薄毛によく効く薬と言われている「プロペシア」と「ミノキシジル」の効果・副作用まとめ

育毛に効果があるとされている薬品はいくつかあります。その中でも「プロペシア」と「ミノキシジル」は有名ですので、名前を聞いたことがあるかもしれません。この2つの薬品について、その効果と副作用について説明していきます。

プロペシアの効果

プロペシアには、5αリダクターゼの生成を抑える効果があります。そのため、5αリダクターゼの悪作用による薄毛、「AGA(男性型脱毛症)」の改善が期待できます。

プロペシアは医学的にも効果が証明されている医薬品です。そのため、入手には医師による処方箋が必要になります。

臨床試験のデータによると、プロペシアを使用した人の98%が、なんらかの効果があったと言っています。ただしこの効果の多くは、発毛ではなく抜け毛が減ったという意味です。

医学的にはプロペシアは、薄毛の進行を止める薬であるとされています。発毛効果が無いというわけではありませんが、そのあたりは個人差が大きくなります。

プロペシアの副作用

プロペシアの使用は、日本皮膚科学会でも推奨されています。そのため、安全性が高い部類の薬であるといえるでしょう。

もちろん薬品である以上、副作用が全くないということはありえません。じかし重篤な副作用が出たという報告は、ほとんどされていません。

よくある副作用は、男性機能の低下・性欲の減退です。1%弱ほどの人がなんらかの変化を受けるようです。

また肝臓機能の低下も報告されています。こちらは重大な肝機能障害が起きたという事例もありますので、もしも発症したらすぐに医師に診てもらわなくてはいけません。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、もともと血圧を下げる薬として開発されました。しかし服用した患者が毛深くなるという症状があらわれたため、育毛剤としても研究されるようになりました。

ミノキシジルは十分な臨床試験がなされていないため、どのような理由で毛が生えるのかは不明です。しかしミノキシジルに育毛効果があるのは確かなようです。

使用した人の多くが、発毛効果を感じています。塗り薬よりも、内服薬として使用した方が効果が高くなっています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは血圧を下げる薬であるために、他の降圧剤を使っていたり、血圧が低い人は血管に負担がかかります。

結果として、心臓などに重篤な副作用がでる恐れがありますので注意が必要です。内服薬として使用した場合は、副作用も強くあらわれる危険性が高くなっています。

また、発毛効果があるのは髪だけに限りません。腕毛やすね毛なども伸び、毛深い印象を与えるようになる可能性があります。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!