育毛剤の付けすぎ、使い過ぎは良くない?

育毛剤の付け過ぎはデメリットが多い

育毛剤を抜け毛予防に使う人はまだ少なく、たいていは薄毛が気になってから使い始めることになります。そうやって薄毛が進行しているという焦りがあるため、必要以上の量の育毛剤を付けてしまう人も少なくありません。

しかし生きるのに必要不可欠な塩分でも、取りすぎれば健康を害するように、育毛剤も付け過ぎるとさまざまな問題を引き起こします。過剰に使ってもほとんど意味がありませんから、育毛剤は適量を守って使うのが良いでしょう。

体が吸収する成分には上限がある

たとえば1週間分のご飯を、一度に食べたらどうなるでしょうか。お腹を壊すだけで、十分な栄養など摂取できないでしょう。育毛剤もそれと同じことです。多くの育毛剤は頭皮に塗るタイプですが、頭皮が吸収できる成分量には限界があるのです。

限界を越えた分の育毛剤は、髪の毛の成長には何の役にも立たず、すべて無駄になってしまいます。ですから一度に大量に使わず、決められた分量を毎日使い続けるほうが、育毛には重要だと言えます。

副作用の危険性が高まる

体に良いとされているものでも、過剰摂取すれば悪影響を与えます。育毛剤も同じで、必要以上に付けると副作用が起こる可能性が高くなってしまいます。

実際に、頭皮がかぶれたり痒くなったりしているのは、育毛剤を付けすぎているケースが多いと言われています。

抜け毛が増えている人の頭皮は、ふつうの状態よりもデリケートで刺激に弱くなっています。そんなところに育毛剤を大量に付ければ、問題が起こるのも当然と言えるでしょう。

また育毛剤の中には、効果を高めるために刺激の強い成分を含んでいるものもあります。そういった育毛剤の場合、より過剰摂取による危険性は高くなってしまいます。

多くの育毛剤は「医薬部外品」というカテゴリーに分類されています。こちらは働きが穏やかなため、あやまって使いすぎてもそれほど大変なことにはならないでしょう。

しかし中には「医薬品」とされている育毛剤もあります。これらの育毛剤は、分量を増やすと非常に危険です。男性機能や肝臓などに重大な副作用があらわれてしまうこともありえます。必ず医師や薬剤師の指定した通りの分量を使うようにしましょう。

コストパフォーマンスの問題

育毛剤にはさまざまな有効成分が配合されています。その結果、それなりの値段で販売されています。1回に使う分を増やしてしまうと、それだけ早く育毛剤を使い切ってしまうことになります。

それで効果が高まるならまだ良いのですが、じっさいは効果も変わらず、ただ余分なお金を浪費することになります。

育毛剤は長期間使い続けて、はじめて効果があらわれるものです。それなのに初期に大量に使って「高いわりに効果があらわれない」とやめてしまう人が多いようです。これでは完全にお金の無駄になってしまいますから、育毛剤は計画的に使わないといけません。

逆効果になることも

育毛剤の付け過ぎがプラスに働かないのは前述の通りですが、マイナスになってしまうことも珍しくありません。育毛剤を付けすぎることにより、頭皮の毛穴が塞がれてしまうことがあるのです。毛穴が塞がれれば、雑菌が繁殖したり、ヘアサイクルが乱れたりして、髪の成長を阻害してしまいます。

例外的に効果がある場合も

一度に大量に使うのは無駄ですが、使用回数を増やすことで効果が増す場合はありえます。たとえば1日1回とされている育毛剤を、朝夕の2回使うということです。育毛剤の効果はそう長時間持続するものではないので、こまめな付け直しにより効果が高まる場合も無くはありません。

ただしメーカーの指定外の使用法のため、リスクがあります。そのためあまりお勧めはできません。

副作用の危険性なども考えて、それでも早く効果を感じたいという人なら、試してみる手もあるかもしれません。

もちろん少しでも異常を感じたらすぐに中止しなければいけませんし、使っているのが医薬品ならば絶対にやってはいけません。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!