体の外と中から育毛!QEPPERを徹底解剖

体の中と外からという「Wの刺激」で頭髪を育てていくのがQEPPERです。育毛剤とサプリメントがセットになっており、育毛剤で体の外から、サプリで体の中から刺激を与えていくようになっているのです。

QEPPERにはどのような効果があるのか、どのような成分が含まれているのか、効果的な使い方はどのようなものなのか、どのように購入すればリーズナブルなのか、使用者の口コミはどのようなものなのかなどについて、徹底解剖していきましょう。

QEPPERの効果はどのようなものなの?

QEPPERの効果は大きく分けて3つです。頭髪の成長を促す効果、頭髪の脱毛を抑制する効果、頭皮の状態を整える効果です。それぞれの効果について説明していきましょう。

頭髪の成長を促す効果

QEPPERの頭髪成長促進効果は、IGF(インシュリン様成長因子)の一種であるIGF-1の生成量を増やすことによって行われるものです。

成長因子とは特定の細胞の増殖を促すタンパク質のことで、IGF-1は頭髪の成長にかかわる細胞の分裂を促す働きがあります。IGF-1の生成量を増やすことは、頭髪の成長そのものを促進させることにもつながるのです。

QEPPERの場合、育毛剤とサプリにこのための成分が含まれています。体の中と外からIGF-1を増やすように働きかけることによって頭髪の成長を促すのです。これに加えて、QEPPERには頭皮の血流を良化させる成分も含まれています。

頭皮の血流を良化させることで毛根に十分な酸素と栄養分が行き渡るようになり、頭髪の成長がさらに促されるというわけです。

医療機関で処方されているミノキシジルは頭皮の血管を拡張して血流を良化させる効果がありますが、これと似たような働きをすると考えていいでしょう。

頭髪の脱毛を抑制する効果

AGA(男性型脱毛症)の治療においては、頭髪の脱毛の原因となる男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑えることが最重要課題となります。

なぜなら、どれほど優れた育毛成分を使用しても、脱毛が抑えられていなければ、頭髪が生える端から抜けるという意味のないことになってしまいかねないからです。実際、医療機関でもDHT生成阻害剤であるフィナステリドの投与が最優先になっているくらいです。

QEPPERには、DHTの働きを抑える成分も配合されています。これによって脱毛を抑え、IGF-1の働きを確かなものにしているというわけです。

頭皮の状態を整える効果

頭皮は頭髪にとっては「畑」のようなものですから、状態が悪化すれば頭髪にも悪影響が出てしまいます。

皮脂の過剰分泌による炎症が原因で起きる脂漏性脱毛症や、頭皮の乾燥によるフケの増加による炎症が原因となる粃糠性脱毛症は、その典型といっていいでしょう。AGAのような内分泌系の問題がなくても、、頭皮の悪化だけで薄毛になってしまいかねないのです。

QEPPERには、頭皮の状態を整える成分も含まれています。頭皮の皮脂分泌量を抑えることで脂漏性脱毛症を防いだり、頭皮の保湿力を高めることで粃糠性脱毛症を防いだりといった具合です。

頭髪の成長力に直接働きかけることこそありませんが、成長を力強くサポートしてくれる「縁の下の力持ち」的な効果といっていいのではないでしょうか。

QEPPERに配合されている成分は?

上記のような効果を発揮させるために、QEPPERにはどのような成分が配合されているのでしょうか。

IGF-1の生成を促す成分をはじめ、それぞれの効果を発揮するために配合されている成分について具体的に説明していきましょう。また、成分表で気になった点についても触れていきます。

IGF-1の生成を促す成分

まず育毛剤の方には、ラズベリーケトンが配合されています。これは頭皮の知覚神経に刺激を与えることでIGF-1の生成を促すものです。

同様にIGF-1の生成を促す物質として唐辛子の辛味成分であるカプサイシンがありますが、こちらは刺激が強すぎて頭皮に悪影響を与える可能性があるため、ラズベリーケトンを配合しているというわけです。

そして、サプリの方にはこのカプサイシンと、大豆イソフラボンが含まれています。カプサイシンで体の内側からIGF-1の生成を促進させ、大豆イソフラボンがカプサイシンをサポートするという仕組みになっています。

名古屋市立大学の享受によって提唱されている理論に基づいたもので、相乗効果によってIGF-1の生成量を増やしていこうというわけです。

頭皮の血行を良化させる成分

育毛剤に含まれているショウキョウチンキと海藻エキス、チンピエキス、サプリに含まれているアスサタキサンチン、ギャバ、ヒハツエキスなどがこれに当たります。

これらの相乗効果によって頭皮の血流を良化させ、毛根に十分な酸素と栄養分を与えていこうというわけです。

頭髪の脱毛を抑制する成分

育毛剤では冬虫夏草エキスとビワ葉エキス、ヒオウギエキス、サプリでは大豆イソフラボンとバナナエキスがこれに当たります。ただ、DHTの働きを抑えるといっても、それぞれ微妙に効果が違っています。

まず冬虫夏草エキスとバナナエキスは、DHTの生成そのものを抑えます。男性ホルモンからDHTが生成されるためには5α-リダクターゼという酵素の働きが必要になってきますが、この酵素の働きを抑えることでDHTの生成を抑制するのです。

ヒオウギエキスと大豆イソフラボンは、女性ホルモンの働きを強めて頭髪の成長を促進させます。実は男性の体内にも女性ホルモンがあり、頭髪の成長を促すなどの効果があります。この効果を強めることで、DHTの働きを抑えようというわけです。

そして、DHTにはTGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種であるTGF-5の生成を促す効果がありますが、このTGF-5こそが毛母細胞の分裂を妨げて薄毛の原因を作り出している張本人なのです。

ビワ葉エキスはこのTGF-5の働きを抑えることで、頭髪の成長を促す働きを持っています。これらの3つの働きによってDHTを抑えているというわけですが、育毛サプリに配合されていることの多いノコギリヤシエキスの姿が見えないのは気になるところです。

頭髪の状態を整える成分

育毛剤に含まれているD-パントテニールアルコールやアロエエキス、サプリに含まれている黒大豆種皮エキスやホエイペプチドなどがこれに該当します。

これらの成分によって頭皮の保湿力を高めたり、皮脂の分泌量を適度に保ったりすることで、頭皮環境を守っているのです。

成分表で気になるところは?

QEPPERの成分表を見ていると、気になる点があります。

それは、エタノールが含まれていることです。エタノールは育毛成分としてではなく、品質保持のために含まれているものですが、頭皮に刺激を与えて赤みやかぶれの原因となってしまうことがあります。

育毛剤を使用して頭皮がかぶれ、頭皮環境を悪化させてしまったのでは、何のために使用したのか分からなくなってしまいます。

QEPPERを使用する際にはエタノールが配合されていることに留意したうえで、いかにして刺激を抑えるようにするかを考えていく必要があるのです。

効果的な使い方は?

QEPPERは育毛剤とサプリ合わせて1万円を切る価格で入手できるため、育毛剤としては決して高い製品ではありません。とはいっても、お金を払う以上はより高い効果を期待してしまうのが人情というものでしょう。

どのように使用すれば、育毛剤の効果を高めることができるのでしょうか。

頭皮が湿った状態で塗布する

上記のようにQEPPERにはアルコールが含まれていますので、刺激を抑えるために頭皮が湿った状態で塗布するのがオススメです。

水分によってエタノールが薄められ、刺激が和らぐからです。育毛剤の効果を高めることだけを考えるならば、水分によって育毛成分が薄められないために、頭皮が乾いている状態で塗布するのがベストです。

頭皮が強い人なら問題ないかもしれませんが、万が一かぶれたときのことを考えると、強くオススメできないのも確かです。

塗布後は頭皮を乾かす

塗布したあとは成分を浸透させるために5分ほど置いたあと、ドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。

湿ったままだと蒸れて頭皮の状態を悪化させてしまいますし、水分によって細菌が繁殖して頭髪がベトつく原因にもなってしまうためです。

夜の入浴後の塗布がオススメ

頭髪の伸びには成長ホルモンが関係していますが、この成長ホルモンは午後10時から午前2時にかけて分泌量が多くなることが分かっています。

つまり、育毛剤をこの時間帯に効果を発揮できるタイミングで塗布すれば、より効果が大きくなるというわけです。最もオススメなのは、夜の入浴後です。

タイミングの良さもさることながら、洗髪によって皮脂が適度に洗い流されているため、育毛成分が浸透しやすくなっているのもその理由です。

頭皮マッサージを併用する

QEPPERには頭皮の血行を良化させる成分が含まれていますが、頭皮マッサージを併用することでさらに血行が良くなり、頭髪の成長がさらに促されます。

実際、ある育毛剤の公式サイトでは頭皮マッサージとの併用が推奨されているくらいです。頭皮マッサージのメリットはそれだけではありません。マッサージによって頭皮が柔らかくなり、育毛成分の浸透力が高まることもメリットです。

特に、AGAによる薄毛が顕著になる頭頂部は頭皮が固くなりやすいとされていますので、マッサージの効果が期待できそうです。

サプリは毎食後に摂取する

サプリには刺激物であるカプサイシンが含まれていますので、空腹時に摂取すると消化器に負担を与えてしまう可能性があります。

食後ならば刺激を抑えることができますし、消化器の働きも活発になっていますので、摂取するならこの時間帯がいいのではないでしょうか。

副作用は大丈夫?

育毛剤を使用する際に副作用が気になってしまう人は多いようですが、これは医療機関で処方されているフィナステリドとミノキシジルに副作用が確認されていることが背景にあります。

フィナステリドは抑鬱症状やED(勃起障害)、ミノキシジルは頭皮のかぶれや湿疹で、特にEDは若い男性にとっては薄毛よりも深刻な悩みの種になってしまいかねません。QEPPERは、基本的に育毛成分による副作用はないとされています。

ただ、上記のように育毛剤にはエタノールが含まれていますので、頭皮の赤みやかぶれが出てしまう可能性はあります。もし頭皮に不調を感じたら使用を中止し、医療機関を受診するようにしましょう。

初期脱毛はあるの?

育毛剤が効果を発揮し始めると頭髪の成長サイクルが整えられますが、このときに一度、頭髪が抜けてしまうことがあります。これを初期脱毛といい、基本的にどの育毛剤にも起きるとされています。

QEPPERにはDHTの働きを抑える成分や、IGF-1の生成を抑える成分が含まれており、これによって頭髪の成長サイクルが整えられるようになっています。この過程で初期脱毛が起きるかどうかについては、否定できないというのが正直なところです。

ただ、初期脱毛は育毛剤が効果を発揮している証拠でもありますし、時間がたてば収まりますので、必要以上に気にしないことです。初期脱毛を気にすることでストレスが生じ、頭皮の血行を悪化させてQEPPERの効果が落ちてしまう可能性があるためです。

QEPPERの口コミはどんな感じ?

QEPPERにはポジティブな口コミもあればネガティブな口コミもありますが、そのどちらにも製品の特徴が表れています。主な口コミを紹介していきましょう。

まずネガティブなものだと「使って2週間だが、それほど効果はない」(30代男性)というものが目につきます。少なくとも即効性については期待できないようです。

ただ、育毛剤というのは基本的に半年ぐらいしないと効果が出てこないとされているので、こうした短期間しか使用していない口コミは、あまり信用できないとしていいでしょう。

逆にポジティブなレビューでは「半年ぐらいたったある日、髪がゆっくりと生えてきた」(40代男性)とあります。やはり効果が出るまでに一定の期間は必要なようです。特筆すべきは、副作用についてのレビューが全く見受けられないことです。

上で触れたエタノールについても、必要以上に心配することはないのかもしれません。

QEPPERのお得な購入方法は?

QEPPERは公式サイトだけではなく、楽天やAmazonといったネットショップでも販売されています。

ネットショップは実店舗を構える必要がないことから、同じ製品を比較的安価に入手できるというメリットがありますが、QEPPERについては当てはまりません。なぜなら、公式サイトで購入する方が断然、お得だからです。

公式サイトで購入するメリットは?

QEPPERは体の中と外から刺激を与えて発毛を促す製品なので、育毛剤とサプリの両方を購入するのがオススメです。ただ、このセットは公式サイトの定期コースでしか入手できません。

ネットショップでは取り扱っていないのです。

育毛剤とサプリがセットになった定期コースは、税込み価格は初回5378円、2回目以降は9720円です。他のネットショップではこのセットを取り扱っていませんので、割高になってしまいます。

QEPPERが本当の効果を発揮するためには育毛剤とサプリの両方が必要であることを考えると、公式サイトが最もお得になってしまうというわけです。

楽天・Amazonでの購入はオススメか?

楽天・Amazonの画像 では、ネットショップの場合、どれほど割高になってしまうのでしょうか。実際に楽天とAmazonの最安値を調べてみましょう。

楽天、Amazonとも最安値は育毛剤7344円、サプリ5184円で、計1万2528円です。どちらもこれに送料が加算されますので、さらに高くなりと考えていいでしょう。1回当たり3000円超の差があるのですから、これはかなり痛いのではないでしょうか。

少なくとも、価格面でネットショップを利用するメリットはないと言っていいでしょう。

薬局での購入は可能なの?

育毛剤を通販で購入するときに心配になるのが、家族に購入がバレてしまわないかということです。

包装紙に製品名が書いてあったり、内容物の欄に「育毛剤」と書いてあったりしたら、目も当てられません。このため、家族にバレないよう、薬局で育毛剤を購入している人も多いようです。問題は、QEPPERは薬局で取り扱っているかどうかです。

「QEPPER 薬局」で検索をかけてみたところ、QEPPERは薬局では取り扱っていないと書かれたサイトが多数ヒットします。薬局での購入については期待できないようで、ちょっと残念かもしれません。

2chでの評判はどんな感じ?

2ちゃんねるの画像 匿名で書き込めるため辛辣な意見が集まってくる巨大掲示板「2ch」ですが、2chの「ハゲ・ズラ」板で検索をかけてみたところ、QEPPERについてのスレッドは発見できませんでした。

2chではあまりメジャーではない育毛剤なのかもしれません。ただ、2chで話題になるときというのは、ほとんどの場合、何らかの問題を起こして炎上しているケースです。

そうした悪い情報もないということで、2chで話題にならないのは「無沙汰は無事の便り」ぐらいに思っておけばいいでしょう。

どのような製品との併用がオススメ?

フィナステリドの画像 QEPPERの成分で不安になるのは、ノコギリヤシエキスが配合されておらず、脱毛抑止力の面で不安があることです。もし強力な脱毛抑止力がほしいのでしたら、フィナステリドを併用してみるのはいかがでしょうか。

個人での購入も可能ですが、副作用を考えるとオススメはできません。医療機関で処方してもらうのがいいでしょう。

また、頭皮ケアの成分が含まれていますが、より効果を確かなものにするためには、アミノ酸系の界面活性剤が含まれているシャンプーを併用するのもいいかもしれません。

石油系の界面活性剤が含まれていると洗浄力が強すぎるため、必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥の原因になるためです。

内容量120mL / 30日
有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミンHCI、ジフェンヒドラミン塩酸塩
効果・効能育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛
単品価格10,800円(送料・代引手数料無料)
継続費用【定期】9,720円(送料・代引手数料無料)
継続費用
※定期価格試算
180日:58,320円
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!