つむじハゲを改善する薬は?

薄毛治療には様々な方法がありますが、クリニックなどで治療をうけるとすれば揚げられるのが投薬治療です。今回はそのなかでも有名なものをまとめます。

フィンペシア

フィンペシアの画像 フィンペシアは、AGAの治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品です。

プロペシアと同じ成分であるにもかかわらず、プロペシアが一ヶ月に一万円ほどかかるところをフィンペシアでは千円ほどですむというのが大きなメリットです。

気になる効果はフィンペシアを一年使用すれば半数以上が、三年で8割近くが効果を実感し、抑制効果に関してはもっと高い割合となっています。薬の場合副作用が気になるでしょうが、ほとんどないといいます。ただし稀に勃起不全がおきることもあるようです。

それは男性ホルモンを抑制することで起きるのではといわれていますが、くわしくは分かっていません。そのため、もともと男性不妊のかたは、妊活中などの場合注意が必要でしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルの画像 ミノキシジルは、もともと高血圧の患者に用いられていた薬で使用した人の間に多毛症がみられたことで、現在の薄毛の治療にも使用されています。効果は毛母の細胞分裂活発化などです。

外用薬とミノキシジルタブレット通称ミノタブという内服薬にわかれ、より効果を感じたい人は内服薬を使用することが多いです。ただし内服薬の場合、薬が全身にはこばれてしまうので、副作用などが起きやすくなります。

どのような副作用があるかというと、まず全身の毛が濃くなることがあります。次に低血圧です。これはもともと高血圧に効果のある薬であったことから推測できるかもしれません。そのたむはじめから低血圧のひとは使用できません。

ちなみにミノキシジルは、プロペシアと併用することで、互いの長所や短所を補いあえるため、効果がより出やすいとされています。ちなみに塗り薬を使用するときはその手順をまなびましょう。最初にしっかりシャンプーをして、角質を取り除き乾かします。

このとき濡れたままでは薬が薄まるのでしっかり乾かしてからというのがポイントです。そして薬をぬってから頭皮マッサージを行います。そのあとに二時間ほどゆっくり浸透を待つというのも大切です。

この間に汗をかいたりしないよう気をつけましょう

ミノキシジルタブレットの効果と副作用とは

2016.07.21

リアップ

リアップの画像 リアップは薬ではありませんが、ミノキシジルが配合された育毛剤です。1日2回の使用で、抜け毛の予防や育毛効果などを実感できます。

日本でもっともポピュラーで海外のものが合わないひと、もしくは海外のものは信用できないというひとには、おすすめです。使用法はミノキシジルの外用薬とおなじようにシャンプーの後乾かしてから使用します。

デメリットとしては、日本で認可された医薬品であるために、高額であることです。

ミノキシジル配合育毛剤「リアップ」を徹底解剖!

2016.09.23

病院で治療してもらうことも出来る?

つむじハゲに悩んだときに、いろいろな方法の育毛方法があります。しかしどの方法から始めたらよいか分からないという人も多いかもしれません。

もしくは生活改善など自分で出来ることは一通りやっても効果がないなどで困ってしまった人には病院にいって治療を行うことをおすすめします。今回は病院で行う治療についてまとめます。

治療

薄毛の程度や原因で治療法は異なります。

まず有名なもので育毛メソセラピーというものがあります。この治療は発毛効果のある成分を直接毛根に浸透させるので効果が高いとされています。注射器でこれまでは行わなければならなかったものの、最近ではレーザーや超音波といった痛みのない方法も出てきました。

普通投薬治療では効果がでるまでに2年は最低でもかかり、6年くらいかかってもおかしくないとされていますが、育毛メソセラピーは半年から1年で効果がわかります。そのため保険適用外で費用も高い治療ではありますが、結果的に安くすんだという場合も多いです。

育毛メソセラピーとは?効果や副作用は?

2016.12.06

次にHARG治療です。これは育毛メソセラピーと同じような方法で行う治療で、人間の幹細胞から抽出された髪の成長因子を注入するというものです。発毛率は9割で、かなり効果の高いことで知られています。さらに副作用の報告はいまだありません。

安心して受けられるというのもありがたいポイントです。
そして最後に投薬治療です。投薬治療は育毛メソセラピーやHARG治療と並行し行われることが多いです。特にプロペシアという薬は有名で、男性ホルモンを抑制するので薄毛に役立ちます。

ただし内服薬ですから、薬の成分が体中に運ばれてしまい副作用がおきることもあります。さらに効果が見られるまでに時間がかかるのもデメリットでしょう。

皮膚科

hihuka
皮膚科でつむじハゲをはじめとする薄毛の治療を受けようとすると薬での治療が主になります。なかなかAGA専門のクリニックに行くのは気が引けるという人にとっては行きやすい場所ではあります。

しかし皮膚科にはAGAに詳しい専門医がまずいません。さらに検査も簡単な問診のみということが多いです。そのため薄毛がかなり進行している人や完治をしたい人には物足りないものとなるでしょう。

しっかり原因から調べて治療を受けた人はやはり専門のクリニックをおすすめします。

薄毛や抜け毛の治療は自由診察

皮膚科でも専門のクリニックで薄毛に関する治療は自由診察です。つまり費用はかなりかかります。

しかしドラッグストアなどで育毛剤をあれこれ試すというのもどうでしょう。自分に合ったものが分からず無駄にお金がかかるうえ、無駄なケアはその分頭皮に負担をかけより薄毛を進行させます。

それよりは専門医に相談して自分に合った方法でできるだけはやく髪の毛を取り戻す方が効率的かもしれません。

まとめ

つむじハゲも重度なものでなければ育毛剤や個人輸入の薬などでも対処改善は可能です。
個人輸入する場合はお医者さんに相談することもできませんし、自己判断になりますので、効果や時間に関しても内容をよく読んだり知識をつけたうえで慎重に行うようにしましょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!