つむじハゲは遺伝するの?

薄毛や抜け毛など髪の毛のトラブルの原因は遺伝が大きな原因であるというのは有名なはなしです。ではつむじハゲも同じように遺伝が関係しているのでしょうか?今回はつむじハゲと遺伝の関係についてまとめていきます。

男性ホルモンやジヒドロテストステロン(DHT )の影響とは?

つむじハゲの原因は、大きく遺伝的要因、環境的要因に分かれます。環境的要因が、ストレスや生活習慣、その他髪の毛のケア方法など様々であるのにたいし、遺伝的要因はDHTまたの名をジヒドロテストステロンの影響が関係しています。

DHT とは男性ホルモンと毛根細胞にある5aリダクターゼの結合により生み出されるものでこれが抜け毛の原因となります。遺伝によって引き継がれるのは5aリダクターゼの量です。これは人によって異なり多ければ多いほどDHTをうみ、抜け毛になりやすくなります。

よく親や祖父につむじハゲの人がいれば、自分もつむじハゲになる可能性が高いとも言われていますが、なかでも母方の祖父の遺伝を受け継ぐことが多いです。というのも、父親から受け継ぐのはXYのうちY染色体で、母親から受け継ぐのはXXのうちX染色体です。

そして薄毛の遺伝と深く関わりがあるのがX染色体です。そのために母方の遺伝で薄毛になりやすいかどうかがわかるのです。

ちなみに、男性のほうが薄毛か多いのは、女性はX染色体を二つ持っているからで、どちらかひとつの染色体が薄毛になりにくい場合に、その人は結果的には薄毛になりにくいといえるからです。

染色体などの問題のほかには、家族は生活習慣などが似ていることも、受け継ぎやすい理由となっています。例えば食生活においておなじようなものを食べたり、タバコやお酒の習慣もにていることがあります。そのため遺伝だからと諦めるのはまだはやいでしょう。

生活習慣などを見直すことで、ぐんと薄毛の発症をおさえられるはずです。

つむじハゲの家系のひとがやっておくべきこと

まず普段からつむじはあまり見えない場所なので気を付けておくことが大切です。鏡でなかなか見えないことも多いので写真などで確認するのもよいでしょう。経過がわかりやすいです。つぎに遺伝的要因のほかに、環境的要因にも注意しましょう。影響を受けやすいです。

とくに生活習慣は改善しやすいので早めに改善しておきたいものです。そして最後に薄くなったかな?と思ったら早めに対処をすることです。薄くなってしまってからは、遅いです。すこしでも違和感を感じたらなにか改善方法を考えましょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!