つむじハゲの原因・見分け方・予防法や治療法などを徹底解剖!

 「ん?俺のつむじ、こんなに大きかった?」なんて感じていませんか? それはつむじではなく、すでにつむじハゲになっているのかもしれませんよ。

 

もともと毛が薄いつむじの部分、自分では気づきにくい部分でもありますし、気をつけたいですね。つむじハゲの原因・見分け方・予防法や治療法などをまとめてみました。

つむじハゲとは

つむじハゲとは名前の通り、つむじの部分から薄くなるタイプのはげです。ドーナツ状にはげて、アルファベットの「O」の字になることから「O字ハゲ」などと呼ばれることも多いハゲですね。

昔、増毛のテレビCMでの「アルシンドになっちゃうよ~」で有名になった元Jリーガーのアルシンド選手がO字ハゲの代表ですね。他にも日本にやってきた宣教師フランシスコザビエルを想像してもらうといいかと思います(彼は、ハゲではなく宗教上の髪型ですが)。

生え際の両サイドからはげて来る「M字ハゲ」に並んで多いタイプのハゲです。

つむじハゲの原因

つむじハゲは男性型脱毛(AGA)と言われる種類の薄毛です。AGAの素因があり、さらに頭皮の状態が悪化することでつむじハゲが進行します。

AGA

AGAは母親から遺伝する

現代では、AGAは遺伝することが分かっています。父親のはげは関係なく、母方の遺伝子によってAGAは決まります。ですので、父親がつむじハゲであろうとなかろうと、つむじハゲになる可能性はあります。薄毛を父親のせいにはできませんね。。

遺伝するのはアンドロゲン受容体の感受性を決める遺伝子です。AGAでは男性ホルモンであるテストステロンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)が、毛を作る工場である毛包にあるアンドロゲン受容体にくっつくことで起こります。

毛の成長期を短縮し、毛包を委縮させるDHT

毛には成長サイクルというものがあり、以下のような周期を持っています。

  • 成長期:毛が生えて太く長く成長する時期。一番長く2~7年あると言われています。
  • 退行期:毛包が退行して毛が抜ける時期。2週間程度です。
  • 休止期:退行期と成長期の間で毛包が休んでいる時期。3~4か月です。

DHTがアンドロゲン受容体にくっつくと、毛の成長期が短くなってしまいます。そうなると、成長期にある毛が少なくなり、全体的に毛が少なくなります。

また、成長期にある毛も若くて弱々しいものが多くなるため、ボリュームも少なくなってしまいます。さらに悪いことに成長期が短くなるのと同時に毛包が徐々に委縮してしまい、最終的に毛が生えなくなってしまいます。こうして徐々に毛が薄くなります。

アンドロゲン受容体の感受性が高い人ではDHTの影響を受けやすく、薄毛になりやすいと言われています。これが、AGAが起こる原因です。そして、つむじハゲで薄くなる頭頂部には感受性の高いアンドロゲン受容体が多く分布するため、側頭部や後頭部に比べ、薄くなりやすいのです。

頭皮の血行の悪化




 毛包が毛を作るためには、毛の原料となるたんぱく質や毛の成長を促す成長因子と言われる物質などが、血液から毛包に運ばれる必要があります。血行が悪くなることで、毛包の栄養状態が悪化して薄毛の原因になります。血行が悪化する要因は以下のものが挙げられています。

  • 血管の収縮:喫煙、ストレス
  • 全身の血行の悪化:運動不足、シャワーだけで入浴をしない
  • 血液成分の変化:高脂血症、糖尿病など

頭皮のダメージ

 

 頭皮が何らかのダメージを受けると、毛を作る毛包もダメージを受け、毛が抜けやすくなったり、生えにくくなってきます。ダメージの原因は以下の2つが挙げられます

  • 紫外線
  • 実は紫外線は見逃せない要因の一つです。つむじはもともと毛が少なく、紫外線が直接頭皮に当たりやすい場所です。紫外線によって頭皮や毛包はダメージを受け、毛の成長に影響してきます。

  • シャンプー
  • シャンプーも仕方によっては頭皮にダメージを与えてしまいます。最近では皮脂をとりすぎると頭皮のダメージにつながると言われています。爪を立ててごしごしするとその物理的な刺激や皮脂の取りすぎによってハゲの原因になってしまいます。シャンプーのしすぎも薄毛の原因になってしまうんですね。そして、シャンプー後のすすぎ残しも毛包へ悪影響があることが分かっています。後に説明しますが、シャンプーの仕方も重要です。

 

 

初期の見分け方

つむじは頭頂部にあり、鏡で見ることができないため、なかなか初期に気付きにくい場所です。気付いたらかなり進んでいたということも多いので、見分け方のポイントを整理しておきましょう。

以前と比べる

以前の状態がわかれば比べるのが一番いいでしょう。

  • 写真にとって見比べてみる
  • 合わせ鏡をしてみてみる
  • 触ってみて手触りの違いを感じてみる

軽く指でこすってみる

つむじハゲの初期には毛の本数よりも毛の太さが変わることで気付くケースが多いです。こすってみて柔らかい毛が他の部分に多い場合は、つむじハゲの初期の可能性もあります。

また、こすってみるとわかりますが、毛と皮膚がこすれると頭蓋骨を通して「ジョリジョリ」といった音が聞こえます。細く柔らかい毛が多くなるとこの音があまりしなくなります。他の部位と音の違いがある場合もつむじハゲの初期かもしれませんよ。

少し引っ張ってみる

通常、成長期の毛は軽く引っ張るくらいでは抜けません。軽く引っ張るだけで抜けてしまう毛はすでに退行期に入って抜けかけている毛だと思ってください。そして、健康な毛包から生えている毛は退行期に入るまで数年間成長期で成長していますので、硬く太くなっているはずです。もし、軽く引っ張って抜ける毛が細く弱々しい場合は、DHTによって成長期が短くなっている可能性が高いです。これもつむじハゲの前兆の一つになりますね。

枕についた毛が増える

つむじ部分の毛は、寝ている間に枕とこすられて抜けることが多いです。こすれたことはあくまで抜けるきっかけであり、こすれないようにしたら抜けないということはありませんが、この毛も退行期にある毛です。枕につく毛が多かったり、細い毛が多い場合もつむじハゲが進行している可能性があります。

髪の生え際の薄毛

つむじハゲの原因は男性ホルモンの影響によるAGAであることをご説明しましたが、男性ホルモンの影響を受けやすい場所は頭頂部だけではありません。髪の生え際も同じようにAGAで薄くなる場所です。もし、生え際が薄くなってきている場合、つむじも同時に薄くなってきている可能性があります。

ふけや痒みが増える

つむじハゲの初期に頭皮のダメージや皮脂のつまりに伴うふけや痒みが増えるケースがあります。これは頭皮の状態が良くないことを示しており、毛が抜けやすくなっていることのサインかもしれません。

つむじハゲと円形脱毛症とは違うの?

 

 つむじハゲと間違えやすいのが円形脱毛症。円形脱毛症はつむじ以外の部分にも出てきますが、つむじに出てきた場合はどちらかわかりにくいこともあるんです。

 つむじハゲと円形脱毛症の大きな違いは、ハゲる部分の境界と、そのスピードです。

 円形脱毛では10円玉~500円玉くらいの大きさで脱毛しますが、正常な部分とハゲの部分の境界がはっきり分かれており、ハゲの部分にはほとんど毛がなくなります。一方つむじハゲではその境界がはっきりせず、ハゲの部分にも細い毛がまばらに生えます。

 また、円形脱毛症では一気に毛がごそっと抜けます。「シャンプーで一カ所から大量に抜けた」「気付いたら円形に毛がない場所がある」ということがあれば、円形脱毛である可能性が高いです。一方つむじハゲは徐々に進行しますので、一気にごっそり抜けることはありません。

 円形脱毛症は強いストレスがかかることで起こると言われており、つむじ部分以外にも起こってきます。まったく対処法や治療法が違いますので、しっかり見極めてください。

予防するには?

つむじハゲの原因と症状が分かったところで、予防の方法についても考えてみましょう。

つむじハゲの原因を大きく3つご紹介しましたが、遺伝的な要素は予防不可能です。そうなると、頭皮の血流を促進することと、頭皮のダメージを防ぐことが予防のカギになります。

生活習慣の改善

規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動など、よく言われる健康のためにいいことは薄毛予防のためにも有効なんですね。

生活習慣を改善することで、血液の性状を改善し、血行を促進して毛包にたくさん栄養が届くようにしておきましょう。

入浴の習慣

忙しかったり、一人暮らしだとついついシャワーだけで済ませてしまうことが多いと思います。しかし、浴槽につかる「入浴」をすることで、頭皮を走る末梢血管が拡張し、頭皮の血流が良くなります。シャワーだけではこうして効果は期待できません。できる限りバスタブにつかるようにしてください。

禁煙

タバコに含まれるニコチンは頭皮の血管を収縮させてしまいます。そうなると毛包へ十分な栄養が届かずどんどん毛包が委縮してしまう原因になります。ハゲたくなければ喫煙をした方がいいでっほう。

シャンプー方法の改善

シャンプーの仕方もはげるリスクが変わります。理想的なシャンプーの仕方は以下の通りです。

  1. くしなどで軽くブラッシングをし、汚れが頭皮につかないようにする
  2. お湯で軽く髪を洗い流す
  3. シャンプーを500円玉程度取り、手の平で良く泡立てる
  4. 泡立てたシャンプーを髪につけ、指の腹で優しくマッサージするように頭皮を揉みながらシャンプーする
  5. 2,3分かけてしっかりシャンプーを洗い流す

こうしたシャンプー方法により、頭皮のダメージを避け、血行を促進し、洗い流しを防ぐことができます。

紫外線対策



紫外線による影響を受けやすいつむじはしっかり守ってあげる必要があります。昔、帽子をかぶるとはげると言われていましたが、科学的根拠は全くありません。むしろ外では帽子をかぶることで、頭皮の紫外線を防いでつむじハゲの予防になります。

仕事などで帽子をかぶれないときのために、最近では頭皮用の日焼け止めスプレーも売られています。地道な努力がはげ予防につながるので、紫外線対策もしっかりしておきましょう。

治すことは可能なの?

 では、すでにつむじハゲになってしまった場合、どうしたらいいのでしょう? 最近、薄毛治療は非常に研究が進んでいますので、はげてしまっていてもまだ希望を捨てる必要はありません。科学的根拠に基づいた「医薬品」の毛生え薬や、画期的な植毛法など、有用性の高いものをいくつかご紹介いたします。

男性ホルモンを抑える薬「フィナステリド」

 つむじハゲは男性ホルモンの影響を受けるAGAの一種です。そのホルモンの合成を抑えるお薬がフィナステリド。日本では2005年に厚生労働省の認可が下りた医薬品です。

フィナステリドはDHTの合成を阻害する

 

フィナステリドは、テストステロンからDHTを合成する際に必要な5α-還元酵素を阻害して、DHTを減らす飲み薬です。もともとは前立腺疾患の治療薬として使われていましたが、この薬を飲んでいる患者に発毛効果が見られたことから、AGAの治療薬として販売されるようになりました。

病院を受診するか、インターネットの個人輸入で入手可能

 フィナステリドは日本では2005年に「プロペジア」という名前でMSDから発売されていましたが、2014年からは、大手製薬会社のファイザーからも「ファイザー」という名前で販売されています。日本で買う場合には病院を受診して処方箋を出してもらう必要があります。

 一方、最近ではインターネットでの個人輸入によっても海外から「プロペジア」や他のジェネリック版のフィナステリドを手に入れることができます。自分自身に使う場合は、違法ではないんですよ。

 フィナステリドには保険は効かず、それぞれの医療機関で費用は異なりますが、日本で受診して購入しても1か月5,000円以下で購入できる場合もあります。

 一方、海外薬の場合はもう少し費用を抑えることはできますが、薬の信頼性は落ち、危険性がないとも言えませんので、そういったリスクを考えて、どちらにするかをご自分で選択してくださいね。

フィナステリドの効果は60~80%

フィナステリドは、投薬後6か月から1年で60%~80%程度改善率があるという調査結果が出ています。また、薄毛の進行を止める作用はかなり強く、改善は認めなくても進行が治まったという人がほとんどです。

実際には大幅に改善するというよりは、進行を止めて少しずつ生えてくるというイメージです。あまり進行してしまう前に使いたいですね。

フィナステリドの副作用は多くはない

 フィナステリドの副作用は、勃起不全など男性機能の低下になります。男性ホルモンであるDHTを抑えることによる副作用です。実際には、副作用の発現頻度は5%以下と少なく、それほど心配することはなさそうです。

 それでも、まだ比較的新しいお薬です。フィナステリドの投薬中止後に出る「ポストフィナステリド症候群」と言われる副作用が最近報告されています。今後も長期投与に伴う副作用が出てくる可能性もあります。病院で医師と相談しながら使用する方が無難ですね。

フィナステリドの1.6倍の効果。新しい毛生え薬「ザガーロ」



 フィナステリドよりもさらに強力なDHT阻害薬である「デュタステリド」(商品名 ザガーロ:グラクソ・スミスライン社)が2016年6月に発売されました。ザガーロには0.1mgと0.5mgカプセルがあり、0.5mgカプセルはフィナステリドより約1.6倍の発毛効果が確認されています。

 価格はフィナステリドの倍近くします。また、まだ発売されて間もない(AGA治療薬としては日本以外では韓国でしか発売されていません)薬ですので、今後副作用などの情報が出てくる可能性があります。現時点で報告されている副作用は、フィナステリドと同様男性機能の低下などになります。

 ザガーロもプロペジアと同じく、購入するためには病院を受診する必要がありますが、同じデュタステリド製剤として「アボダート」や「デュタス」などの海外薬がインターネットで購入可能です。

リアップで有名になったミノキシジル

CMでもよく見る「リアップ」。これは「ミノキシジル」という成分を含んだ育毛剤になります。また、プロペジアと違い、ローションタイプの育毛剤です。

リアップは頭皮の血行を改善して発毛

 ミノキシジルのターゲットは男性ホルモンではありません。ミノキシジルは血管拡張薬であり、頭皮の血管を拡張し、血行促進をして発毛を促すものになります。そのため、フィナステリドなどのDHTを抑えるお薬との併用することもでき、相乗効果が期待できます。つむじ付近は血管が多いため、特にミノキシジルの効果は期待できます。

 日本では「リアップ」(ミノキシジル1%)と「リアップ×5」(ミノキシジル5%)が、つむじハゲなどAGA治療薬として販売されています。リアップ×5の改善率は90%以上と、かなり期待できるお薬なんですよ。

 リアップは、病院に受診しなくても薬局で購入することが可能です。

リアップの画像

最新の植毛法である自毛植毛

植毛は、速効性があり効果が確実

 ハゲの治療には、薬で改善させる「育毛」ではなく、毛を植える植毛があります。植毛は毛を植えますので、効果が出るまで数カ月かかる育毛よりも速効性があり、確実です。その分費用が掛かり、何度もメンテナンスが必要であるというデメリットもありました。しかし、従来の人口毛植毛ではなく、最近では一度行ってしまえばメンテナンスのいらない「自毛植毛」という方法があるのです。

自分の毛を植える「自毛植毛」

 自毛植毛は、自分の毛を植える植毛法です。そして、自分の毛だけではなく、毛包ごと切り取って植えることで何度でも生えて来る本物の自分の毛を取り戻すことができる方法です。

 これはいわゆる皮膚移植に近いものですが、元気な毛包の多い側頭部や後頭部の皮膚の一部を切り取り、つむじの薄くなった部位に毛包単位で植えるものです。側頭部や後頭部の毛包は、男性ホルモンの影響を受けにくいのですが、移植してもその性質はそのまま残るので、移植した部位ははげにくいというメリットがあります。

薬に比べたら高いが、数十万円と手の届く価格

 やはり手術ですので、薬に比べて高くはなります。それでも少量の植毛であれば10万円程度から行うことができ、一般の人でも行える治療法です。

また、日帰り手術も可能であり、自分の毛がある程度あれば手術部位はその毛でかくれてしまいますので、誰にも気づかれずに手術を行うことも可能です。

知っておきたい治療法!植毛の基本的知識とかかる費用【まとめ】

2017.07.04

まとめ

 つむじハゲに関するまとめ、いかがでしたか?

 昔は「ハゲを治す薬を発明したらノーベル賞」などと言われていましたが、確実にはげを治す薬や治療は開発されてきているのです。

 とはいっても薬だけで完璧に毛を生やすことはできませんし、つるつるの状態からふさふさの状態にということも不可能です。

 つむじハゲにならないようにするためには、日頃のケアや早期発見早期治療が重要です。見えにくいつむじの部分ですので、できるだけ気を付けておいてくださいね。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!