プロペシアは10代からでも使えるの?副作用は?代替のAGA対策も教えます!

AGA(男性型脱毛症)発症は若年化する傾向にあり、10代で発症という臨床例も確認されています。AGAの治療薬と言えばプロペシアが有名ですが、そもそもプロペシアは10代でも使用することが可能なのでしょうか。

プロペシアは10代には使用不可

結論から書きます。プロペシアは10代には使用不可です。医療機関でも処方が認められていません。もし10代にプロペシアを処方してくれるような医療機関があったら、あまり質が良くないので別の医療機関に代えることを検討した方がいいぐらいです。

これについては、プロペシアの添付文書にはっきりと「小児等に対する安全性及び有効性は確立していない」とはっきりと記載されているのです。公式にダメと書いてあるのですから、仕方ありませんね。

では、なぜ10代には処方できないのかといえば、AGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の働きに関係しています。

10代はまだ男性器が成長している時期ですが、この成長に必要となってくるのがDHTなのです。頭髪への悪影響のため「悪玉」扱いされているDHTですが、実は男性にとって欠かせないものなのです。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5α-リダクターゼという酵素の働きを抑え、DHTの生成を阻害するものです。もしプロペシアを10代に投与すると、DHTが不足して男性器の成長が阻害されてしまう可能性があるのです。

単にサイズが小さくなるというだけではなく、睾丸にも悪影響が出ますので、最悪の場合、生殖機能に影響を与えてしまいかねません。

未成年にプロペシアの投与が認められていないのは、こうしたリスクがあるためなのです。

なぜ10代でもAGAになり得るのか

では、なぜ10代でもAGAになってしまうのでしょうか。それは、10代後半から男性ホルモンの分泌量が増加することと関係しています。

子供のころはたとえ男性であっても、男性ホルモンの分泌量は多くありません。このため、由来物質であるDHTの生成量も少なく、AGAの発症に至らないというわけです。

ところが10代後半になって男性ホルモンの分泌量が増えてくると、それに従ってDHTの生成量も増加してきます。男性の場合、女性ホルモンの分泌量がDHTの働きを抑えられるレベルにありませんので、DHTが増えれば必然的にAGA発症のリスクも高くなってくるというわけです。

ただ、DHTが増加したときにAGAを発症するかどうかは、DHTの受容体の感度に左右されます。DHTを受けてTGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種であるTGF-βという成長因子を生成するのは、この受容体の働きなのです。受容体の感度が高ければ高いほど、TGF-βの生成量は増えます。

問題は、TGF-βは毛母細胞の分裂を抑制し、頭髪の成長を阻害する働きを持っていることです。DHT受容体の感度が極めて高い人は、10代であってもTGF-βの生成量が大幅に増え、頭髪の成長が阻害されて薄毛になってしまうというわけです。

ちなみに、DHT受容体の感度が高いか低いかは、遺伝によって決まります。性染色体であるX染色体上に、DHT受容体の感度の高さを決める遺伝子があるのです。男性のX染色体は必ず母親からもたらされるものなので、AGAになりやすいかどうかは父方ではなく、母方の遺伝子が影響しているのです。父や父方の祖父がAGAを発症していても、自分には全く関係ないということになります。

10代でできるAGA対策とは?

プロペシアが使用できない以上、AGAを発症している10代は別の方法で対策を行う必要があります。主な方法としては育毛剤の使用、食生活の改善、シャンプーを代えることなどが考えられます。

育毛剤については、10代でも使用できる製品がほとんどなので、どうしても気になるようならば親と相談して使用してみるのもいいかもしれません。ただ、リアップなどミノキシジルが配合されている製品は、10代の使用がダメと明記されていますので、注意してください。

食生活については、頭髪に必要な栄養分を摂取しているかどうかがカギです。偏食などによって、栄養分が不足している可能性があるからです。具体的にはタンパク質と亜鉛、ビタミンB2、B6が頭髪の成長に必要な栄養分です。

これらの栄養分が含まれている食材を積極的に摂取していきましょう。

そして、シャンプーの中でも洗浄力が高すぎるものは、頭皮を乾燥させて炎症の原因となり、薄毛を進行させてしまいかねません。成分表にラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなど、陰イオン系の界面活性剤が記載されている製品は、間違いなく洗浄力が過剰です。薄毛が気になる人は、アミノ酸系の界面活性剤が配合されているシャンプーを使用するようにするのがオススメです。

10代のAGAは、発症のメカニズムを考えれば十分にあり得ることなのです。10代のうちはプロペシアが使えないことに留意し、育毛剤や生活習慣の改善で進行を防いでいきましょう。10代で極端に進行してしまうことはほとんどありませんので、プロペシアは20代になってからでも遅くないのです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!