若年性脱毛症と壮年性脱毛症の違いはagaを発症したときの年齢?!

薄毛の症状を表す言葉として、よく「若年性脱毛症」と「壮年性脱毛症」というものが使われます。このふたつは、どのように使い分けられているのでしょうか。

じつは若年性脱毛症も壮年性脱毛症も、正式な医学用語ではありません。薄毛の症状をあらわすために便宜的に作られた単語なのです。そのため、明確な定義というものはありません。

しかし一般的には、まだ若く薄毛が進行するはずがないのにハゲてしまったのを若年性脱毛症、働き盛りの年齢の人がハゲてしまったのを壮年性脱毛症と呼んでいます。また壮年以上の年齢の人の薄毛は「老人性脱毛症」と呼称しています。

若年性脱毛症とは

具体的には、10代から30代の人が薄毛になった時に若年性脱毛症と呼ばれています。薄毛になる原因として、男性型脱毛症(AGA)が多いのですが、それだけに限定はされません。

まだハゲるはずがない若いうちからの薄毛のため、AGA以外の問題が起きている可能性も高くなっています。頭皮の皮脂の過剰分泌で起こる「脂漏性脱毛症」や、大量のフケが毛穴を塞いでしまう「粃糠性脱毛症」なども疑ったほうがよいでしょう。

AGAにしろ、そのほかの病気にしろ、生活環境の問題で発症してしまっている可能性が高いといえます。とくに10代から薄毛が進行している場合は、生活環境の改善を心がけるべきでしょう。なぜなら日本人の場合、10代で脱毛症が発症することはまれだからです。

壮年性脱毛症とは

“壮年”とは働き盛りの年齢のことで、40代から50代で薄毛になった時に、壮年性脱毛症と呼ばれています。人によっては30代後半から壮年性脱毛症と言うこともあります。

若年性脱毛症と違って、壮年性脱毛症の場合は、その原因の多くはAGAであるとされています。食事やストレスなど、生活環境がAGAには影響します。しかし、一度発症してしまったAGAは、生活環境を改善しただけでは治りません。

皮膚科やAGA専門のクリニックに通院するなり、AGAに効果があるとされる育毛剤を使うなり、何らかの対応が必要となるでしょう。

また円形脱毛症など、AGAと違う原因で薄毛が進行している可能性もあります。そのような場合は、AGAに対する治療では効果を発揮しませんので、適切な治療を施さなければいけません。

老人性脱毛症

60代以降の薄毛を老人性脱毛症と呼んでいます。こちらはAGAの影響というより、細胞の老化によって自然に髪が抜けていくことが普通です。髪が細くなり、頭部全体の毛が抜けていきます。

生物に不可避の老化現象による脱毛なので、対処は困難です。しかし運動や食事など、生活環境を見直すことによって、薄毛の進行を遅らせることが期待できます。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!