いです。

赤ちゃんでもなることがあるといわれているほどです。原因は、ストレスで、ストレスが重ければ重いほど症状もひどくなります。ストレスをなくせばすぐに回復するのですが、逆にストレスを溜めたままであれば、なかなかなおらないものです。

ちなみに、ストレスはつむじハゲも引き起こします。円形脱毛症の場合、症状でいくつか種類に分けられ、呼び方もかわります。

まず1つや2つ脱毛箇所があれば単発型、数ヵ所の場合、多発型、すべてが抜けていくもの和や全頭型、眉毛や髭なども抜けていくのを汎発型といいます。

ほかにも進行速度で見分けることも可能で、つむじハゲがゆっくり進行するのに対して円形脱毛症は、かなりはやいスピードで進行します。一晩で十円ハゲが出来てしまったといったこともめずらしくありません。
10en
やっかいなものであるため円形脱毛症を治すには病院にいくしかないともいわれています。一方でつむじハゲは、育毛剤などでも改善されるようです。このように似た特性をもっていても、両者はまったく別物です。

つむじハゲは基本的に軽度で、円形脱毛症は重度ととらえて間違いありません。ちなみにつむじハゲが進行すると円形脱毛症になるともいわれていますから、別物ではあるものの関係の深いことは覚えておきましょう。

ストレスや生活習慣の改善で早めの対策を!

つむじハゲが進行し円形脱毛症になることも多いので、つむじハゲであることを早めに知っておくというのが大切かもしれません。なかなかつむじは、自分で鏡などでチェックする場所ではありませんが、日頃から写真をとるなどして、つむじ付近の髪の毛の状態はみるようにしたいです。

次に、触って異変に気づくこともあります。髪の毛のつむじ部分だけ特別べたべたしていたり、髪が短いなどのときは、脱毛が起きている可能性がたかいです。髪の毛の変化にも気づけるようになりたいですね。

円形脱毛症、つむじハゲそれぞれ違った特徴があり別物です。しかしひとつ共通していることのいえばストレスです。ストレスがどれだけ髪の毛に悪い影響を与えるかわかるかと思います。

なかなかぐっすり寝れないというひとも、普段人間関係で悩みの多い人も一度ストレスを取り除く方法を考えてみましょう。そうすることでつむじの薄毛や抜け毛に悩まされることも一気に減るでしょう。

つむじハゲの対策と改善法

つむじハゲは気づいたときには大きくなっており、普段自分でみない場所だけにやっかいなもののように思えますが、他の場所にできるAGAよりは比較的対処しやすいとされています。ただし気付いていながら放置すればどんどん治りにくくなるので気を付けましょう。

つむじハゲになった場合の対策法についてまとめます。

つむじハゲに気づいたらまず行いたい対策は?

まずストレスが薄毛と大きく関わっているとされています。ストレスをすこしでも軽減させるようにしたいものです。ストレスがたまれば血行不良になりその分、栄養が髪の毛に行き届きません。

血行を改善するには湯船にゆっくり浸かるようにしたり、ストレッチなどでリフレッシュをすることがよいでしょう。おなじ血行不良を招くとして改善したいのが睡眠不足です。ほかにも皮脂の過剰分泌や成長ホルモンの分泌が十分行われないなどのトラブルをまねきます。

できるだけはやい時間に寝るようにしましょう。つぎに食事も改善のポイントとなります。食事の栄養が髪の毛を作っているからです。とくにミネラルは大切です。食事で補いきれない分はサプリメントを上手に利用しても良いです。さらに忘れがちなのが紫外線対策です。

紫外線を浴びることで髪の毛を作る妨げになります。ぼうしを被るなどで対策をしましょう。
ほか髪の毛に直接効果のある対策としては、シャンプーを変えてみるというのがあります。薄毛になる場合、案外シャンプーがあっていなかったということがあります。

例えば頭皮が乾燥している、もしくは皮脂が過剰に分泌されている、フケやかゆみがある場合に種類を変えてみてください。もしかしたら頭皮のトラブルが改善されるかもしれません。またシャンプーを一日何回も行っているひとは、一日一回にしてみてください。

つぎに髪型です。分け目などは男性はなかなか変えられないでしょう。ですからカラーやパーマをできるだけせず、髪の毛に負担を与えないようにしてください。最後に育毛剤です。セルフケアのなかでは一番効果が感じられるかもしれません。

クリニックなどの治療

もしもより早く確実につむじハゲを改善したい場合、クリニックに行き治療を受けることもできます。治療法は、髪の毛の状態で異なりますが、自分の髪にあった方法を選ぶというのがとても大切です。

例えば発毛に有効な成分を頭皮に浸透させる育毛メソセラピーやハーグ治療、投薬治療などもあります。費用なども異なるのでよく話を聞いたうえで行いましょう。ちなみに皮膚科よりは専門のクリニックのほうが根本治療が目指せます。

育毛メソセラピーとは?効果や副作用は?

2016.12.06