和漢薬の成分で育毛!ヘアトニックグロウジェルを徹底解剖

生薬配合の育毛剤はいくつか製品がありますが、和漢薬配合となるとあまり見かけません。その和漢薬を配合しているのが日本サプリメントフーズから「MONOVO」ブランドで販売されている「ヘアトニックグロウジェル」です。

育毛剤としては珍しいジェルタイプであることも、特徴だといっていいでしょう。

和漢薬によってもたらされる効果はどのようなものなのか、どのような成分が含まれているのか、効果的な使い方はどのようなものなのか、使用者の口コミはどのようなものなのかなどについて、徹底解剖していきましょう。

そもそも和漢薬ってどういうものなの?

和漢薬とは薬草を原料として作られる漢方薬の一種ですが、日本の民間で開発されているものです。

中国で開発された漢方薬の中には日本人の体質に合わないものも存在していますが、日本で開発された和漢薬ならばそうした心配はありませんので、安心して使用できるというわけです。

ヘアトニックグロウジェルもそういう意味では、日本人のために作った育毛剤だといっていいでしょう。

ヘアトニックグロウジェルの効果はどのようなものなの?

ヘアトニックグロウジェルに含まれている和漢薬は、どのような効果によって薄毛対策を行っているのでしょうか。

主なものとしては脱毛を抑制してくれる効果と、頭髪の成長を促す効果、頭皮の状態を整える効果があります。それぞれについて解説していきましょう。

脱毛を抑制してくれる効果

男性の薄毛の原因で最も多いのは、AGA(男性型脱毛症)です。

これは男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって、頭皮の脱毛が促進されてしまうために起きるものです。頭皮の脱毛を抑えるためにはDHTの生成を抑制する必要がありますが、ヘアトニックグロウジェルにはこのための成分が含まれています。

これによって脱毛を抑制することができるのです。ちなみに、AGA治療においてはDHTの働きを抑制することが最優先となっています。

どのような育毛剤を使用しても、抜け毛が抑えられていなければ、せっかく生えてきた頭髪がすぐに抜けてしまうという意味のないことになりかねないからです。実際、医療機関におけるAGA治療でも、DHT生成抑制剤であるフィナステリドの処方が最優先となっています。

頭髪の成長を促す効果

ヘアトニックグロウジェルの場合、頭髪の成長を促進させる効果は2つに分けられます。ひとつは、頭皮の血流を良化させるものです。血流が良くなれば毛根に十分な酸素と栄養分が供給され、頭髪の成長が促進されるというわけです。

医療機関で処方されているミノキシジルは頭皮の血管を拡張して血流を良化させるもので、これと似た効果だと考えていいでしょう。もうひとつは、頭髪の栄養分となる効果です。血流が良化しても、肝心の栄養分の摂取が不十分では、育毛効果は発揮しきれません。

頭皮に必要な栄養分を摂取することで、良化した血流が十分に生かせるというわけです。

頭皮の状態を整える効果

頭皮は頭髪にとっては「畑」のようなものですから、状態が悪化すれば悪影響を与えます。

例えば、皮脂が過多になれば毛穴に詰まって炎症を起こし、脂漏性脱毛症の原因となります。また、皮脂が少なすぎると頭皮が乾燥し、フケが増えて毛穴に詰まり、粃糠性脱毛症の原因となります。ヘアトニックグロウジェルには、頭皮の状態を整える成分が含まれています。

保湿性を高めて皮脂の分泌量を適度な状態に保ったり、抗炎症作用で炎症による脱毛症を防いだりすることで、頭髪を頭皮にしっかりと定着させているのです。「縁の下の力持ち」的な役割だといっていいでしょう。

ヘアトニックグロウジェルにはどのような成分が含まれているの?

ヘアトニックグロウジェルには、具体的にどのような和漢薬が配合されているのでしょうか。主な和漢薬の効果と、成分表で気になった点について解説していきましょう。

センブリ

頭皮の血流を良化させることで、毛根に十分な栄養分が与えられるようにします。また、頭皮の保湿力を高めることで、乾燥や皮脂の分泌過多を防いでいます。

カンゾウ

抗炎症作用があり、皮脂やフケが毛穴に詰まっても炎症を起こさないようにすることができます。また、炎症を防止することで毛穴の状態を整え、酸素の摂取を助ける効果もあります。

ゲンチアナ

頭皮の保湿力を高めて、乾燥や皮脂の過剰分泌を防ぎます。頭皮の保湿力が高くなれば柔軟性が増し、育毛成分が浸透しやすくなるというメリットもあります。

ジオウ

主な効果は頭皮の保湿力を高めることです。

また、頭髪の成長に必要なアミノ酸を含んでいるため、栄養素として頭髪の成長を促す効果も期待できます。

シラカバ

タンニンやフラボノイドなどが含まれており、頭皮のキメを細かくして、育毛成分が浸透しやすい状態にしてくれます。

育毛成分をサポートする働きを持っていると考えていいでしょう。

ビワの葉

DHTの生成を抑制することで、AGAによる抜け毛を抑える効果があります。また、皮脂の過剰分泌の原因となる頭皮の荒れを防ぐ働きもあります。

ヘアトニックグロウジェルにはDHT抑制成分がビワの葉のみなので、若干不安があります。育毛サプリメントなどで補う必要があるかもしれません。

成分表で気になった点1・パラベン類似成分

こうした有効成分が多数含まれてるにもかかわらず、ヘアトニックグロウジェルの成分にはいくつか不安点があります。ひとつはパラベンフリーと書いておきながら類似成分が含まれていることです。

まずパラベンですが、正式名はパラオキシ安息香酸エステルといい、防腐剤として配合されています。皮膚にアレルギーを起こす可能性が指摘されており、かぶれや湿疹の原因となりかねません。

ヘアトニックグロウジェルの成分表を見ると、パラベンフリーという謳い文句にもかかわらず、メチルパラベンとプロピルパラベンという類似成分が記載されています。

これはパラベンの性質もさることながら、売り方としても不誠実で、企業の姿勢に疑問を抱く原因となりかねません。

成分表で気になった点2・エタノール

もうひとつ気になった点は、エタノールが配合されていることです。

エタノールもパラベン同様、品質保持のために配合されているもので、育毛成分ではありません。エタノールも頭皮に刺激を与えるため、赤みやかぶれの原因になるとされています。

せっかく頭皮に優しい和漢薬を配合しているのに、そのメリットが半減しているといっていいでしょう。ヘアトニックグロウジェルを使用する際には、パラベンやエタノールが含まれていることを理解したうえで、何らかの対処をする必要があるということになります。

効果的な使い方はどのようなものなの?

育毛剤は基本的にそれなりの値段がするもので、ヘアトニックグロウジェルもその例外ではありません。

どうせお金を使うのでしたら、育毛剤の効果がより高くなるような使い方をしたいと思うでしょうが、どのような使い方をすれば効果が高くなるのでしょうか。

頭皮が湿った状態で塗布する

上にも書きましたように、ヘアトニックグロウジェルにはパラベンの類似成分やエタノールが含まれており、頭皮の状態を悪化させる危険性があります。

頭皮の状態を保つためには、こうした成分を薄めるため、頭皮が若干濡れている状態で塗布するようにするといいでしょう。

頭皮により濃い育毛成分を浸透させるためには、ちゃんと乾かしてから塗布する方がいいのですが、上記の問題点を考慮すると、やむを得ないというところです。

塗布後は頭皮をしっかりと乾かす

ヘアトニックグロウジェルを塗布したあとは、ドライヤーで乾かしておいた方がいいでしょう。頭皮が湿ったままだと蒸れてしまい、状態を悪化させる原因になってしまうためです。

また、ジェルタイプは浸透性が高いというメリットの半面、べとつくというデメリットがあります。もし湿ったままにしておくと細菌が繁殖し、分泌物によってべとつきがさらに強くなってしまいます。

塗布後に乾かすのがオススメなのは、細菌の繁殖を防ぐことができるのも理由です。

塗布する時間帯は夜の風呂上がり

頭髪の伸びには成長ホルモンが関係していますが、成長ホルモンの分泌量が増える時間帯は午後10時~午前2時となっています。

ヘアトニックグロウジェルをこの時間帯に効果を発揮できるように塗布すれば、より効果が大きくなるのです。具体的には、夜の風呂上がりがオススメです。

時間帯が最適であるだけではなく、洗髪によって皮脂が適度の洗い流されているため、頭皮に育毛成分が浸透しやすくなっているためです。

頭皮マッサージの併用がオススメ

ヘアトニックグロウジェルには頭皮の血行を良化させる成分が含まれていますが、頭皮マッサージを併用することで血流良化の相乗効果が得られ、さらに育毛効果が高まるのです。

実際、ある育毛剤のホームページでも、頭皮マッサージとの併用が効果的だと書かれています。また、マッサージによって頭皮の硬化を防止できるのもメリットです。頭皮が硬い状態だと育毛成分が浸透しにくくなりますが、これを防止するのです。

特にAGAによる薄毛が進行しやすい頭頂部は頭皮が硬化しやすいとされており、マッサージの効果が望めそうです。

副作用は大丈夫?

育毛剤を使用する際に、副作用が不安だという人は多いのではないでしょうか。

これは、医療機関で処方されているフィナステリドとミノキシジルに副作用が確認されていることの影響でしょう。

フィナステリドには抑鬱症状やED(勃起障害)、ミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹といった副作用があり、特にEDは若年層にとってはAGAと同じか、それ以上に深刻な悩みになってしまいます。

ヘアトニックグロウジェルは和漢薬が配合されていますので頭皮に優しく、育毛成分の副作用についてはあまり心配することはないでしょう。

ただ、上記のようにパラベン類似物質とエタノールが配合されていますので、頭皮のかぶれなどがあった場合には使用を中止し、医療機関を受診するようにしましょう。

初期脱毛はあるの?

育毛剤が効果を発揮し始めると、頭髪の成長サイクルが整えられるようになっていますが、その過程で一度頭髪が抜けてしまうことがあります。これを初期脱毛といい、基本的にどのような育毛剤を使用しても起きるものだとされています。

ヘアトニックグロウジェルの場合も、少ないとはいえDHTの生成抑制によって頭髪の成長サイクルを整える成分が含まれていますので、初期脱毛が起きる可能性はゼロではありません。

ただ、初期脱毛はしばらくすれば収まるものなので、必要以上に気にしない方がいいでしょう。なぜなら、気にしすぎるとヘアトニックグロウジェルの効果を落としてしまう可能性があるためです。

初期脱毛を心配しすぎると、ストレスを恒常的に受けているような状態となり、自律神経のうち交感神経の働きが常に活発な状態になってしまいます。問題は、交感神経には末梢血管を収縮させて血流を悪化させる働きがあることです。

これが頭皮に起きれば毛根に十分な酸素と栄養分が与えられなくなり、頭髪の成長が抑制され、ヘアトニックグロウジェルの効果が低下してしまうというわけです。

ヘアトニックグロウジェルの口コミはどんな感じ?

ネットの口コミにはポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあります。ヘアトニックグロウジェルについてもそれは同じですが、どちらのレビューにも商品の特徴が現れているものです。

どこまで参考になるかは分かりませんが、レビューの中で目についたものを紹介していきましょう。効果の有無については個人差がありますが、半々といったところでしょう。

目につくのは「無香料なので育毛剤特有の嫌な匂いがしまい」(30代男性)、「不快な匂いがしない」(40代男性)というふうに、無臭であることに触れているレビューが多いことです。

育毛剤というと匂いを気にする人も多いのですが、その点については心配しなくてもよさそうです。また「肌への影響がない」(40代男性)、「植物由来ということで、肌への影響が気にならない」(40代男性)というレビューも見られます。

実際にはパラベン類似物質やエタノールが含まれているため、肌への影響は不安な点がありますが、育毛成分による悪影響がないのが安心感につながっているようです。

ヘアトニックグロウジェルのお得な購入方法は?

ヘアトニックグロウジェルは公式サイトだけではなく、楽天やAmazonといったネットショップでも購入が可能です。

ネットショップは実店舗を構える必要がないため経費が抑えられ、購入価格が安くなるというメリットがあります。ただ、ヘアトニックグロウジェルについては、これは当てはまりません。なぜなら、公式サイトでの購入が最も安いからです。

楽天・Amazonの価格は?

楽天・Amazonの画像 ヘアトニックグロウジェルの最安価格は、楽天が6696円、Amazonは7344円です。

公式サイトでの定価は7344円、定期購入コースによる割引価格が6696円ですから、楽天は割引価格、Amazonは定価と同じです。ただ、楽天やAmazonで取り扱っているのは正規販売店である日本サプリメントフーズだけではありません。

他の業者の場合には正規販売店から仕入れたうえで販売しているのですが、在庫が古くなっている可能性は否定できません。その点、公式サイトならば古い製品が送りつけられてくることはありませんので、品質面での不安がありません。

同じ価格ならば、品質面で安心できる公式サイトでの購入の方がオススメできるというわけです。

薬局での購入は可能なの?

ネット通販で育毛剤を購入する際の不安のひとつに、家族に購入がバレてしまわないかということです。

包装紙に商品名が書いてあったり、内容物の欄に「育毛剤」と書かれていたりするようなことがあれば、目も当てられません。このため、家族に購入がバレにくい店頭での購入を希望している人も多いでしょうが、問題は取り扱っているかどうかです。

「ヘアトニックグロウジェル 薬局」で検索をかけたところ、薬局で入手したという情報はありませんでしたので、期待薄と考えていいかもしれません。ちょっと残念ですね。

2chでの評判はどんな感じ?

2ちゃんねるの画像 巨大掲示板「2ch」は匿名で書き込めるため、辛辣なレビューが集まってくることで知られていますが、2chの「ハゲ・ズラ」板で検索をかけたところ、ヘアトニックグロウジェルに関するスレッドは発見できませんでした。

2chではあまり話題になることのない育毛剤なのかもしれません。ただ、2chで話題になるときの多くは、商品の悪評や会社の不手際が原因で炎上しているケースです。2chで話題になっていないことは「無沙汰は無事の便り」ぐらいに思っておけばいいでしょう。

併用がオススメの薬剤・サプリは?

ヘアトニックグロウジェルの成分については上にも説明した通り、DHTの生成を抑えて脱毛を抑制する成分が少ないという不安点があります。

これをカバーするためには、脱毛抑止効果のある薬剤やサプリメントを併用することがオススメになります。

フィナステリド

フィナステリドの画像 医療機関で処方されているDHT生成抑制剤です。

効果については医療機関で使用されているくらいですから折り紙つきですが、上記のように副作用があるという問題点があります。個人での購入も可能ですが、副作用のリスクを考えるならば、医療機関で処方してもらう方がいいでしょう。

ノコギリヤシエキス配合のサプリ

フィナステリドの副作用が怖いという人にオススメなのが、似たような働きを持つノコギリヤシエキスの配合された育毛サプリメントです。

効果はフィナステリドに劣るものの、こちらはほぼ副作用がないことが確認されているという安心感があります。また、サプリにはアミノ酸をはじめとする頭髪に必要な栄養分も含まれていますので、頭髪の成長促進が期待できるのもメリットです。

内容量/ 持ち日数100mL / 30日
有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸2K
効果・効能育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、発毛促進、ふけ
単品価格1本7,344円(送料無料)
3本21,060円(送料無料)
4本27,540円(送料無料)
定期価格初回6,696円(送料無料)
継続費用
※定期価格試算
180日:40,176円
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!