無添加育毛剤「マイナチュレ」を徹底解剖!

育毛剤を使用中に頭皮の状態が悪化し、薄毛が悪化してしまったという経験をしたことがある人はいるでしょうか。女性の頭皮は男性に比べて弱いため、そうしたトラブルのリスクが大きくなっています。

そんなあなたにオススメしたいのが、無添加をセールスポイントにし、モンドセレクションで金賞に輝いている女性用育毛剤「マイナチュレ」です。

マイナチュレの効果と成分、効果的な使用法、副作用や初期脱毛の有無、お得な購入方法などについて、徹底解剖していきましょう。

マイナチュレの効果は?

マイナチュレの効果は大きく分けて3つです。

脱毛を抑える効果、頭髪の成長を促す効果、頭皮の状態を整える効果です。それぞれの効果について、簡単に説明していきます。

脱毛を抑える効果

女性の薄毛の原因のひとつに、AGA(男性型脱毛法)があります。

AGAというとその和名から男性固有の疾患だと考えている人もいるでしょうが、実際には女性の体内でも男性ホルモンが分泌されており、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)も生成されているのです。

ただ、女性の場合は若年層でAGAを発症するケースは稀です。これは、若いころは頭髪の成長を促す女性ホルモンが活発に分泌されており、DHTの働きを抑えることができるためです。

ところが、加齢によって卵巣が衰え、女性ホルモンの分泌量が減少すると、DHTの働きを抑えられなくなり、AGAを発症してしまうケースがあるのです。

マイナチュレには、DHTの生成を抑えるなどして、脱毛を抑える成分が含まれているのです。

これによって、AGAの進行を防ごうというわけです。

頭髪の成長を促す効果

DHTの生成を抑え、脱毛を食い止めるだけでは不完全です。何らかの方法で頭髪の成長を促すことができなければ、なかなか元の状態には戻ってくれません。

マイナチュレには、頭髪の成長を促す成分が含まれています。具体的には、頭皮の血流を促進させるものです。頭髪の成長に必要な栄養分は、頭皮で吸収されるわけではなく、消化器で取り入れられたものが血液によって頭皮まで運ばれてくるのです。

血流を促進させることは、頭皮により多くの栄養分を送り込むことにつながり、これによって頭髪の成長を促すことができるのです。

医療機関では、AGAをはじめとする脱毛症の治療にミノキシジルを使用していますが、ミノキシジルの効果は頭皮の血管を拡張して血流を促進させるというものです。これに似た働きだと考えれば、分かりやすいのではないでしょうか。

頭皮の状態を整える成分

頭髪を「作物」とするならば、頭皮は「畑」のようなもので、頭皮の状態悪化は頭髪にも悪影響を与えます。

特に女性の場合、ホルモンバランスの関係で男性に比べて皮脂の分泌量が少なく、頭皮が乾燥しやすくなっているという問題点があります。

頭皮が乾燥すると、ターンオーバーがうまくいかなくなり、頭皮が塊のまま剥がれ落ちるようになり、フケが増加します。

このフケが毛穴に詰まることで頭髪の成長が阻害され、薄毛の原因になります。また、詰まった毛穴にマラセチア菌をはじめとする細菌が感染することで炎症を引き起こし、粃糠性脱毛症の原因になってしまうこともあります。

マイナチュレには、頭皮の状態を整える成分も含まれているのです。頭皮の保湿力を高めることで乾燥を防ぎ、抗菌効果のある成分によって炎症を防ぎます。

また、万が一炎症を起こしてしまった場合でも、消炎剤によって悪化を防ぐことで、粃糠性脱毛症にならないようにしてくれます。

マイナチュレの成分は?

マイナチュレ最大のセールスポイントは、添加物を可能な限り排除していることです。

添加物を使わないことに、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、上記の3つの効果は、どのような成分によってもたらされているのでしょうか。

添加物フリーのメリット

パラベンをはじめとする防腐剤や酸化防止剤は、育毛成分の品質保持のために配合されています。こうした化学成分の中には、頭皮に刺激を与え、炎症の原因となってしまうものもあります。

繰り返し書きますが、女性の頭皮は皮脂のバリアが薄く、男性よりも弱くなっています。化学成分によって炎症が起きてしまうリスクが高いのです。

冒頭に書いたように、添加物フリーによって頭皮の状態を整えることができるのは、上記の刺激を与える成分を排除しているためなのです。そういう意味ではマイナチュレは、女性の体質をちゃんと考えて作られた育毛剤だと言っていいでしょう。

抜け毛を防ぐ成分

男性ホルモンからDHTを生成するためには、5α-リダクターゼという酵素の働きが必要です。マイナチュレに配合されているオウゴンエキスは、5α-リダクターゼの働きを抑える効果があります。

これによってDHTの生成量そのものを減らすことができるのです。

また、DHTはFGF(線維芽細胞増殖因子)の一種であるFGF-5という成長因子を増やす働きがあります。

FGF-5の働きは頭髪に「抜けろ」という命令を出すというもので、増えすぎるとヘアサイクルが乱れる原因となります。マイナチュレに含まれている海藻エキスは、FGF-5の働きを抑えるFGF-5Sという成長因子を増やし、ヘアサイクルを整えてくれるのです。

そして、上記のように女性ホルモンにはDHTの働きを抑える効果があります。ヒオウギエキスには女性ホルモンの働きを助ける効果があり、DHTの働きを抑制してくれます。

頭髪の成長を促す成分

上記のように、マイナチュレによる頭髪の成長力アップは、頭皮の血流促進によって行われます。マイナチュレにはセンブリエキスやヒキオコシエキスなど、数種類の血流促進成分が含まれています。

これらの相乗効果によって、頭髪の成長力アップを図っているのです。

また、海藻エキスにはFGF-5だけではなく、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)という成長因子を増やす働きもあります。VEGFには、新しい血管を作る働きがあります。

頭皮に新しい血管ができれば、それまで血液が行き届かなかった部位にも栄養分が届くようになり、頭髪の成長が促されるのです。

頭皮の状態を整える成分

女性の場合、頭皮の状態を整えるためには保湿力をアップさせることが必要です。

皮脂の分泌量が少ないためバリアが薄く、頭皮の水分が蒸発してしまいやすいためです。これまでに紹介した海藻エキスやヒオウギエキスには保湿効果もあり、頭皮の乾燥を防いでくれます。

炎症の原因となる細菌は、ヒキオコシエキスなどの抗菌効果によって退治してくれます。また、万が一炎症が起きてしまった場合でも、グリチルリチン酸ジカリウムやビワ葉エキスなど、豊富な抗炎症成分によって悪化を抑えてくれるのです。

こうした多彩な成分は、無添加によってしっかりとした効果を発揮することができるのです。添加物が頭皮に悪影響を与えることは、育毛成分の足を引っ張っていることにほかならないのです。

マイナチュレの効果的な使用法は?

マイナチュレをはじめとする育毛剤は決して安いものではありませんので、どうせ購入するならばより効果の高い使い方をしたいと思うのが人情というものでしょう。

では、どのように使えばマイナチュレの効果をアップさせることができるのでしょうか。

使用前後に頭皮を乾かす

まず、マイナチュレを塗布する前には、ちゃんとドライヤーで頭皮を乾かしておきましょう。

育毛成分が濃い状態で頭皮に浸透し、効果がアップしてくれるためです。

かつては育毛剤といえば、頭皮が湿っている状態で塗布した方がいいとされていましたが、これは添加物の刺激を抑える必要があったためです。

マイナチュレは可能な限り添加物を排除していますので、そうした使い方をしなくてもいいというわけです。

また、塗布後もちゃんとドライヤーで頭皮を乾かしておきましょう。

濡れたままにしておくと蒸れて頭皮に悪影響を与えますし、細菌が繁殖して頭髪がべとついてしまうためです。

夜の入浴後の塗布がオススメ

頭髪の伸びには、成長ホルモンが関係しています。

成長ホルモンは午後10時から午前2時にかけて分泌量が最も多くなりますので、この時間帯にマイナチュレが効果を発揮できるように塗布すれば、頭髪の成長力がよりアップしてくれるのです。

オススメは夜の入浴後です。

時間帯が適切なのに加え、洗髪によって皮脂が洗い流されており、育毛成分が浸透しやすくなっているためです。また、頭皮が乾燥しやすい時間帯でもあるため、マイナチュレによって保湿力をアップさせることも効果的だからです。

頭皮マッサージを併用しよう

マイナチュレの公式サイトを見ると、塗布したあとに頭皮マッサージをすることが推奨されています。頭皮マッサージには頭皮の血流を促進させる効果があり、マイナチュレの血流促進成分との相乗効果が期待できるためです。

また、マッサージによって頭皮の柔軟性を保てるのもメリットです。頭皮の硬化は育毛成分の吸収率を低下させ、マイナチュレの効果をダウンさせることにつながるためです。

マイナチュレの副作用は?

育毛剤を購入する前に不安になることのひとつが、副作用の有無です。ミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹といった副作用があります。

また、男性のAGA治療薬であるプロペシアはお腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるため、女性への処方が認められていません。
マイナチュレの育毛成分の大半は、体に優しい自然由来のものです。

また、繰り返し書きますが、添加物による悪影響もほぼ考えられません。副作用についてはほぼ気にする必要がなく、安心して使用できる製品だと考えていいでしょう。

マイナチュレに初期脱毛はある?

育毛剤によってヘアサイクルが整えられる過程で、一時的に頭髪が抜けてしまうことがあります。これを初期脱毛といい、基本的にどのような育毛剤でも起きるとされています。

マイナチュレにはオウゴンエキスや海藻エキスなど、ヘアサイクルを整える効果のある成分が含まれています。これらが効果を発揮する過程で、初期脱毛が起きる可能性があります。

ただ、初期脱毛は育毛剤が効果を発揮し始めている証拠ですし、しばらくすれば収まりますので、必要以上に心配することはないでしょう。

心配するとかえってストレスの原因となり、頭皮の血流を悪化させてマイナチュレの効果をダウンさせることにつながってしまうためです。

マイナチュレのお得な購入法は?

マイナチュレは公式サイトのほか、楽天やアマゾンなどのネットショップでも入手可能です。どこで購入するのが最もお得なのでしょうか。また、ドラッグストアなど一般的な小売店でも購入することは可能なのでしょうか。

公式サイトは定期コースがお得

マイナチュレを公式サイトで購入する際の定価は税、送料込みで6854円です。ところが、定期コースに申し込むと初回1058円、2回目以降4813円に割り引いてくれるので、お得と言っていいでしょう。

ただ、マイナチュレの定期コースは6回以上の購入が必要という縛りがありますので、その点には留意しておきましょう。

ネットショップは割高?

楽天もアマゾンも、いろいろな業者が出店しており、それぞれ販売価格は異なっています。

トップページから商品名で検索をかけて最安値を検索してみると、楽天は6900円、アマゾンは5600円でした(いずれも税・送料込み)。アマゾンは単品購入ならば利用価値はありそうですが、楽天は価格的には利用するメリットはないと言っていいでしょう。

また、ネットショップは実際に商品を見てから購入することができませんので、品質までは確認できません。アマゾンのレビューには、商品によっては偽物が送りつけられてきたという内容のものもあるため、不安が残ります。

公式サイトならばその点についての不安はありませんので、品質面でも公式サイトに軍配が上がります。

ドラッグショップでの購入は?

通販で育毛剤を購入する際に、家族にバレてしまうのが嫌だという人も多いでしょう。

そういう人は、ドラッグストアなど一般的な小売店で購入しているでしょうが、問題はそうした小売店でマイナチュレを取り扱っているかどうかです。

「マイナチュレ ドラッグストア」で検索をかけてみたところ、マイナチュレはそうした小売店では取り扱っていないと書かれているページが多数ヒットしています。どうやらマイナチュレは、通販でなければ入手できない商品のようです。

ただ、マイナチュレを公式サイトで購入した場合、商品名に「育毛剤」と書かれているようなことはありませんので、家族にバレる心配はしなくてすみそうです。

他のネットショップで購入した場合はこの限りではありませんので、その点でも公式サイトでの購入がオススメだと言えるでしょう。

内容量120mL / 1か月分
有効成分グリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミンHCI、センブリエキス
効果・効能育毛、薄毛、発毛促進、かゆみ、脱毛予防、毛生促進、ふけ、産後・病後の脱毛、養毛
単品価格5,503円(送料650円)
定期コース【定期(スタンダードプラン6ヶ月)】4,814円(※初回限定4,093円、送料無料)
【定期(プレミアムプラン6ヶ月)】4,814円(※初回限定4,093円、送料無料)
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!