ローヤルゼリーの作用と上手な摂り方で育毛促進!

ローヤルゼリーは、さまざまな病気に対して有効に働くという実験結果が出ています。このローヤルゼリーは育毛に関しても有益な作用があるのでは、と近年注目を集めています。ローヤルゼリーの効果と、その有効利用法を見ていきましょう。

ローヤルゼリーとは?

有史以来、人類は食用や薬用などさまざまな用途にハチミツを用いてきました。しかしローヤルゼリーの研究はあまり進まず、「ローヤルゼリー」という名称が付けられたのもわずか200年ほど前の事に過ぎません。

それまでハチミツの影に隠れていたローヤルゼリーが注目されたのは、20世紀半ばにとある出来事があってからのことです。

1954年、当時のローマ法王は肺炎におかされ危篤状態に陥っていました。もちろん優秀な医師団が治療にあたっていましたが、法王を救うことはできませんでした。しかし衰弱した法王にローヤルゼリーを投与したところ、病状が改善に向かい、ついにはもとの元気な状態にまで回復しました。

ローマ法王と言えば、世界に10億人以上の信徒がいるとされているローマ・カトリック教会のトップです。その影響力は強く、ローマ法王の命を救ったローヤルゼリーは、世界中で求められるようになりました。

ハチミツとローヤルゼリーの違い

ハチミツの中で高品質なものがローヤルゼリーだ、と勘違いしている方いるようです。しかしハチミツとローヤルゼリーでは、その作られ方も成分もまるで異なっています。

ハチミツは、ミツバチが集めた花の蜜が熟成された物です。ローヤルゼリーは、花粉を材料として、ミツバチが合成した物です。ハチミツは赤みがかった黄色の液体で甘みがありますが、ローヤルゼリーは乳白色のクリーム状で強い酸味があります。

ローヤル(王)という名が表すとおり、ローヤルゼリーはミツバチにとって特別な食べ物です。ローヤルゼリーを食べるのは女王バチだけで、女王バチは生涯ローヤルゼリーだけを食べ続けます。

そもそも働きバチと女王バチは、生まれた時はまったく同じ存在です。それが働きバチと女王バチに分化するのは、ローヤルゼリーを食べているかどうかの違いによります。それだけローヤルゼリーが、特別な食べ物なのだと言うことができるでしょう。

ローヤルゼリーを食べて女王バチとなったハチは、働きバチよりも大きく成長します。また寿命も長く、働きバチが1ヶ月ほどしか生きられないのに対して、女王バチは4年ほど生きることができます。

ローヤルゼリーの成分

ローヤルゼリーは65%程度が水分で、炭水化物が約15%、アミノ酸を含めたタンパク質が約13%、脂質が約3%となっています。ほかに各種のビタミンやミネラル、酵素などが含まれています。

ローヤルゼリーのアミノ酸

人間が体内でタンパク質を作るためには、材料となるアミノ酸が必要となります。アミノ酸の中でも、体内で作り出すことができず、食事から摂取しなければならないものを「必須アミノ酸」と呼んでいます。

人間の場合、必須アミノ酸が9種類あります。食品の中に含まれている必須アミノ酸のバランスを評価した指標に「アミノ酸スコア」というものがあります。アミノ酸スコアの最大値は100で、数値が高いほどその食品の栄養価が高いとみなすことができます。

たとえば白米などは、アミノ酸スコア65点となります。ローヤルゼリーは、このアミノ酸スコアが優秀で、100点となっています。

ローヤルゼリーの脂質

ローヤルゼリーには、デセン酸という脂肪酸が含まれています。このデセン酸は、ローヤルゼリーにしか含まれていないという特殊な栄養素です。

デセン酸が人体にどのように働くかという研究はいまだ途上で、完全にその効果が解明されているわけではありません。しかしすでに、人体に有用な効能がいくつも見つかっています。

デセン酸には、自律神経を整える作用や血中コレステロール濃度を下げる作用、がん細胞を抑える作用があるとされています。

ローヤルゼリーのビタミンやミネラル

ローヤルゼリーには、新陳代謝に欠かせないビタミンであるビタミンB群が多く含まれています。ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、パントテン酸、ナイアシンなどです。

またローヤルゼリーには、多様なミネラルも含まれています。亜鉛、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、リン、鉄、銅などです。

ローヤルゼリーと育毛

ローヤルゼリーは、さまざまな栄養分が含まれた健康食品です。その効果は健康を維持するだけでなく、髪の成長にも良い影響が期待できます。

良質なアミノ酸

髪の毛は、その大部分がタンパク質で出来ています。ローヤルゼリーには、タンパク質の材料となる良質なアミノ酸が含まれていますので、髪の健康な成長を助ける効果が期待できます。

デセン酸

デセン酸にはさまざまな作用がありますが、育毛にも有効に働くと考えられています。まずデセン酸は、女性ホルモンのように働くという特徴があります。女性ホルモンは、髪の成長に密接に関わっていますので、これを摂取することにより髪に良い影響が期待できます。

デセン酸には、皮脂の分泌量を調整する働きもあります。皮脂量が適切に保たれれば、頭皮の状態が改善され、育毛に適した毛髪環境となるわけです。

ほかにデセン酸には、血行促進作用もあるとされています。血液が円滑に流れることにより、毛根に十分な栄養が補給され、髪の毛が健康に育つことができます。

ビタミン・ミネラル

ローヤルゼリーに含まれているビタミンB群には、細胞の新陳代謝を活性化させる作用や皮脂の過剰分泌を抑える作用があります。ほかにもビタミンBは、髪の生成を促す作用も担っています。

ローヤルゼリーには、亜鉛を始めとしたミネラルも豊富に含まれています。亜鉛は育毛を助ける成分として有名ですが、その他のミネラル類も育毛に有用なものです。

ローヤルゼリーの効果的な使い方

ローヤルゼリーは薬品ではなく、健康補助食品です。ですから、この時間に飲むべきだ、というような指針はありません。自分の生活に合わせて摂取すればよいでしょう。

一度に大量にローヤルゼリーを服用しても、効果が大きくなるわけではありません。毎日続けることが重要です。

ローヤルゼリーの種類

販売されているローヤルゼリーには、「生ローヤルゼリー」と「乾燥ローヤルゼリー」ほかに「調整ローヤルゼリー」があります。

生ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーは、ミツバチの巣から採取したままのものです。生ローヤルゼリーは栄養価が高く、もっとも効果を期待できる製品です。ただしいくつか問題もあります。

まず、その独特の味から飲みづらいという問題があります。ローヤルゼリーはハチミツのように甘いものではなく、刺激的な酸味を持った食品ですので、舌に合わないという人も多いでしょう。

また生ものですので保管も難しくなります。ローヤルゼリーにはそれ自体に防腐効果がありますので、他の食品のようにすぐに傷んだりはしませんが、それでも時間が経つにつれ品質が劣化していくのは避けられません。

さらに生ローヤルゼリーは、品質管理の難しさから価格も高めとなっています。

乾燥ローヤルゼリー

一般的に利用されているのは、乾燥ローヤルゼリーでしょう。乾燥されたローヤルゼリーがカプセルに詰められているサプリメントもありますし、乾燥されたローヤルゼリーをパウダーとして売っているものもあります。

ローヤルゼリーパウダーは、飲み物や料理に混ぜて服用ができますが、ひとつ注意点があります。ローヤルゼリーは熱に弱いため、熱い飲み物などに混ぜるのは避けたほうが良いでしょう。熱を加えると、せっかくの栄養素が壊れて効果が弱まってしまいます。

調整ローヤルゼリー

ローヤルゼリーだけではなく、なにか他の成分を加えて作られている製品もあります。このような調整ローヤルゼリーは、ローヤルゼリーの配合量が少なくなってしまうというデメリットがあります。

ただしローヤルゼリーと一緒に配合されている成分によっては、相乗効果により、より高い効果が期待できるかもしれません。それぞれのメーカーにより配合成分は異なっていますので、購入前に調べておくと良いでしょう。

ローヤルゼリー服用の注意点

健康に良く、育毛にも効果を期待できるローヤルゼリーですが、使用にはいくつか注意すべきことがあります。

アレルギー

ローヤルゼリーは医薬品ではありませんので、強い副作用などはありません。しかしミツバチは多様な植物から花粉を集めてくるため、その植物のどれかの成分がアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性はあります。

すでに喘息やアトピーになっている人は、アレルギー反応を起こしてしまう可能性が高まりますので、特に注意が必要でしょう。

ただしローヤルゼリーの服用により、アトピーなどが改善されたという実例も多数あります。ですから、このような症状がある人は医師に相談し、アレルギーテストをした上で服用を始めればよいでしょう。

ほかに、ハチに刺された経験がある人も気をつけたほうが良いでしょう。ハチに刺されると、体がハチの毒に対抗できるよう抗体を作り出します。しかしこの抗体が悪い方に作用して、過剰免疫反応を引き起こしてしまう可能性があります。

これが二度目にハチに刺された時などに起こる「アナフィラキシーショック」ですが、ローヤルゼリーを服用した場合も、同様の症状が起こる危険性は否定できません。過去10年以内にハチに刺されたことがある人などは、服用には慎重を期したほうが良いでしょう。

女性ホルモン様作用

ローヤルゼリーが、女性ホルモンと似た作用を持つことにも注意が必要です。妊娠中や授乳中の女性には、この女性ホルモン様作用が思わぬ影響を与える可能性がありますので、服用は避けたほうが無難です。

女性だけではなく男性が服用する場合にも女性ホルモン様作用は関わってきます。ごく珍しいことですが、ローヤルゼリーの服用により胸が大きくなるなどの女性化症状があらわれる人も存在しています。

さらにローヤルゼリーを大量摂取した場合、精子を作る細胞が破壊されるという副作用も確認されています。

薬との反応

血栓症の治療などで、ワルファリンカリウムなどの血液凝固阻止剤を服用している場合、ローヤルゼリーの使用には注意が必要です。ローヤルゼリーには、ワルファリンカリウムの効き目を強めてしまう作用があるとされているのです。服用前に、担当の医師に相談しておいたほうが良いでしょう。

ローヤルゼリーの別の使い方

ローヤルゼリーの主な使い道は、健康補助食品として服用することです。しかしほかにも有効な使い方はあります。それは肌に直接塗り込むという使い方です。

じっさいにローヤルゼリーが配合された美容製品は多く販売されています。化粧液、乳液、美容液や洗顔料やシャンプーなど、さまざまな製品に使われていて、100円ショップでもローヤルゼリー配合美容液が売り出されているほどです。

ローヤルゼリーには肌を若々しくする力があるとされ、一説には、かのクレオパトラもローヤルゼリーで美しさを保っていたと言われています。

ローヤルゼリー配合育毛剤

育毛剤の中には、ローヤルゼリーが配合されている製品もあります。ローヤルゼリー配合の育毛剤を1年間使い続けたところ、毛髪本数が増加し、髪にツヤとハリが出てきたという研究結果も出ています。

デセン酸が皮脂の過剰分泌を抑えるだけでなく、ローヤルゼリーには毛乳頭細胞を活性化させる働きもあるとされています。またローヤルゼリーを肌に塗ると、皮膚の乾燥を抑え潤いを保つ作用もあると言われています。

ローヤルゼリーを飲まずに使う

生ローヤルゼリーなどは独特の味ですので、買ったは良いが飲みきれないというようなケースも起こりえます。そのような時は、シャンプーなどに混ぜて使うという方法をとっても良いでしょう。

基本的にローヤルゼリーは、肌に塗っても害はないものですので、シャンプーやトリートメントなどに混ぜて使うことが可能です。また、水で薄めてシャンプーの前に頭皮につけるといった方法も考えられます。

余ったローヤルゼリーの処理方法としてではなく、育毛のために積極的にローヤルゼリー液を使っていくのも良いでしょう。ローヤルゼリーは育毛に効果が期待できますが、ローヤルゼリーが配合されている育毛剤はそれほど多くありません。

ローヤルゼリーパウダーなどを購入すれば、簡単に自家製育毛剤を作ることができます。通常の育毛剤と合わせて使えば、相乗効果により、さらなる育毛効果が期待できるでしょう。

ローヤルゼリーを塗って使う場合の注意点

飲むときと同じく、塗って使う場合もアレルギーなどに注意する必要があります。特にローヤルゼリーパウダーなどで自家製育毛剤を作る場合は、必ずパッチテストをおこなってから使用するようにしましょう。

パッチテストのやり方は簡単です。まず二の腕にローヤルゼリー液を塗ってみます。大きさは十円玉ほどで結構です。24時間後に、ローヤルゼリー液を塗った場所を確認し、赤みやかゆみなどの以上が出ていなければ問題ないでしょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!