サントリーの育毛剤「ナノアクションD」を徹底解剖!

サントリーといえば酒造メーカーのイメージが強いですが、健康食品や化粧品も販売しているのです。そのサントリーから出ている育毛剤が「ナノアクションD」です。頭皮への浸透力を高めた「浸透型発毛促進剤」という触れ込みで、売り上げを伸ばしているようです。

ナノアクションDの効果はどのようなものなのか、どのような成分が配合されているのか、どのように使えば効果を高められるのか、利用者の口コミはどのようなものなのか、購入方法によるメリットとデメリットにはどのようなものがあるかなどについて、徹底解剖していきましょう。

浸透型発毛促進剤ってどういうものなの?

ナノアクションDで気になるのは、浸透型発毛促進剤とはどのようなものなのかということです。実は頭皮は皮脂の分泌量が多いため、これがバリアになって育毛剤の成分が浸透しにくくなるとされています。

ナノアクションDはこの皮脂によるバリアを突破するため、成分を毛穴の1000分の1という極小サイズにしているのです。これだけ粒子が小さければ皮脂のバリアを突破できるというわけで、これによって育毛成分が頭皮にしっかりと浸透し、より大きな効果が望めるのです。

ナノアクションDにはどんな効果があるの?

ナノアクションDの効果は、大きく分けて4つです。AGA(男性型脱毛症)による頭髪の脱毛を抑制する効果、毛母細胞の分裂を促す効果、頭皮の血行を良化させる効果、頭皮の状態を整える効果です。

それぞれの効果について説明していきましょう。

頭髪の脱毛を抑制する効果

男性の薄毛の原因として最も多いとされているものがAGAです。

これは男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きによって頭髪の成長が妨げられて脱毛しやすくなり、最終的には毛根が死滅してしまうというものです。

DHTは体毛を濃くしたり、体を筋肉質にしたりするなど、男性らしい体づくりには必要なのですが、頭髪については困った効果を持っているというわけです。このDHTの生成を抑制することで抜け毛が抑えられ、薄毛克服に一歩近づくのです。

ナノアクションDには、このための成分が含まれています。ちなみにDHTの生成抑制は、AGA治療においては最優先事項です。

なぜなら、どのような育毛剤を使用しても、脱毛が抑えられていなければ髪が生える端から抜けてしまうという、無意味なことになってしまうからです。実際、医療機関でもDHT生成抑制剤であるフィナステリドが再優先で処方されているのです。

毛母細胞の分裂を促す効果

ただ、DHT生成抑制だけでは不十分です。なぜなら、これはあくまでも抜け毛を止めただけで、頭髪の成長を促すことにはなっていないからです。

元通りのフサフサした頭髪を取り戻すためには、何らかの方法で頭髪の成長を促進させる必要があるのです。頭髪の成長を促す方法のひとつが、毛根付近にある毛母細胞の分裂を促すことです。

毛母細胞とは毛乳頭から酸素や栄養分を受け取って分裂していくもので、この細胞が分裂することで頭髪が伸びていくのです。ナノアクションDには、この細胞の分裂をより活発にしてくれる成分も含まれています。これによって頭髪の成長が促されるというわけです。

頭皮の血行を良化させる効果

育毛成分によって毛母細胞の分裂を促進させようとしても、肝心の栄養分が足りなければうまくいきません。毛母細胞は毛乳頭から栄養分を受け取らなければ、うまく分裂してくれないからです。

毛乳頭により多くの栄養分を与えるためには、頭皮の血行を良化させる必要があります。ナノアクションDには、このための成分も含まれているのです。血行が良化すれば毛乳頭により多くの栄養分が与えられるため、毛母細胞の分裂がより促進されるのです。

医療機関でAGAの治療に使われるミノキシジルは、頭皮の血管を拡張することで血流を消化させる働きがありますが、これと似た効果を持っていると考えていいでしょう。

頭皮の状態を整える効果

頭皮は頭髪にとっては「畑」のようなものですから、状態が悪化すれば悪影響が出てしまいます。例えば、洗い方が不十分などの理由で皮脂が過剰になれば、毛穴に詰まって炎症を起こしてしまい、脂漏性脱毛症の原因になります。

また、逆に不適切な洗髪などで皮脂が不足すると頭皮が乾燥し、フケが大量に発生して毛穴に詰まり、粃糠性脱毛症の原因となります。ナノアクションDには、頭皮の状態を整える成分も含まれているのです。

頭皮の状態を整えることで脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症を防ぎ、育毛成分によって生えてきた頭髪をしっかりと頭皮に定着させることができるのです。

ナノアクションDにはどのような成分が含まれているの?

では、ナノアクションDには具体的にどのような成分が含まれているのでしょうか。抜け毛を抑えるもの、毛母細胞の分裂を促すもの、血行を良化させるものの3つに分けて説明していきましょう。

抜け毛を抑える成分

ナノアクションDに含まれている成分では、冬虫夏草エキス、キナノキ樹皮エキス、ローズマリー葉エキス、オウゴンエキスなどがこれに当たります。

いずれもDHTの生成を抑える効果があり、これらの相乗効果によって脱毛を食い止めるというわけです。

毛母細胞の分裂を促す成分

ナノアクションDに含まれている成分では、センブリ抽出液、ヒノキチオール、クララ根エキスなどがこれに当たります。

複数の成分で毛母細胞の分裂を促進させることで、頭髪の成長をより早めることができるのです。

頭皮の血行を良化させる成分

ナノアクションDに含まれている成分では、酢酸DL-α-トコフェロール、セイヨウアカマツ球果エキス、ニンジンエキス、ボタンエキス、チョウジエキスなどがこれに当たります。

これらの相乗効果で頭皮の血流を良化させ、毛乳頭に栄養分と酸素を与えるのです。

頭皮の状態を整える成分

ナノアクションDに含まれている成分では、ローマカミツレエキス、サクラ葉エキスなどがこれに当たります。

保湿力を高めるなどして頭皮の状態を整えることで、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を防ぎ、脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症を防止してくれます。

成分表で気になる点は?

ナノアクションDの成分表をよく見ていくと、気になる点があります。

それは、成分にエタノールが含まれていることです。サントリーが酒造メーカーであるため変な想像をする人もいるかもしれませんが、エタノールは育毛剤の品質保持のために含まれている成分で、育毛効果はありません。

問題は、エタノールが頭皮に刺激を与えてしまうことです。肌が強くない人の場合、この刺激によって頭皮がかぶれてしまったり、炎症を起こしてしまったりという可能性があります。

炎症によって頭髪が抜けてしまうケースも有るため、これでは何のために育毛剤を使用したのか分からなくなってしまいます。

含まれているアルコールを取り除くのは不可能ですので、ナノアクションDを使用する場合には、何らかの形でこの刺激を緩和してあげる必要が出てくるのです。

効果的な使い方はどのようなものなの?

育毛剤は決して安いものではありませんし、特にナノアクションDは公式ストアで1万800円と比較的高価な部類の製品です。これだけのお金を払うのならば、可能な限り効果の高い使い方をしたいものです。

どのように使用すれば、育毛剤の効果を高めることができるのでしょうか。

頭皮が湿っている状態で塗布する

上記のように、ナノアクションDにはエタノールが含まれているため、刺激によって頭皮がかぶれてしまう可能性があります。

少しでも刺激を抑えるためには、エタノールの濃度を下げるため、頭皮が濡れている状態で塗布するのがオススメです。

実際のところ、育毛剤の効果を高めるためには濃度の高い状態で塗布する方がいいのですが、頭皮がかぶれてしまうと頭髪の状態にも悪影響を与えてしまいます。刺激を抑えるように使う方が、まだましということになるのです。

塗布後はドライヤーでしっかりと乾かす

塗布したあとは、成分を頭皮に浸透させるために5分ほど待ってから、ドライヤーでしっかりと頭皮を乾かすようにしましょう。

湿ったままにしておくと頭皮が蒸れてしまい、状態を悪化させてしまう可能性があるからです。帽子を常に被っていると頭髪に良くないとされているのと同じです。

塗布する時間帯は夜の風呂あがりがオススメ

頭髪の伸びには、成長ホルモンが影響しており、午後10時から午前2時にかけて活発に分泌されます。つまり、この時間帯に育毛剤が効果を発揮するように塗布すれば、より大きな効果が期待できるのです。

具体的には、夜の風呂あがりがオススメです。時間帯もさることながら、洗髪後で頭皮の皮脂が適度に洗い流されており、育毛剤の成分が浸透しやすくなっているためです。

頭皮マッサージを併用しよう

ある育毛剤の公式サイトには、育毛剤と頭皮マッサージを併用すると効果的と書かれています。頭皮の血行を良化させてくれる効果と、頭皮を柔らかくしてくれる効果があるためです。

頭皮の血行については上記のとおりですが、なぜ頭皮の柔らかさが育毛効果と関係有るのでしょうか。それは、頭皮が柔らかいと育毛剤が浸透しやすく、効果が高くなるためです。

特にAGAによる薄毛が進行しやすい頭頂部は頭皮が硬くなりやすいため、マッサージによる効果が期待できそうです。

副作用は大丈夫?

育毛剤を使用する際に必ずといっていいほど心配になるのは、副作用の有無です。

これはフィナステリドに抑鬱症状とED(勃起障害)、ミノキシジルに頭皮のかぶれや湿疹といった副作用があることが関係しています。特にEDは若ハゲの人にとっては、AGA以上に深刻な悩みとなりかねません。

ナノアクションDの育毛成分は基本的に自然由来のものですから、育毛成分による副作用については心配することはないとされています。ただ、上にも書きましたようにエタノールの頭皮への影響が懸念されます。

もし頭皮がかぶれるようなことがあれば、ナノアクションDの使用を中止し、医療機関を受診する方がいいでしょう。

初期脱毛はあるの?

育毛剤を使用し始めると、頭髪の成長サイクルが整えられますが、このときに一時的に頭髪が抜けてしまうことがあります。

これが初期脱毛を呼ばれるもので、基本的にどのような育毛剤を使用しても起きるものだと考えていいでしょう。ナノアクションDについても、初期脱毛の可能性は否定できませんし、実際に初期脱毛が起きたとみられる例も報告されています。

ただ、初期脱毛は育毛剤が効果を発揮している証拠ともいえるものですし、しばらくすれば収まりますので、あまり気にしない方がいいでしょう。気にし過ぎるとストレスとなるからです。

ストレスは自律神経のうち交感神経の働きを活発にするため、毛細血管が収縮し、頭皮の血行を悪化させてしまいます。これによって毛根に十分な栄養分が届かなくなり、育毛剤の効果を落としてしまう可能性があるのです。

ナノアクションDの口コミはどんな感じ?

ナノアクションDの使用者のレビューには、ポジティブなものもあればネガティブなものもあります。ただ、いずれもその製品の特徴が含まれているのがミソです。主なレビューを紹介しましょう。

ポジティブなレビューとしては「頭皮が気持ちいい。かゆみもない」(年齢不詳男性)、「4カ月使用しているが、かゆみやかぶれが全く感じられない」(年齢不詳男性)というふうに、頭皮への優しさに触れているレビューが多いです。

エタノールの刺激は、必要以上に気にすることはないのかもしれません。ネガティブなレビューは、基本的に「効果なし」というものです。

育毛剤の効果には個人差がありますし、AGAの進行によって毛根が死滅している場合にはどのような育毛剤でも「お手上げ」になりますので、不幸にして効果がなかったという人がいてもおかしくないでしょう。

ただ「使い始めたとたん、抜け毛が増えた」(年齢不詳男性)というふうに、明らかに初期脱毛と思われるケースもありました。この場合はさらに使い続ければ効果が出てきた可能性が否定できません。

ポジティブなレビューにしても、ネガティブなレビューにしても、すべてがあてになるわけではないという好例だといっていいのではないでしょうか。

購入方法によるメリット・デメリット

ナノアクションDは公式サイト、薬局だけではなく、楽天やAmazonといったネットショップでも購入できます。それぞれの購入法のメリット、デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

楽天・Amazonで購入する場合

楽天・Amazonの画像 ネットショップで購入する最大のメリットは、価格がリーズナブルなことです。これは実店舗を構える必要がないため経費を抑えられるという、ネットショップの長所からくるものです。

ナノアクションの場合、楽天は最安値1万800円と公式ストアと同じで、この点ではメリットがありません。しかし、Amazonならば最安値が7482円で、それなりにメリットがあるといっていいでしょう。

デメリットは実際に商品を見て確認できないため、使用期限の迫っている古い商品を掴んでしまう可能性があることと、家族に購入がバレてしまう可能性があることです。

特に後者の場合、内容物の欄に「育毛剤」などと書いてあった場合には、目も当てられないことになってしまいます。

薬局で購入する場合

薬局で購入するメリットは、実際に商品を見て確認できるので古い商品を掴まなくてすむことと、家族に購入がバレにくいことです。会社帰りに薬局に寄って購入すれば、そう簡単にはバレません。

デメリットはネットショップよりも割高になるケースが多いことです。探せば激安店がある可能性は否定できませんが、そのために時間がかかってしまうのもデメリットといっていいでしょう。

2chでの評判はどんな感じ?

2ちゃんねるの画像 大型ネット掲示板「2ch」は匿名で書き込めるという性質から、辛辣な書き込みが多いことで知られています。

ただ、2chの「ハゲ・ズラ」板で検索をかけてみたところ、ナノアクションDに関するスレッドは発見できませんでした。2chではあまり話題にならない育毛剤なのかもしれませんが「便りがないのは良い便り」ぐらいに思っておけばいいでしょう。

なぜなら、2chで話題になるのは、何らかの問題を起こして炎上しているケースが圧倒的に多いからです。

併用がオススメの薬剤・サプリは?

ナノアクションDは、どのような薬剤・サプリと併用するのがいいのでしょうか。

併用がオススメできる例を、いくつか挙げていきましょう。

ミノキシジル

上記のように、ミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹といった副作用があることが分かっています。

これはミノキシジルによって頭皮の血行が良くなった結果、皮脂の過剰分泌を招き、頭皮の状態が悪化してしまうために起きるものです。

ナノアクションDの育毛成分には副作用は確認されていませんので、併用することでミノキシジルの使用頻度を減らし、副作用を抑制できる可能性があります。

心配なのはナノアクションDに含まれるエタノールですが、上記の口コミを見る限り、必ずしも心配しなくてもよさそうです。

リアップ

リアップの主成分のひとつはミノキシジルですから、同様の副作用を起こす可能性があります。

ミノキシジル配合育毛剤「リアップ」を徹底解剖!

2016.09.23
ナノアクションDとの併用で使用頻度を減らせば、副作用のリスクも小さくなるという点も同じです。
ナノアクションDの画像
内容量90ml / 30日分
有効成分酢酸DL- α-トコフェロール、センブリ抽出液
効果・効能発毛促進、育毛、かゆみ、ふけ、脱毛の予防
単品価格10,000円(送料無料)
定期コース9,000円(送料無料)
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!