薄毛対策に効果が期待できる食べ物は?

30代から40代にかけて、個人差はあるものの徐々に髪のボリュームがなくなったり、髪が細くなったりしてきますね。薄毛の原因には幾つかあって遺伝的な要素なども大きいようですが、それに匹敵するくらい重要なのが生活習慣です。

洗髪やシャンプーの方法などもさることながら、特に食生活は大事です。そもそも薄毛のメカニズムは髪に必要な栄養分が届かなくなっているというものなので、栄養摂取は髪の健康維持の生命線とも言えますね。薄毛の予防や対策に効果が期待できる食べ物を紹介したいと思います。

髪の毛の9割を構成するタンパク質

人の髪の毛はケラチンというタンパク質で構成されていて、その割合は成分の90%以上といわれています。健康な髪の毛を形成するためにはタンパク質をしっかりと摂取することが最も重要であると言っても過言ではありません。

髪の毛に限らず、人間の体の多くの部位はタンパク質で構成されているので、健康な体をつくるためには良質なタンパクが不可欠です。ケラチンは18種類のアミノ酸が結合して作られていますが、体内で合成できないアミノ酸もあり、植物性の食品からの摂取が必要となります。

タンパク質というと、肉や魚が思い浮かぶかもしれません。確かに肉や魚も適度に摂取すれば健康な髪の形成に寄与しますが、脂肪分も多く含んでいるため摂りすぎには注意が必要です。

動物性のタンパク質と比較すると、ミネラルやビタミンを同時に摂取できるという点で、植物性のタンパク質の方が髪にとってはよりよい食材です。髪の形成メカニズムにおいてはビタミンやミネラルが一定の役割を果たしているからです。

植物性のタンパク質の代表格としては納豆、豆腐、味噌など大豆製品があげられます。この他、ごまやコンブなどもよいでしょう。植物性のタンパク質は、髪のみならず、筋肉や皮膚など美容や健康の面からも推奨されているので、意識的に摂取を心がけるとよいでしょう。

タンパク質代謝など髪の形成を補助するビタミン

髪の毛のほとんどはタンパク質によって構成されているので、良質のタンパク質を摂取することが大事であることは言うまでもないのですが、食事などを通して摂取されたタンパク質は、体内ではいったんアミノ酸に分解されてから、再合成されているのです。

専門的にはこのことをタンパク質代謝と言いますが、この代謝に必要なのがビタミンです。なので、タンパク質だけでなくビタミンもきちんと摂取する必要があります。特に人の体内で合成できないものは野菜などから摂らなければなりません。

ビタミンの多くは頭髪の形成に役立ちますが、特に代謝に関係するのはビタミンB2とビタミンB6です。ビタミンB2を多く含む食品としてはレバー、卵、乳製品など、ビタミンB6が多い食品としてはにんにく、レバー、まぐろなどがあげられます。果物や野菜に多く含まれるビタミンCも髪の形成を補助する効果が期待できます。

髪の主成分ケラチンの合成に寄与する亜鉛

髪の主成分タンパク質を合成する際に必要とされるのが亜鉛です。亜鉛の不足にも気を配る必要があります。

亜鉛を多く食品の上位にはかきやレバー、うなぎなどがありますが、これらの食品は日頃の食事の中で多く摂取するものではないかもしれません。日頃摂取する食品の中で比較的多いのは豆腐やチーズなどがあります。

あさり、しじみなどの貝類やわかめ、ひじきなどの海草類も意識的に多く摂取することが可能かもしれません。

亜鉛は滋養強壮や活力の維持に効果があることで知られているので、薄毛が気になる中高年の世代にはうってつけでしょう。是非、摂取を心がけてみてください。

まとめ

薄毛対策に効果が期待できる食べ物を紹介してきましたが、いかがでしょうか。タンパク質、ビタミン、亜鉛はいずれも髪の健康のみならず、体全体の健康の維持にもつながるので日頃から積極的に採り入れていくとよいと思います。

また、食事に限らず、髪の健康に際して生活習慣は大事です。過剰な飲酒や睡眠不足など不摂生な生活が続くと、せっかく良質の栄養を摂取しても台無しになってしまいます。

頭皮のケアと生活習慣の両面からの対策が大事ですね。忙しいときなど摂取しづらい場合は、サプリメントを活用するのもよいかもしれません。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!