20代でも生え際が後退していくことはあるの?

20代の人には、薄毛になるという危機感は無いかもしれません。しかし「若年性脱毛症」という言葉もあるように、若いからといって絶対に大丈夫なわけではないのです。

日々の生活環境によっては、若くても生え際が後退してしまうかもしれません。また遺伝により若ハゲになりやすい体質の人も存在しています。

抜け毛が若年化している?

生え際の両側の毛がだんだんと薄くなった状態を「M字ハゲ」と呼んでいます。このM字ハゲは、もともと欧米人に多い症状です。

日本の場合、ある程度の年齢になってから頭頂部の髪が失われていく「O字ハゲ」と言われる症状が一般的でした。

しかし最近では日本国内においても、生え際が後退する人が増えてきています。これは肉食中心の食生活に変わるなど、日本人のライフスタイルが欧米化していることが原因の1つと考えられています。

若ハゲになる危険な生活習慣

若いからといって、無茶な生活をしている人は注意が必要です。若ハゲを促進する生活環境になっているかもしれません。

以下のような条件に当てはまるならば、髪に大きな負担が掛かっていると考えられます。至急、生活習慣の改善に務めたほうが良いでしょう。

     

  • 強いストレス
  • 喫煙
  •  

  • バランスの悪い食事

悩みを抱えているなど、重いストレスは髪にも悪影響を与えます。また、ストレスは円形脱毛症の原因にもなりえます。運動や外出などでストレスを溜め込まないようにしましょう。

タバコは血流を滞らせるために、髪への栄養補給を妨げてしまいます。また育毛の役に立つビタミンCも壊してしまいますので、なるべくなら禁煙することが望ましいと言えます。

食生活も重要です。栄養不足では髪へも栄養が行き届かなくなります。またファーストフードなど、脂質・糖質の多すぎる食事も良くありません。バランスの良い食事を心がけましょう。

若ハゲになりやすい遺伝子

若ハゲの原因は、AGA(男性型脱毛症)かもしれません。男性ホルモンの働きにより、薄毛になってしまうことがありえます。

まず男性ホルモンの分泌量が多い人は、若ハゲになる可能性が高くなります。また毛乳頭細胞にある受容体の感度が高いと、悪玉男性ホルモンの影響を受けやすく危険です。

男性ホルモンの分泌量も受容体の感度も、遺伝による影響を強く受けています。

よく「親がハゲているから俺もハゲるかも」と心配している人がいますが、じっさいに親族が薄毛だと、ハゲになる危険性が高くなるということです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!