パーマはハゲを加速させる?頭皮へのダメージも育毛に悪影響

オシャレのためにパーマをかける人は多いでしょう。パーマをかければ簡単にイメージを変えることができますし、髪にボリュームが出て薄毛隠しにもなります。

しかしパーマは髪に悪く、ハゲの原因になるともよく言われています。いくらカッコいい髪型にしても、薄毛が目立つようなら台無しでしょう。さて実際のところ、パーマと育毛に関係はあるのでしょうか?

パーマのメカニズム

パーマと育毛の関係を述べる前に、簡単にパーマのメカニズムについて説明しておきましょう。

髪の結合

髪の毛は4つの結合の力によって、その形を保っています。「水素結合」「イオン結合」「シスチン結合」「ペプチド結合」の4つがそれです。

水素結合

水素結合は、水素と酸素が結びついたことによる結合です。結合の力が一番弱く、水に濡れるだけで簡単に結合が切断されてしまいます。

髪を洗った後、良く乾かさずに寝たりすると寝癖がついてしまうのは、この水素結合に関係しています。水で濡れると水素結合が切断されますが、髪が乾けば結合はもとに戻ります。結合が戻る時に変な髪型になっていると、その形で固定され寝癖になってしまうわけです。

イオン結合

イオン結合は塩結合とも呼ばれています。プラスイオンとマイナスイオンが、電気的に結びついた結合です。イオン結合は、ph4.5~5.5の弱酸性でもっとも結合力が強くなります。弱酸性のシャンプーなどが髪に良いと言われているのは、このことによります。

シスチン結合

髪の毛の大部分は、ケラチンというタンパク質の一種からできています。ケラチンの特徴として、他のタンパク質よりシスチンという名のアミノ酸が多く含まれていることが挙げられます。

シスチンはシステイン分子が結合してできていて、このシステイン分子の結合をシスチン結合と呼んでいます。シスチン結合は、水素結合やイオン結合よりはるかに強固で、通常はその結合を切断することはできません。

ペプチド結合

ペプチド結合はアミノ酸同士の結合です。その結合力は非常に強く、強い酸性や強いアルカリ性などの特別な状況でしか、ペプチド結合は切断されません。

パーマのやり方

パーマは、「1剤」と「2剤」という2種類の薬剤を使うことによりおこないます。1剤で髪の結合を切断し、2剤で切断された結合を再び元に戻します。つまりパーマとは、いったん髪を溶かし、形を変えた上で固め直すものと考えることができます。

1剤

1剤を塗ることにより、その水分で、まず水素結合が切断されます。また1剤はアルカリ性ですので、髪のphがアルカリ性にかたむき、イオン結合も切断されます。そして1剤に含まれている還元剤が、シスチン結合を切断する働きをします。

2剤

2剤では、酸化剤の作用によりシスチン結合を再結合させます。2剤で戻るのはシスチン結合だけで、水素結合とイオン結合は切断されたままです。しかし水素結合は髪を乾かす過程で元に戻りますし、イオン結合もphが安定することで元に戻ります。

パーマと薄毛の関係

パーマのメカニズムを確認したところで、今度はパーマと育毛の関係について見ていきましょう。

髪へのダメージ

これまで記した通り、パーマとは髪の内部の結合を切断する作業です。これが髪の負担にならないわけがありません。

また髪の表面は、キューティクルというウロコ状のかたいタンパク質が守っています。しかしパーマ剤は還元剤を髪内部に送り込むために、このキューティクルをこじ開けて弱めてしまいます。

この髪へのダメージによって、抜け毛が増えるということはありません。しかしパーマをかけた髪は弱り、細くなり、切れやすくなってしまいます。このように切れ毛が増えれば、髪の密度が減り薄毛になっているように見えてしまうでしょう。

1回のパーマのダメージ

パーマが、髪の毛にダメージを与えることは間違いありません。ただし1回パーマをかけただけで髪がボロボロになってしまうかと言えば、そんなこともありません。最近では髪への負担が少ない薬剤も開発されてきています。

しかしパーマをかける回数が多くなるほど、そのダメージは蓄積されていき、髪への負担も多くなっていきます。また加熱しながらのパーマであるホットパーマなどでは、髪への負担が増加します。

ちなみにパーマ剤は、薬機法上の分類で医薬部外品として登録されています。それだけパーマ剤は取扱に注意が必要だということなのですが、近頃ではパーマ剤と似た働きを持つカーリング料というものが登場しています。

カーリング料は医薬部外品ではなく、化粧品という分類になります。カーリング料を使ったパーマは、コスメパーマなどと言われ、取り扱う美容院も増えています。

一般にカーリング料によるパーマは、パーマ剤によるパーマより、かかりが弱めですが、しかし原理は同じです。化粧品であるからと言って、髪へのダメージが無いわけではありませんので注意しましょう。

頭皮へのダメージ

パーマで髪が傷んで切れ毛が増えても、それは一時的なものです。パーマをやめてしばらくすれば、新しい健康な髪が生えてくるでしょう。しかしパーマによるダメージは、髪だけではすみません。

医薬部外品に指定されていることからも分かるとおり、パーマ剤には強い成分が含まれています。パーマをかけている美容師さんを思い浮かべてみればわかると思いますが、彼らは素手でパーマ剤に触ったりはしません。

この刺激が強い薬剤が頭皮に付着すれば、頭皮に良くないのは当然のことでしょう。理論的には、パーマ剤を付ける必要があるのは髪だけです。しかしパーマ剤を浸透させるために置く時間もありますし、現実的には頭皮への付着は避けられないでしょう。

パーマ剤が頭皮に付着すると、炎症性脱毛症や接触性皮膚炎が引き起こされる可能性があります。パーマをかけたあとに、頭皮にかゆみやかぶれができる人は特に注意が必要です。それは炎症の症状ですし、それが発展すると炎症性脱毛症につながってしまいます。

炎症性脱毛症にまではいかなくても、頭皮環境が悪くなれば髪の成長にも悪影響がでてしまいます。パーマをおこなう回数が増えるほど、頭皮環境が悪化すると考えておいたほうが良いでしょう。

パーマとAGA

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンによって引き起こされる症状ですので、パーマをかけたからと言ってAGAが進行するということはありません。ただし頭皮環境が著しく悪化すれば、発毛が妨げられ、薄毛になってしまうことは考えられます。

パーマでハゲないために

育毛のことを考えるなら、パーマをかけないほうが無難です。しかしパーマで気分を変えたい時もあるかもしれません。そのような場合は、なるべくパーマによるダメージを抑えられるように対策を取るべきでしょう。

美容院でかける

ドラッグストアなどでパーマ剤を購入すれば、自分でパーマをかけることは可能です。しかし育毛の観点からは、それはおすすめできません。自分でパーマ剤を使うと、どうしても薬剤が頭皮に付着すると危険性が高まってしまうからです。

美容師さんの腕によっても、頭皮へ薬剤が付着する可能性は変わりますので、評判の良い人を選んで頼みましょう。また、かぶれやすかったり敏感肌だったりする人は、そのことを事前に言っておきましょう。美容師さんの方で気を使って作業してくれるはずです。

また、美容院に行く前はシャンプーをしてから、という人も少なくないでしょう。しかしパーマをかける場合は、事前に髪は洗わないほうが良いでしょう。通常の美容院では、パーマ前にプレシャンプーをしますので、洗っていく必要はありません。

逆に二度も髪を洗う事になると、頭皮の皮脂が少なくなりすぎて、パーマ剤のダメージを防げなくなってしまいます。

ちなみにパーマ前のプレシャンプーでは、軽くしか髪を洗わないということに気づいている人もいるかもしれません。プレシャンプーが軽めなのは、美容師さんが手を抜いているわけではなく、皮脂を取りすぎて頭皮にダメージがいくことを防ぐためなのです。

回数を限定する

パーマをかける回数が増えるほど、頭皮へのダメージが蓄積されるというのは書いてきたとおりです。ですから、パーマをかけるとしても、その回数は少なめにしておきましょう。数ヶ月に1回程度なら、髪と頭皮への影響は小さくてすむでしょう。

髪のケアを忘れずに

パーマの後は髪が傷み、頭皮も敏感になっています。しっかりとケアをしないと、炎症などの原因になりかねません。

まずパーマ当日のシャンプーは我慢してやめましょう。シャンプーで刺激を与えるのは得策ではありませんし、パーマ自体も長持ちしなくなります。また翌日から髪を洗うシャンプーも、安物ではなくアミノ酸系シャンプーなどの頭皮に優しいものを選びたいところです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!