プロペシアは一生飲み続けなければならない?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬といえば、プロペシアが有名です。AGAの原因となる物質を減らして抜け毛を抑える効果があり、3年間の使用でAGAが悪化した人はわずか2%という優れものです。ただ、このプロペシアにも困った点があります。それは、AGAの治療のためには一生、服用を続けなければならないということです。

そもそもプロペシアとはどういう薬なの?

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質ですが、このDHTの生成を抑えてくれるのがプロペシアなのです。

DHTは頭部においてTGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種であるTGF-βと、FGF(線維芽細胞増殖因子)の一種であるFGF-5という2つの成長因子の生成を促します。TGF-βには毛母細胞の分裂を抑えて頭髪の成長を阻害する働き、FGF-5には頭髪に「抜けろ」という命令を出して脱毛を促す働きがあります。これによって薄毛になってしまうというわけです。

プロペシアの主成分はフィナステリドというものです。男性ホルモンからDHTを生成するためには5α-リダクターゼという酵素の働きが必要になりますが、この酵素の働きを抑えることでDHTの生成を抑える働きがあるのです。

もともとフィナステリドはAGAと同様にDHTが原因で起きる前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、DHTの生成抑制がAGAにも効果があることが分かったため、AGAの薬としても処方されるようになったという経緯があります。

ちなみに、AGAが必ず額の生え際が後退する「M字ハゲ」か、つむじの周辺が次第に薄くなっていく「つむじハゲ」になるのは、前頭部と頭頂部に5α-リダクターゼが偏在しており、DHTが生成されやすくなっているためです。

なぜ一生飲み続けなければならないの?

では、なぜプロペシアをずっと飲み続けなければならないのでしょうか。それは、プロペシアの服用を中止すると「元の木阿弥」になってしまうからです。

そもそもプロペシアは、DHTが生成されやすい体質を改善する薬ではありません。あくまでも薬によって一時的にDHTの生成をストップさせるものなのです。もしプロペシアの服用をやめてしまうと、5α-リダクターゼはプロペシア服用以前と同じような働きに戻ってしまいます。これはDHTの生成量が元通りになり、TGF-βやFGF-5の生成量が再び増加し、薄毛になってしまうことを意味しています。

これはプロペシアだけではなく、新しいAGA治療薬であるザガーロ(有効成分・デュタステリド)についても同じです。5α-リダクターゼの働きを抑えるという意味では、どちらも同じだからです。

プロペシアの怖い副作用とは?

このように、プロペシアはAGA治療を続ける限りは服用しなければならない薬であるため、副作用の存在が大きな問題となってしまうのです。

プロペシアの添付文書によると、副作用にはED(勃起障害)や性欲減退、抑鬱状態、女性化乳房などが副作用として確認されているといいます。これは、プロペシア服用によって血中の男性ホルモン濃度が低下してしまうことが関係しているとされています。

プロペシアは男性ホルモンの分泌量を減らす効果はないはずなのに、なぜこのようなことが起きるのかについては完全には解明されていません。現時点では、プロペシアがDHTの生成を阻害することで血中の男性ホルモン濃度が上がるため、睾丸が男性ホルモンの分泌量を抑えているうちに機能が低下してしまうという説が有力視されています。

そして、プロペシアの最も怖いところは、服用をやめた後でも副作用を発症するPFS(ポストフィナステリドシンドローム)が起きる可能性がある点です。PFSについては現時点では効果的な治療法が確立されていないだけに厄介で、PFSを発症した人の力になるための国際的な財団が設立されるほど大きな問題となっているのです。

プロペシアは医師に処方してもらうべき薬

プロペシアを最もリーズナブルに入手する方法は、個人輸入代行業者を使うことです。AGAクリニックで処方してもらうと月に1万~2万円必要ですが、個人輸入代行業者に頼むと2000円台で入手できるのですから、大きな差です。

ただ、個人でプロペシアを入手した場合、副作用が起きたときには自己責任で対応せざるを得なくなってしまいます。生涯にわたって服用を続けなければならない薬で、しかも副作用があることが確認されているにもかかわらず、自己責任で対処しなければならないというのはリスクが大きすぎます。

プロペシアは、たとえ高くても医療機関、それもAGA治療を専門に行っているクリニックで処方してもらう方がいいでしょう。素人よりは副作用対策のノウハウを持っているので、個人購入よりは安心して服用することができるためです。生涯にわたって付き合わなければならない薬である以上、安全性についてはある程度の担保が必要になってくるというわけです。

プロペシアは確かに効果的な薬かもしれませんが、一生服用を続けなければならないことや、副作用があることなどが問題になってきます。服用を続ける限り、副作用の発症はどうしても心配になってしまいますので、副作用対策のノウハウを持っている医療機関で処方してもらうべきです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!