脂性肌の人に最適な育毛剤の選び方とは?

さまざまな育毛剤が販売されていますが、「これさえ選んでおけば絶対に大丈夫」という製品はなかなかありません。なぜならば個々人の髪質や肌の状態によって、最適な成分が変わってくるからです。

特に脂性肌の人は、すでに頭皮環境が悪い状況ですので、使用する育毛剤やシャンプーなどに気を配ったほうが望ましいでしょう。男性は女性より皮脂の分泌量が多く、脂性肌になりやすい傾向がありますので、より注意が必要です。

脂性肌のタイプ

自分の状態に最適な育毛剤を探すためには、まず脂性肌のタイプについて理解する必要があります。脂性肌には、元から皮脂の分泌量が多い「通常タイプの脂性肌」と、乾燥により皮脂が過剰分泌された「インナードライタイプの脂性肌」の2タイプがあります。

通常タイプの脂性肌

油分や糖分の摂りすぎや、思春期によるホルモンバランスの乱れによって、皮脂が多く分泌されているのが通常タイプの脂性肌です。皮脂が多いため肌内部の水分は保たれていますが、頭皮はベタつき、さまざまなトラブルが起きやすくなっています。

インナードライタイプの脂性肌

頭皮のバリア機能が低下し、肌が乾燥しすぎている場合も脂性肌になります。乾燥から肌を守るために、体が防衛反応として皮脂を多く分泌するようになったのがこのタイプです。

皮脂が過剰分泌されているという状態は同じなのですが、どう対処すればよいのかはまったく異なります。乾燥による脂性肌の場合、表面上は肌がベタついていますが、肌内部では深刻な水分不足が進行している危険性があるのです。

脂性肌の症状があらわれている人のうち、半数ほどはこのインナードライタイプだとも言われています。自分がどちらのタイプの脂性肌なのか、しっかりと見極めることが重要です。

過度の飲酒や暴食、あるいは思春期や大きなストレスによるホルモンバランスの乱れ。こういったものに当てはまらないのに脂性肌になっているのなら、乾燥肌の進行によるインナードライタイプの脂性肌になっている可能性が高いと言えるでしょう。

脂性肌の人が選ぶべきシャンプー

脂性肌の人は、育毛剤による毛髪の成長を試すだけでなく、頭皮環境の改善を考えたほうが良いでしょう。皮脂が多すぎると毛穴が詰まり、育毛剤を使っても有効成分が頭皮に浸透しづらくなってしまいます。頭皮環境を改善することにより、育毛剤の効果も発揮されやすくなるでしょう。

前述したように、脂性肌には大きく分けて2タイプがあって、シャンプーの選び方も違ってきます。自分の頭皮状態に適した製品を使ってみましょう。

通常タイプの脂性肌なら

皮脂が増えすぎると毛穴が詰まり、頭皮環境が大きく損なわれます。毛穴が詰まると皮膚呼吸が滞り、外部から毛根に供給される酸素が途絶えてしまいます。毛細血管を通る血液によっても酸素は供給されているため、毛穴が詰まっただけで毛根が酸欠状態になるというわけではありませんが、髪の成長に悪影響が及ぼされてしまうでしょう。

また、皮脂は雑菌の栄養分になるため、頭皮の衛生状態の悪化も懸念されます。このような事を避けるためにも、多すぎる皮脂をしっかりと落とせる洗浄力を持ったシャンプーを選ぶ必要があるでしょう。

ただし、洗浄力が強すぎるシャンプーでは逆効果になってしまうこともあります。皮脂をすべて取ってしまうと、皮膚が乾燥してインナードライタイプの脂性肌になってしまうケースが考えられるからです。

値段が安く洗浄力が強い製品は、成分が強すぎて皮膚に負担がかかりすぎる傾向があります。安いシャンプーには、「ラウレス硫酸」などの硫酸系の成分が使われていることが多く、これは頭皮への刺激が強すぎるとされています。

またシャンプーを選ぶ時には、保湿性に気を配るようにとよく言われています。しかし通常タイプの脂性肌なら、保湿性は優先しなくても良いでしょう。強すぎるシャンプーで皮脂を取りきってしまったりしない限り、多く分泌されている皮脂が頭皮の水分を守ってくれます。

インナードライタイプなら

インナードライタイプの脂性肌の場合、強すぎるシャンプー、あるいは過剰な洗髪などが疑われます。アミノ酸系シャンプーなどの、頭皮への刺激が小さいシャンプーを試してみると良いでしょう。

こちらの脂性肌は頭皮の乾燥が原因で起こっていますので、しっかりとした保湿力がある製品が望ましいということになります。十分に頭皮が潤っていれば、体の防衛反応による皮脂の過剰分泌が抑えられることが期待できます。

また髪を洗う頻度が高すぎる人は注意しましょう。シャンプーは1日1回が基本です。それ以上に髪を洗うと、インナードライを進行させてしまう危険性が高まります。インナードライタイプの脂性肌になっているなら、シャンプー回数を2日に1回に減らすことを考えてみても良いくらいです。

脂性肌の人は、頭皮のベタつきをなんとかしようと洗う回数を増やしたり、つい力を入れて洗ってしまったりしがちです。しかしお湯で洗うだけでも、汚れの8割ほどは落とせるとされています。あまり綺麗にしすぎようと考えすぎず、優しく洗うようにしたほうが良いでしょう。

脂性肌の人が選ぶべき育毛剤

シャンプーで頭皮環境を整えることは重要ですが、育毛のことを考えるならシャンプーだけでは不十分です。頭皮にあったシャンプーと同時に、頭皮にあった育毛剤の利用を考えましょう。

通常タイプの脂性肌に有効な育毛剤

このタイプの脂性肌の人なら、過剰な皮脂の分泌を抑えられるような成分が入った育毛剤が効果的でしょう。髪の成長と同時に、頭皮環境の改善も期待できます。また、多すぎる皮脂により雑菌の繁殖や炎症が起こっていることもありますので、抗菌作用や抗炎症作用もあると好ましいでしょう。

また男性ホルモンをコントロールするタイプの育毛剤も有効です。男性ホルモンには皮脂の分泌を増やす働きがあるからです。男性ホルモンが抑えられれば、皮脂の過剰分泌も抑えられ、頭皮環境の改善が期待できます。

インナードライタイプの脂性肌に有効な育毛剤

インナードライタイプの場合、すでに頭皮のバリア機能が低下し、頭皮が傷んでしまっている可能性があります。ですから育毛剤を選ぶ時は、刺激の少ないものを探すことをオススメします。天然成分で作られた育毛剤などがその候補に上がるでしょう。

またシャンプーと同じく、保湿力がある育毛剤を選べばインナードライの改善が期待できます。健康な頭皮なくして順調な育毛はありません。頭皮環境改善を主眼として育毛剤を探しましょう。

育毛剤で頭皮がヒリヒリしたりする場合

頭皮がヒリヒリしたり、強いかゆみがあったりするなら、いったん育毛剤の使用を中止することを考えましょう。まず育毛シャンプーなどで、頭皮を健康な状態にすることを優先するわけです。

生活習慣を整え、脂性肌に良いシャンプーを使用しても頭皮環境が改善されないなら、皮膚科に行くことも検討すべきかもしれません。ただの脂性肌ではなく、脂漏性皮膚炎などの病気になっている可能性が考えられるからです。

脂漏性皮膚炎の原因はハッキリとはわかっていません。しかし、皮脂が多いとマラセチア菌が異常繁殖して、脂漏性皮膚炎になりやすいと言われています。脂漏性皮膚炎の初期症状があらわれている可能性もありますので、異常が見られたら、念のため確認しておくことをおすすめします。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!