育毛剤以外の薄毛対策まとめ

薄毛対策には育毛剤の使用が一般的ですが、他にも方法はあります。育毛剤で思わしい成果があらわれていないなら、植毛やかつらなど違う対策を試みてみると良いでしょう。

自毛植毛

自毛植毛とは、まだ毛が生えている部分から皮膚ごと髪を採取し、薄毛になった場所に移植するというものです。自分の髪を使うため術後の定着率は高く、日本皮膚科学会で推奨されている薄毛対策となっています。

自毛植毛の一番のメリットは、一度手術をやってしまえば、その後は本物の髪と同じ扱いができることです。移植した髪が抜けてしまっても、新しい髪が生えるようになりますので、面倒なメンテナンスは必要ありません。

また、自毛植毛は誰にでも効果が期待できるという利点もあります。育毛剤などは、人によって効果が大きかったり、あまり効果が見られなかったりしてしまいます。しかし自毛植毛ならば、ほとんどの人に効果があるとされています。

しかし自毛植毛には問題もあります。まず自分の毛を移植するのですから、その髪がなければどうにもなりません。すでに頭部全体の髪が抜けてしまった人は、自毛植毛をすることができません。

また自毛植毛は、一本ずつ髪を植えていくという手間がかかる手術であるために、治療費がかなり高くなっています。100万円を越える治療費がかかることも珍しくはなく、かなりの出費は覚悟しておかなければいけません。

AGA治療

薄毛を治すために、頭髪の悩み専門のクリニックに通うという手段もあります。この方法の一番のメリットは、専門の医師の診察が受けられるということでしょう。

自分の薄毛の原因がAGAだと思っていても、そこは素人判断です。じつは他の病気の副作用で薄毛が進行している、などという可能性もあります。

自分の薄毛の正しい原因がわかれば、その後の治療も進めやすくなります。仮に病院での治療を途中でやめるとしても、そこで受けた診断結果は参考になるでしょう。

またAGA治療は、効果が高いという利点もあります。体験者の98%が、薄毛への効果があったと答えているほどです。

デメリットとしては副作用があります。病院での治療には、効果が高い治療薬を使います。AGA治療薬は、天然成分由来の育毛剤などと比べて強い副作用が出る可能性が高くなっています。

AGA治療は、保険適用外の自由診療となります。そのため、治療費は高額になります。しかもAGA治療には最低でも半年はかかりますので、それだけの出費は必要になります。

またAGA治療ができるクリニックは、どこにでもあるわけではありません。おもに人口が多い都市部にしか存在しておらず、地方に暮らしているなら通院に時間がかかってしまいます。

かつら

かつらは昔からある薄毛対策です。手っ取り早く見た目をごまかすことが可能です。昔は見ただけでかつらとバレてしまうようなものもありましたが、今では技術が進歩し、自毛のような自然な仕上がりになっています。

かつらのデメリットとして、費用がかかることが挙げられます。かつらはオーダーメイドで作られるため、数十万円ほどと高額です。しかもかつらは消耗品ですので、3年程度で買い換える必要があります。

また、かつらは専用シャンプーとトリートメントで、定期的にメンテナンスしてやらなければなりません。意外に手間がかかりますから、面倒くさがりな人には向かないでしょう。

さらにかつらは、薄毛を促進してしまう可能性があります。かつらをかぶると、頭皮が蒸れてよくない環境になってしまいます。長時間に及ぶ着用では、抜け毛の原因になり得ます。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!