発毛の仕組み

頭皮の中には毛母細胞というものがあり、その働きにより髪が伸びていきます。この毛母細胞を活性化させることが、発毛のポイントだと言えるでしょう。毛母細胞は毛乳頭から指令を受け、毛乳頭は毛細血管から栄養を受け取っています。

頭皮部分の構造はどうなってる?

頭皮部分は、目に見える髪の毛がある「毛幹部」と、頭皮の中にある「毛根部」の二つに分けられます。育毛においては、毛根部がとても重要です。

毛根部には、「毛包」と呼ばれている部分があります。その毛包の奥に「毛球」があります。髪の毛は、この毛球で作られています。毛球は「毛母細胞」と「毛乳頭」で構成されています。

毛母細胞

毛母細胞は、髪の毛を作る工場の役目を果たしています。毛母細胞は、送られてきた栄養素と酸素を材料として髪を作り出します。毛母細胞が活発に細胞分裂をすることにより、髪が伸びていくことになります。

基本的に毛母細胞は、ずっと頭皮に残っています。髪の毛が生えてこなくなったとしても、それは毛母細胞が死んでしまったからではなく、その働きが阻害されているからだと考えられます。

ただし高齢になると、毛母細胞も弱っていきます。そして毛母細胞が死滅してしまうと、もう髪の毛は生えてきません。そうなったら、カツラを使うか植毛をするしか方法が無くなります。

毛乳頭

毛母細胞の中心部には、毛乳頭と呼ばれている部分があります。毛乳頭は、毛母細胞に栄養と酸素を送るという大事な役目を果たしています。

また毛乳頭は、いろいろな化学物質を分泌して、毛母細胞に髪の毛を作るように働きかけています。毛乳頭の指令にしたがって、毛母細胞は細胞分裂を繰り返します。

毛細血管

毛細血管は、頭皮にも血液を循環させています。このとき毛乳頭に栄養素と酸素が供給され、髪の毛を作る材料となります。

血管が細くなっていたり、詰まっていたりすると、毛乳頭に十分な栄養が補給されず髪の成長が妨げられることになります。薄毛対策に頭皮の血行促進が挙げられるのは、このような理由からなのです。

発毛を促すには毛乳頭と毛母細胞の活性化

髪を伸ばすためには、その工場である毛母細胞を活性化させることが有効です。また毛母細胞に指示を送る毛乳頭も活性化させる必要があります。

毛母細胞を働かせるためには、十分な栄養を供給してやらなければいけません。血行を促進し、タンパク質・亜鉛などの栄養を摂取することで、髪の毛を作る働きがおこなわれます。
また毛乳頭は「髪の毛を作るように」という指示も出しますが、「髪の毛を作るな」という指示を出すこともあります。毛乳頭で悪玉男性ホルモンが作られると、髪の毛を作るなという指令が出されてしまい、脱毛が促されます

このような悪玉男性ホルモンを生み出さないようにすることも、薄毛対策に重要なことです。育毛剤の中には、この悪玉男性ホルモンを抑える働きがあるものが存在しています。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!