【洗わない方がいい?!】シャンプー・リンス・コンディショナーと抜け毛の関係!

朝シャンはハゲる?

朝シャンとは、朝にシャンプーをすることです。朝シャンをすると、起きたばかりの頭がすっきりしたり、寝癖を直すことができる、寝汗を流すことができます。

夜遅くに帰り、お風呂やシャワーに入らずに寝たため、朝シャンをするということもあります。メリットが多いように感じる朝シャンですが、注意をしないと薄毛を促すことがあるのです。朝シャンがなぜハゲることにつながるのか、解説していきます。

朝シャンが頭皮に与える影響

朝シャンはすっきりして気持ちが良くなりますが、頭皮にどのような影響を与えるのでしょうか。

必要な皮脂を落としてしまう

頭皮は、庇護膜という薄い膜に覆われています。これは眠っている間に頭皮に皮脂が分泌されることによりつくられています。

庇護膜の役割は、紫外線や外界の刺激から頭皮を守ることです。普段何もせずとも、この庇護膜により私たちの頭皮は守られているのです。

朝シャンをすると、庇護膜まで落とすことになります。庇護膜が再生するまで数時間を要することから、紫外線などが頭皮へ直接影響する可能性があります。

シャンプーの洗い残しは頭皮の炎症のもと

朝は時間がないため、朝シャンは短時間で済ませる方が多いと思います。急いで洗髪することによって、シャンプーを十分にすすぐことができません。シャンプーの洗い残しは、頭皮の炎症へ繋がり、頭皮環境を悪化させる可能性があります。

皮脂の過剰分泌を促す

これは、夜も朝もシャンプーをする場合です。1日2回シャンプーをすると、頭皮に必要な皮脂も洗い流してしまいます。そうすると、皮脂はどんどん分泌するようになり、過剰な皮脂分泌を促すことにつながります。

「きれいにしたい」という気持ちから朝シャンをしても、頭皮にダメージを与えることがあります。頭皮へのダメージが薄毛を助長することになるのです。

夜に髪を洗う方が良い?

では、朝シャンが薄毛を促進することにつながるのだとすると、夜に髪を洗う方が良いのでしょうか。
夜に髪を洗う利点について説明します。髪は毛根の根元にある毛母細胞の細胞分裂よって成長します。その成長は夜に行われるのです。

髪の成長には成長ホルモンの分泌が関わっています。成長ホルモンは睡眠が始まってから約3時間後に分泌されるため、ここで髪の成長が行われます。夜に髪を洗うことにより、頭皮が清潔になるため、髪が成長しやすいことにつながります。

また、眠っている間に庇護膜が再生するため頭皮の保護機能が回復します。

朝シャンする時は頭皮への対策が必要

先に挙げたように、1日の終わりに髪を洗うことは髪の成長へつながります。

しかし、朝シャンが必ずしも悪いということではありません。朝シャンにより清潔な頭皮となるため、頭皮環境にとって良いという意見もあります。紫外線などの頭皮への影響を考慮すると、朝シャンする時は頭皮への対策を立てておく必要があります。

朝シャン後は紫外線対策をする

頭皮に必要な皮脂が洗い流されると、直接頭皮が紫外線などの影響を受けます。そのため、朝シャン後に外出する時は、帽子を着用する、日傘を使うといった紫外線対策が必要です。

シャンプーはしっかり洗い流す

シャンプーの洗い残しは、頭皮の炎症につながります。シャンプーのぬるぬるがなくなるまで、お湯で洗い流しましょう。朝シャンする時は普段より少しだけ早く起きて、時間に余裕をもつと、洗い残しなく洗髪できます。明日からでも取り組める対策です。

朝シャンは、寝癖が直り、すっきりした気持ちになります。しかし、頭皮に必要な皮脂を洗い流すことやシャンプーの洗い残しが頭皮へダメージを与えることにもつながります。

朝シャンをする時は、薄毛を助長しないように頭皮への対策をとることが可能です。この記事が朝シャンと薄毛の関係に興味がある方や薄毛対策を実施している方の参考になれば幸いです。

髪を洗わないとハゲる?




逆に髪を洗わないことはハゲる原因になるのでしょうか?一説によると、ホームレスにハゲは居ないという話もあります。

髪を洗うことは、現代の日本人には当然行うこととして認識されています。なかには、髪を洗うのが面倒な方や髪が抜けることが心配で髪を洗う頻度が少ない方がいらっしゃるかもしれません。髪を洗うことは、健康な頭皮と髪を保つために必要なことです。

実は、髪を洗わないことによって薄毛へ発展することがあるのです。薄毛対策としていろいろな方法を試していると思いますが、抜け毛が気になって髪を洗わないことは良くありません。

今回は、薄毛対策を実践している方や抜け毛が気になっている方に、髪を洗うことと薄毛の関係についてお伝えします。

髪を洗わないことによる頭皮への影響

なぜ、髪を洗わないことが薄毛につながるのでしょうか。その原因は2つあります。

頭皮に皮脂がどんどん溜まる

頭皮にはたくさんの毛根とともに、皮脂が分泌される脂腺が存在しています。通常は、皮脂が分泌されることによって頭皮を保護しています。

しかし、髪を洗わないことによって皮脂がどんどん頭皮に溜まります。その皮脂を栄養にして頭皮で雑菌が増殖する可能性があるのです。

毛穴がつまる

先に述べたように、髪を洗わないと頭皮に皮脂が溜まります。すると、皮脂が頭皮の表面にある角質とともに固まり、毛穴をふさいでしまします。毛穴がつまると髪がうまく成長することができません。

これらのことは、頭皮の痒みを感じる原因となることから頭皮を掻いてしまいます。頭皮を掻くと傷ができてしまうことから、頭皮環境の悪化につながります。さらに、頭皮が臭くなってしまうため、周囲の人に不快感を与えることもあるのです。

皮脂分泌が過多になると脂漏性脱毛症になるかも!?




髪を洗わないと頭皮に皮脂が溜まってしまうことをお伝えしました。頭皮が皮脂過多になると、脂漏性脱毛症を引き起こす可能性があるのです。

脂漏性脱毛症は、真菌類のマラセチア菌が頭皮の皮脂をエサにして増殖することで発症する薄毛です。マラセチア菌は常在菌の1つで、カビの一種です。薄毛だけではなく、ニキビを引き起こす原因でもあります。

なぜ、マラセチア菌が増殖すると薄毛につながるのでしょうか。
マラセチア菌が皮脂をエサにするということは、皮脂を分解するということです。皮脂を分解した時に、遊離脂肪酸が生成されるのですが、これが酸化すると過酸化脂質に変化します。過酸化脂質は身体にとって良くない物質で、頭皮を刺激することによって炎症が起こります。

その結果、頭皮環境が乱れてしまい髪の成長を妨げるため、薄毛へ発展するのです。また、脂漏性脱毛症は髪を洗わないことによる皮脂分泌過多だけが原因ではありません。ストレスや食事などの日々の生活習慣が原因のこともあります。

脂漏性脱毛症の主な症状は、以下の通りです。

  • 頭皮の皮脂が多く、ベタついている
  • 頭皮が赤くなる、かゆくなる
  • 脱毛が多い

脂漏性脱毛症の治療は、マラセチア菌を殺菌することです。よって、抗真菌薬が用いられます。さらに頭皮の炎症を抑えるために、ステロイド外用薬が用いられます。

脂漏性脱毛症とともに脂漏性皮膚炎を併発している場合もあり、自己判断での治療は難しいです。上記のような症状があてはまる時は受診してください。

髪を洗うベストなタイミング

頭皮の皮脂過多によって、頭皮環境が悪くなり、抜け毛が増えてしまいます。皮脂分泌が過多になる前に、日頃から頭皮や髪は清潔にする必要があります。それでは、健康な頭皮と髪を保つために髪を洗うベストなタイミングについて解説します。

髪を洗うベストなタイミングは、1日の終わりに洗うことです。夜にシャワー浴や入浴している場合は、その時にシャンプーしましょう。

夜に髪を洗うことによって、まず、髪に付着した汗や皮脂などの日中の汚れを落とすことができます。その後就寝すると、成長ホルモンが分泌します。髪の成長には成長ホルモンが欠かせません。頭皮が清潔だと、髪も成長しやすいのです。

また、次の朝までに庇護膜という皮脂の膜が再生します。これは頭皮に必要な皮脂で、頭皮を保護する役割があります。以上のことから、髪を洗うベストなタイミングは夜だといえます。

皮脂の分泌が気になるからといって、髪の洗いすぎは良くありません。何度も洗うことによって、逆に皮脂の分泌を増加させることとなります。

髪を洗わないと、頭皮の皮脂分泌が過多となり、薄毛につながってしまいます。抜け毛が気になるからといって、髪を洗わないのは頭皮や髪の健康を阻害してしまいます。

人間の髪は1日に約100本抜けるため、シャンプーの時に髪が抜けるのは自然なことです。髪を洗い、頭皮や髪を清潔に保つことが薄毛対策の1つとなります。

髪を洗わずに頭皮環境が悪くなってしまう前に、毎日のシャンプーに取り組んでみてください。この記事が薄毛対策を実践している方や抜け毛が気になっている方の参考になれば幸いです。

リンスやコンディショナーをしないとはげる?



髪を洗う時に、シャンプーのみでリンスやコンディショナーをしないと、髪がまとまりにくく、まとめようとすると髪が抜けやすいと感じる方がいらっしゃると思います。

そのため、リンスやコンディショナーをしないと髪が抜けやすく、薄毛になってしまうと考えている方がいるかもしれません。

この記事では、薄毛対策を実践している方のために、リンスやコンディショナーをしないことによって、はげることにつながるのかについて解説していきます。

リンスやコンディショナーのはたらき

リンスやコンディショナーは、基本的に同じもので髪の表面を保護します。髪の表面をなめらかにして、髪の最も外側の毛表皮が傷まないようにしています。さらに、髪の表面を保護することにより、水分が蒸発しないようにもしています。

よって、髪のパサつきを抑えることができるのです。確かにリンスやコンディショナーをすると、髪に指が通りやすい、なめらかになっていると実感していると思います。

リンスやコンディショナーには、髪の表面を保護し、水分が蒸発しないようにするためにシリコーンという成分が含まれています。商品によって表記は異なっており、例えば、ルシードヘア&スカルプコンディショナーには「シメジコン」と表記されています。他に「シロキサン」と表記されている場合もあります。

リンスやコンディショナーの他にトリートメントがありますが、これは働きが少々異なります。トリートメントは、髪の外側ではなく内側にはたらきかけます。毛皮質という毛表皮の内側に作用して、髪のダメージを修復してくれます。

参考URL
花王 Q、コンディショナーやシャンプーなどに使われているシリコーンは、どんな働きをするの?
http://www.kao.com/jp/qa_cate/shampoo_04_01.html
LUCIDO
http://www.lucido.jp/products/smellcare/conditioner/

リンスやコンディショナーと薄毛の関わり

では、リンスやコンディショナーと薄毛はどのような関わりがあるのでしょうか。
リンスやコンディショナーを髪や頭皮全体につけることによって、洗い残しとなる可能性があります。リンスやコンディショナーの成分には油分も含まれているため、洗い残してしまうと毛穴を塞いでしまいます。毛穴が塞がれると髪が成長しづらくなります。

さらに、頭皮に存在する常在菌は油分を好むため、その油分や皮脂を栄養にて細菌が繁殖する可能性があります。そうなると、頭皮環境は乱れてしまい結果として薄毛へつながるのです。

リンスやコンディショナーを使う、使わないが直接的にはげることに関わっているとは言えませんが、使い方を誤ると薄毛へ発展します。

「それなら、リンスやコンディショナーは使わない!」と思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、リンスやコンディショナーは髪の調子を整えるアイテムです。

シャンプーだけのヘアケアだと、髪が傷むこともあります。次の章では、リンスやコンディショナーの正しい使い方を解説しますので、参考にしてください。

リンスやコンディショナーの正しい使い方

髪をなめらかにする目的のリンスやコンディショナーは、まず、頭皮に直接つけないことです。

そして、たくさんの量をつけないようにしましょう。洗い残しで毛穴を塞いでしまっては、せっかくのヘアケアも意味がありません。大切なのは、リンスやコンディショナーが髪全体に行き渡ることです。

頭皮に近い髪の根元の部分は避けるようにして、毛先から髪全体へ手を使ってなじませます。特に毛先は乾燥しやすい部分のため、毛先は忘れずになじませましょう。

最後は十分にすすぐことです。リンスやコンディショナーは、すすいでもヌルヌル感が残っている場合もあり、そのまますすぎを終わってしまうこともあるでしょう。しかし、洗い残しは頭皮に良くありません。ヌルヌル感がなくなるまで、しっかりすすいでください。

リンスやコンディショナーは、直接はげることと関係していませんが、その使い方を間違うと薄毛へ発展する可能性があります。

しかし、リンスやコンディショナーはシャンプーで皮脂などを洗い流した髪を保護してくれるヘアケアのアイテムです。髪が傷まないようにするためにも、日々のケアは欠かさず行いたいところです。リンスやコンディショナーの正しい使用方法をぜひ実践してください。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!