育毛剤に含まれてるパラベンが頭皮に与える影響とは?

育毛剤にはさまざまな成分が含まれていますが、「パラベン」という成分が入っている製品もあります。しかし化粧品などでは「パラベンフリー」と言って、パラベンが入っていないことを売り文句にしている物をよく見かけます。

パラベンとは人体に有害な成分なのでしょうか。そして頭皮にはどのような影響をあたえるのでしょうか?

パラベンとは?

パラベンの正式名称は「パラオキシ安息香酸エステル類」と言います。エステル類とあるように、パラベンには「メチルパラベン」「エチルパラベン」「ブチルパラベン」「プロピルパラベン」などいくつかの種類があります。

パラベンは白色の粉末、あるいは無色の結晶で、臭いはほとんどありません。パラベンには雑菌の繁殖を抑える働きがあり、80年以上も前から防腐剤として活用されてきました。

防腐剤としてのパラベン

パラベンは長い間にわたって防腐剤として使われてきましたし、現在でも使われ続けています。使われ続けているということは、当然パラベンには優れた点が多くあるということになります。

まず第一に、パラベンの抗菌効果が非常に高いことが挙げられます。現在では「フェノキシエタノール」や「ブチレングリコール」なども防腐剤として使用されていますが、パラベンは他の防腐剤より少量を配分するだけで十分な効果を得ることが可能です。

またパラベンは抗菌効果が高いだけでなく、カビや細菌などさまざまな種類の微生物に効果があるため、汎用の防腐剤として優れています。

他にパラベンには、安定性が高く長期間に渡って防腐効果を発揮し続けてくれるという利点もあります。さらにパラベンは安価で大量に作れるため、どのような製品に入れるにしろ、他の防腐剤よりコストを削減することが可能です。

このように優れた特質を持つため、パラベンは育毛剤や化粧品以外に食品にも添加物として使用されています。

パラベンと頭皮

さて防腐剤として優れているパラベンですが、肝心の頭皮への影響はどのようなものなのでしょうか。「アレルギー」と「過酸化脂質」の問題が考えられます。

アレルギー

まずパラベンは、旧薬事法で指定成分にされていたように、アレルギーを誘発する可能性のある物質となっています。ただしアレルギーになる割合は低く、パラベン使用者1000人のうち2~3人ほどがアレルギー反応を示す程度だとされています。

アレルギー反応が出ると頭皮がかぶれたり痒みがでたりしますので、頭皮環境が損なわれることになります。そうなれば当然育毛にも悪い影響が及ぼされるわけです。

ただし、パラベンは使われてきた歴史が長い分、研究も進められています。たとえば、数種類のパラベンを混ぜて使用すると、より少ない分量で高い抗菌効果を発揮することがわかっています。

このように製品に含まれるパラベンの量を少なくすることにより、アレルギーが発生する可能性を下げる試みがなされています。とは言え、低い確率ですがアレルギーになってしまう人は存在しています。そうなったら、パラベンが入っていない育毛剤に変えるなどの対処が必要になるでしょう。

過酸化脂質

メチルパラベンはパラベン類の中でも刺激が少ないため、多くの製品に利用されています。しかしこのメチルパラベンを塗った場所に紫外線が当たると、皮脂が酸化して過酸化脂質が通常より多く作られてしまうと言われています。

過酸化脂質が増えると、頭皮環境が悪化し、ニキビができるなど頭皮に問題が起こりやすくなるとされています。さらに頭皮細胞の老化現象が加速してしまうとも言われていて、育毛にマイナスに働くことが懸念されます。

ただし、過酸化脂質の増加や老化現象が起こるのは、相当量のパラベンを塗った場合のこととなります。育毛剤や化粧品などに入っているパラベンはごく少量ですので、現実的には影響は少ないだろうと思われます。

その他のパラベンの問題点

パラベンは、アスピリン喘息を引き起こす誘発物質の1つであることが知られています。アスピリンやインドメタシンなどで喘息を起こしたことがある人は、なるべくパラベン入りの育毛剤は避けたほうが無難でしょう。

パラベンと環境ホルモン

他にパラベンは、「内分泌かく乱物質」ではないかという疑いがかけられています。内分泌かく乱物質は、一般的に「環境ホルモン」などと言われていて、体内の正常なホルモンの働きを邪魔してしまうとされています。

大量にパラベン摂取すると、精子減少やがん発症率の上昇、胎児への影響などさまざまな問題が引き起こされる可能性があります。

このような環境ホルモン作用があるかどうかは、パラベンの種類によって異なっており、ブチルパラベンとプロピルパラベンは、妊娠中の母体や胎児などに悪影響があるのではと考えられています。

問題点として、どの種類のパラベンであっても「パラベン」とだけ表示するだけで良いことになっているというものがあります。そのため、じっさいに使われているパラベンがどのタイプなのか、成分表示を見てもわからない場合があります。

ただしアレルギーなどと同じく、育毛剤などで使われているパラベン量はごく少ないために、体に異常が出るような可能性は低いと考えられています。

しかしヨーロッパで、食品添加物としての使用が禁止されたり、国際的な食品添加物評価機関で使用が禁止されるなど、口からパラベンが入ることが減ってきているということには留意すべきかもしれません。

口から摂取するのと違い、皮膚につける育毛剤の場合は、体への影響はより少なくなると考えられますが、成分の蓄積などもあり、絶対に問題が起こらないとは言い切れません。

パラベンが入っているとダメなの?

これまでパラベンの問題点について挙げていきました。たしかにパラベンは、皮膚に良い成分ではありませんし、体にも良い成分ではありません。使われている量が少ないために、じっさい異常が起こる可能性は低いのですが、しかし少なくともプラスに働く成分ではないのです。

けれどパラベンフリーの製品を選ぶべきかと言うと、必ずしもそうとは断言できません。なぜなら、パラベンを入れないことによるマイナス点も多くあるからです。

育毛剤が腐る

パラベンは優秀な防腐剤です。これを育毛剤に入れないとどうなるでしょうか? 答えは、すぐに育毛剤が腐り、成分が劣化してしまうということになります。一般に育毛剤には髪と頭皮に栄養を与える成分が含まれているため、その成分が微生物と餌となってしまいます。

育毛剤は1回で使い切るような製品ではありませんし、使うたびに冷蔵庫で保存するようなものでもありません。ですから防腐剤が入っていないと、とても品質を保つことができないのです。

もしも腐った製品を使ってしまうと、想定される育毛効果を発揮できないことはもちろん、頭皮環境が悪化し、育毛どころか抜け毛が増えるということにもなりかねません。

他の防腐剤が入っている

すぐに腐るものを販売する訳にはいきませんから、パラベンが入っていなくても他の防腐剤が入っている可能性が高くなります。ブチレングリコールやフェノキシエタノールなどが代表的な代替品となりますが、これらはこれらでアレルギーなどの問題点があります。

基本的には、1回使い切りの製品でなければ何らかの防腐剤は入っていると考えて良いでしょう。あるいは天然由来成分の防腐剤が使われているかもしれませんが、天然成分だから安全であるとも限りません。天然のものだから、マムシの毒が体に良いと言う人などいないでしょう。

結局パラベンが入っていないと言うだけで、使用するリスクは変わらないという事になります。むしろパラベン以外の防腐剤は、効果が弱いせいで量を増やさざるをえないため、より影響が強くなることも考えられます。

キャリーオーバー

表示成分にパラベンが書いていない製品を選んでも、じっさいにはパラベンが含まれている可能性があります。なぜそのようなことが起きるかと言うと、キャリーオーバーという現象があるからです。

たとえば育毛剤に、なんらかの花を原料とする成分が入っているとします。この花からエキスを抽出し保存する時にパラベンを使っていたとしても、最終的な製品の表示成分には記載する必要がありません。

しかし記載はされていなくても、それぞれの原料にパラベンが残留している可能性は十分にあります。これがキャリーオーバーと言われているものです。つまりせっかくパラベンの成分を気にしていても、無駄になる可能性も十分にあるわけです。

結論として

パラベンは育毛の邪魔になる可能性がある成分です。しかし入っている量が少ないために、じっさいに影響が出ることは殆どないと考えられます。食品への添加が許可されていることからも、かなり安全性の高い防腐剤と言うことができるでしょう。

どちらにせ防腐作用がある成分は必要になりますので、育毛剤を選ぶ時にパラベンの有無を気にする必要はないと考えられます。パラベンは、化粧品メーカーなどによるパラベンフリーの宣伝などにより、必要以上に悪い成分だと思われてしまっているきらいがあります。

ただし育毛剤を使ってアレルギーなどの症状が現れてしまった場合は、パラベンを疑ってみるべきでしょう。そして他の成分ではなくパラベンが問題だと確定したら、速やかに利用をやめなければいけません。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!