敏感肌でも安心して使える育毛剤とは?

敏感肌の人は、育毛剤を選ぶときにも注意したほうがよいでしょう。育毛剤に入っている成分によっては、頭皮に悪影響が及ぼされる危険性があります。肌に合わない育毛剤を使い続けていると、育毛どころか頭皮環境が悪化して薄毛に原因になってしまうこともあるのです。

頭皮に刺激を与える成分

頭皮に影響を与える成分には、さまざまなものがあります。中には育毛の役に立つ成分もありますが、デメリットも考え、その育毛剤を使うかどうかを判断するべきでしょう。基本的には、これらが入った育毛剤は避けておいたほうが無難です。

合成香料

育毛剤には香料が入っていることが一般的です。育毛成分には独特の臭いがあるため、それをやわらげるために香料を入れる必要があるのです。しかしそんな香料が、アレルギーの原因になることもありえます。

一説に100人に1人くらいは、香料にアレルギー反応を示すとされています。1%という確率を、多いと見るか少ないと見るかはそれぞれ見解が分かれるでしょう。しかし香料には、他の成分にない問題があります。

他の成分なら、どんな副作用が出ようと使った本人だけの問題で収まります。しかし香料の場合、周囲の人にも影響が出てしまうのです。家族や職場の同僚など、まわりの人がアレルギー症状を発症してしまうケースが考えられます。

また香料の場合、その成分の不透明さにも問題があります。普通香料はいくつものフレーバーを組み合わせて作られています。しかし薬機法の規制外ですので、何種類の香料が使われていても、一括して「香料」とだけ記載されることになります。

日本で使われている香料のほとんどは合成香料だと言われていますが、どんな成分で作られているのか消費者にはまったくわからないということです。当然、香料によりどんな影響があらわれるのかも予想がつきません。

合成着色料

着色料も育毛剤によく使われている成分です。これは育毛剤をきれいに見せるだけで、育毛上の効果はないと言ってよいでしょう。むしろ多くのデメリットがあります。

着色料には天然着色料と合成着色料がありますが、一般的に使われているのは合成着色料で、とくにタール系色素の使用率が高くなっています。これは主にコストの問題で、タール系色素を使うと安く製品を作れるというメリットがあるのです。

ちなみにタール系色素と言っても、コールタールから作られているわけではありません。昔はコールタールが原料だったのですが、発がん性が認められたために、ナフサを使うようになっています。しかしナフサも石油由来の成分であることには変わりありません。

赤色4号、5号、黄色1号など、タール系色素には使用禁止になったものが多くあります。発がん性や催奇形性など、人体に有害だと判明したからです。しかし安全だとして、日本で使用を許可されているタール系色素もあります。

日本で許可されているとしても、それで安全だとは言い切れません。じつは日本で使われている赤色2号などは、アメリカではアレルギーや発がん性があるとして使用が禁止されています。

合成着色料の使用に関して、日本の規制は先進国の中では緩い方だとされているのです。通常なら問題ないのかもしれませんが、敏感肌の人の場合、アレルギーを起こしてしまう可能性があります。これら合成着色料が入ったものは避けた方がよいでしょう。

鉱物油

鉱物油はミネラルオイルやワセリン、パラフィンなどとも記載されることがあり、化粧品などにもよく入っている成分です。鉱物油は石油から作られる成分で、石油からプラスチックなどを作った後、残った廃油を精製することで鉱物油となります。

鉱物油には酸化せず、長期保存に向いているというメリットがあります。また作成コストも安く抑えられます。しかし鉱物油を塗ると軽い炎症が引き起こされることがあります。敏感肌の人はとくに注意するべきでしょう。

ただし鉱物油は、一般に思われているほど悪い成分というわけでもありません。精製技術が未熟な時代に作られた鉱物油が、いろいろな問題を起こしたため敬遠されがちですが、現在の鉱物油は安全性が高いと言われています。

しかし鉱物油には、安全性とは別に育毛上の問題があります。鉱物油はカバー力が強いのです。結果として頭皮の通気性が下がり、毛穴が塞がれ、正常なヘアサイクルが妨げられる恐れが考えられます。また鉱物油は、洗髪で落ちにくいという難点もあります。

石油系界面活性剤

界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせる働きをする成分です。ほかに洗浄作用や起泡作用など多くの作用があり、様々な用途に使用されています。界面活性剤には数千以上の種類がると言われ、育毛剤のほか、化粧品や食品などにも配合されています。

界面活性剤には、天然界面活性剤と合成界面活性剤があります。この中でも特に問題があるとされているのが、石油系の合成界面活性剤です。

人の肌は、水分の膜と油分の膜をうまく使って外部の刺激から体を守っています。しかし界面活性剤は油にも水にも馴染むため、このバリア機構を簡単に突破してしまいます。ただしこれは、有効成分が浸透しやすくなるというメリットももたらしてくれます。

普通の界面活性剤は、使用後に洗うことによりその成分を取り去ることができます。しかし石油系界面活性剤の場合は、洗い落としにくいという性質があります。さらに一部の石油系界面活性剤には、タンパク質に作用し、その結合を邪魔するという働きもあります。

人間の体はタンパク質から成り立っています。そのタンパク質が変性するということは、体に大きな影響がもたらされるということです。育毛剤の場合、頭皮の状態を悪化させることが十分に考えられます。

パラベン

パラベンとは防腐剤の一種です。パラベンが製品に配合されている場合、それを明記することが法律で義務付けられていました。何故かと言うと、アレルギー反応を引き起こす可能性がある物質だからです。

ちなみに過去形なのは、表示義務がなくなったからではありません。現在では原則として、製品に入っている全成分を表示することになったというだけのことです。

しかしパラベンでアレルギーが起こる可能性は、そう高くはありません。千人に2人程度だとされています。これは合成着色料や合成香料よりもずっと低い確率です。しかし敏感肌ならば、その少ない可能性にあたってしまうことも無いとは言い切れません。

そのため、パラベンフリーの方が肌に優しいのは間違いありません。しかしこれには条件があります。パラベンは防腐剤なのですから、これが入っていないと製品が腐る危険性があるということです。

そのため、通常はパラベン以外の防腐剤が配合されています。安息香酸ナトリウムやヒノキチオールなどが代わりに使われている事が多いようです。パラベンは少量でも効果があるのですが、それ以外の防腐剤の場合、より多くの含有量が必要となってきます。そうなれば何らかの副作用があらわれる可能性も増してしまいます。

また、完全に防腐剤を使っていない育毛剤もあるかもしれません。その場合でも、開封前は問題ありません。メーカーがきちんと管理して作成しているはずだからです。しかし一度開けてしまうと、外部の雑菌の影響を受けることになります。

そのような育毛剤は、あまり期間をかけずに早めに使い切ってしまう必要があるでしょう。間違っても、何年か前の使いかけの製品を使ってはいけません。防腐剤が入っていない以上、どのように品質が劣化しているか不明です。

アルコール

アルコールも頭皮に悪影響を与える危険性があります。そもそもなぜ育毛剤にアルコールが使われているかというと、アルコールが蒸発する時にひんやりとした感触を与えてくれるからです。

アルコールが入っていると、使用感が良く、育毛剤が効いているという感覚を味わいやすいというわけです。しかしアルコールは、蒸発する時に頭皮の水分を奪います。この効果が大きすぎると、頭皮が乾燥してしまうこともありえます。敏感肌の人はとくに、乾燥によりかゆみを感じてしまう可能性が高いでしょう。

アルコールには、育毛成分が頭皮に浸透するのを助ける働きもあります。アルコールの成分が頭皮の血管を活性化させ、育毛剤の効果を高めてくれます。しかしアルコールの刺激で肌がヒリヒリするなどの症状があらわれてしまう危険性も存在します。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、その名の通り紫外線を吸収する働きを持つ物質です。日焼け止めなどに含まれている成分ですが、育毛剤にも配合されていることがあります。

紫外線吸収剤には、かぶれや湿疹などの症状が出る危険性があると言われています。紫外線吸収剤は、肌が受けた紫外線を熱に変えることで皮膚へのダメージを防ぐという製品です。そのため紫外線吸収剤の成分が酸化して、肌に刺激を与えてしまうのだとされています。

紫外線吸収剤は赤ちゃんなどには使わないようにとされていますし、敏感肌の人も避けた方が良いと思われます。「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」「オキシベンゾン-3」「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」などと表示されていたら、それは紫外線吸収剤が入っているということです。

合成ポリマー

合成ポリマーは、高分子化された化合物といった意味合いで使われています。合成ポリマーという単語自体は、合成繊維、合成樹脂、シリコン、プラスチック、合成ゴムなどかなり広い範囲の物質を表す言葉となっています。

合成ポリマーは、化粧品や育毛剤にも使われることがあります。化粧品に合成ポリマーを入れると、手触りがよくなります。また肌全体をコーティングしてくれるため、ツルツルとした仕上がりになります。

合成ポリマーの使用を例えるなら、ごく薄いラップを顔に貼り付けるようなもの、となるでしょうか。しかし合成ポリマー自体は、有害というわけではないようです。

合成ポリマーを使用すると、コーティング効果により体が外部の刺激から守られます。それ自体は良いことかもしれませんが、合成ポリマーを使い続けると体がそれに慣れてしまい、水分や皮脂の分泌が少なくなるということが起こります。

肌環境が悪化すれば、さまざまな症状が出てしまうことにつながるでしょう。もちろんこれは、育毛剤を頭皮につけた場合でも同じです。とくにシリコン系の合成ポリマーは、強い撥水性がある膜を作ってしまうので影響が大きいと考えられています。

酸化防止剤

酸化防止剤も種類によっては害になります。「ジブチルヒドロキシトルエン」や「ブチルヒドロキシアニソール」などではアレルギーの報告がされているほか、発がん性や変異原性の危険性が指摘されています。

このような酸化防止剤が、育毛剤の酸化を防ぐために入っていることがあります。また育毛剤の場合、フケなどを防止する目的で酸化防止剤が入れられることもあります。ただし「アスコルビン酸」や「トリフェロール」という表記なら問題ありません。この両者はそれぞれ、ビタミンCとビタミンEが酸化防止剤として使われているものだからです。

なぜ添加物が入った育毛剤があるの?

これまで添加物による害について述べてきました。ではどうして、このような添加物が使用されているのでしょうか。育毛剤は髪と頭皮の健康のために使うのですから、無添加の方が良いように思えます。けれど添加物が配合されるのにも、それなりの理由があるのです。

ユーザーの使用感を高めるため

まず利用者がそれを望むという流れがあります。たとえば高濃度のアルコールなどは、頭皮に与えるリスクも大きくなりますが、爽やかな使用感を与えてくれます。あのスッとした感覚がないと、育毛剤を使った気がしないという人もいるのではないでしょうか。

また香料はとくに、必要性が高い添加物だと言えます。どんなに良い成分で製品を作っていても「これは臭いから使わない」と言われたらどうしようもないからです。このあたりは利用者の意識改革が求められるところかもしれません。

製造コストを抑えたい

一般的に、育毛剤には貴重な成分が多く含まれています。そうなると当然価格も高くなってしまいます。天然界面活性剤は高いので石油系界面活性剤を使うというように、少しでも製品を安く作るために、安価な添加物が利用されるという側面もあるのです。

また製造コストを下げるために大量生産をおこないます。そうすると在庫も多くなりますので、長期保存の必要性が高くなります。そうして防腐剤や酸化防止剤が使われるわけです。

育毛剤による副作用を避けるためには?

敏感肌の人が育毛剤を使うなら、なるべく添加物の少ない低刺激の物を選ぶと良いでしょう。そうすることで肌に問題が発生するリスクを減らすことができます。

和漢植物、天然成分で作られている「WAKA」や、ステロイドを服用したり頭皮に塗布していても使える「M-1ミスト」などがその点優れた育毛剤だと言えるでしょう。

WAKA

WAKAの画像 WAKAは水やアルコールでまったく薄めていないという、特徴的な育毛剤です。選び抜かれた8種類の生薬を抽出することで作られています。天然の生薬だけが使われていて、香料や着色料などの添加物は一切入っていません。

ただし原材料が生薬で、しかも香料不使用ですので、多少臭いが気になるという人はいるかもしれません。漢方薬の臭いが嫌いな人は、WAKAの利用は難しいかもしれません。しかしこれは安全性を重視し、生薬の効果を最大限に活かすためにおこなわれていることです。肌が弱いならとくに、いくらかの臭いには我慢して使って欲しいところです。

WAKAの主成分は「甘草」で、古くから薬として使われている植物です。甘草には毛乳頭細胞に作用して発毛を助ける働きや、抜け毛を防ぐ働きが期待できます。

WAKAにはほかに「抗炎症作用」「抗菌作用」「血行促進」「保湿効果」「抗酸化作用」「細胞活性化作用」「消炎作用」「抗男性ホルモン作用」などがあるとされています。

またWAKAは、90日間の返金保証制度が設けられた育毛剤です。育毛剤の場合、短い期間では効果がわかりにくいのですが、長期間の返金保証制度があるために安心して試すことが可能です。

これはメーカーの自信をあらわしている制度だと言ってよいでしょう。ただし、返品時の送料や振込手数料は本人負担となります。

M-1ミスト

M-1ミストの画像

M-1ミストは、「第7回世界毛髪研究会議」で最優秀賞を受賞した育毛剤です。これは斬新な「マイクロセンサー理論」が認められた結果の受賞です。

マイクロセンサー理論とは、M-1ミスト独自の成分である「加水分解酵母」で毛乳頭細胞が刺激され、繊毛が60%増加するというような内容の理論です。

最近の育毛剤では、多くの有効成分を配合するのが流行りとなっています。数十種類の成分が入った育毛剤も珍しくありません。しかしM-1ミストは、それとは違った独自路線を貫いています。

M-1ミストには「加水分解酵母」「加水分解ケラチン液」「グリチルリチン酸2k」「センブリエキス」「ニンジンエキス」などごくわずかな種類の成分しか使われていません。本当に有効な成分を、確実に目的地に届けるという考えなのでしょう。

M-1ミストには、着色料や香料などの添加物は一切入っていません。そのため、アレルギーなどの心配せずに使うことができます。またM-1ミストは、無添加なだけではなく、低刺激にこだわって作成されています。肌が弱い人にはありがたい心遣いだといえるでしょう。

防腐剤が入っていないのは、保存にどうなのかという心配があるかもしれません。しかしM-1ミストでは「温泉酵母」により、防腐剤やアルコールを使わないで済むように作られています。

M-1ミストは成分の種類が少なく、安定したものしか配合されていないため、従来の育毛剤よりはるかに副作用の危険性が低い製品です。敏感肌の人にとっては、まず検討すべき育毛剤だと言えるのではないでしょうか。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!