ミノキシジルで肌荒れ、どうすればいい?その他にも副作用はあるの?

ミノキシジルは、薄くなった髪を取り戻すのに有力な成分です。日本皮膚科学会でも、ミノキシジルが薄毛対策に効果的であると認められているほどです。

しかしミノキシジルには、副作用も多く報告されています。中でも一番報告例が多いのが、肌荒れや痒み、ニキビなど頭皮に起こる異常です。ミノキシジルを5%含んだ薬剤の場合、十人に一人ほどがなんらかの肌トラブルになっているという報告もあるほどです。

頭皮にニキビができると、分泌された皮脂などにより毛穴が詰まってしまいます。そうなれば、毛髪の成長にも多大な悪影響が生じます。育毛剤が薄毛の原因になってしまうこともあるわけで、これでは本末転倒としか言いようがないでしょう。

ミノキシジルはもともと降圧剤だった

ミノキシジルの画像 ミノキシジルは育毛剤として有名ですが、もともとは育毛目的で開発された成分ではありません。重度の高血圧症の患者などに処方して、血圧を下げる薬として作られたものです。

ミノキシジルの臨床実験をしている時に、服用した患者に多毛症の症状があらわれたため、育毛剤として使えるのではないかと研究が始まったのです。つまりミノキシジルの副作用が、たまたま役に立つものだったということです。

ミノキシジルのもともとの使用法は内服薬でしたので、育毛剤として使うときも最初は内服薬として研究されました。しかし犬を使った実験で死亡例が出たことなどもあり、内服薬としては販売されず、塗り薬として製作されるようになりました。

ミノキシジルの育毛効果

本来のミノキシジルは降圧剤です。使うと血管を広げることによって、血液がスムーズに流れるようになります。これがどう育毛に関わるかというと、血流が促進されることにより血液と共に栄養も毛根に補給され、それが髪の成長に好影響を与えているのでは、と考えられています。

ただし血行促進による育毛効果は一説にすぎず、しっかりと証明されているものではありません。そもそも血行が促進しただけで大きな育毛効果があるのなら、ミノキシジル以外の血管拡張剤でも髪が生える現象があらわれるはずです。

しかしミノキシジル以外の血管拡張剤では、明確な発毛作用は認められていません。このことからミノキシジルには、血行促進以外にもなんらかの発毛作用があると考えられます。

血行促進による問題点

毛根に送られる血液が増えれば、髪の成長に使われる栄養分も増えます。しかしミノキシジルで血流が増えるのは毛根だけではなく、頭皮全体の毛細血管の血行が促進されます。

血行が良くなることは、基本的には良いことです。しかし頭皮の血行が良くなりすぎると、頭皮の皮脂腺も活性化されすぎるという問題が起こります。過剰に活性化された皮脂腺は、皮脂の分泌を増やし、その皮脂が雑菌の栄養分になってしまいます。

雑菌が増えれば、炎症など肌荒れの症状が出やすくなるわけです。またニキビの原因となるアクネ菌が繁殖することもあります。

さらに頭皮の新陳代謝が活発化することにより、フケの発生も増加します。増えたフケは、毛穴を塞いだり炎症を引き起こしたりと、頭皮環境を悪化させてしまいます。

もともと頭皮は皮脂分泌量が多い場所です。その分泌量は、皮脂分泌が多くニキビができやすと言われている「Tゾーン」の倍以上とも言われているほどです。それだけ皮脂が増えやすい場所に、さらにミノキシジルの血行促進効果を加えると、問題が起こりやすくなるというのは不思議ではないでしょう。

肌荒れやニキビを起こさないためにはどうする?

まずシャンプーは重要です。しっかりと髪を洗って、増えすぎた皮脂やフケが残りすぎないようにしましょう。皮脂を取りすぎるのも問題ですが、シャンプーを怠ると毛穴が詰まって炎症などが起こりやすくなります。

ほかには、バランスの良い食生活や睡眠、ストレスをためすぎない、など規則正しい生活を送ることが肌荒れ予防につながるでしょう。

肌荒れやニキビができてしまったらどうする?

きちんとしたシャンプーや生活習慣を心がけていても、ミノキシジルの使用により肌トラブルが発生する可能性はあります。内服による死亡例などがあることからも分かる通り、ミノキシジルは強い成分ですので、どうしても副作用も強く出やすくなってしまうのです。

症状が出てしまった場合は、すぐにミノキシジルの使用を中止することを推奨します。副作用を無視して使用を続けると、さらに症状が重篤化する危険性があります。

また頭皮にニキビや炎症が起こっている場合は、それ自体が育毛の妨げになります。ミノキシジルの育毛効果より、肌トラブルによる薄毛進行の方が大きくなってしまう可能性もあり、使用を続けるメリットはあまりないと言えるでしょう。

ミノキシジルの使用をやめても、すぐに副作用が改善されるとは限りません。数カ月に渡ってニキビなどができやすい体質になったというような報告もあります。しかしおおむね3ヶ月以内には改善が見られるようです。それ以上の期間副作用が続くようなら、病院に行ってみたほうが良いでしょう。

内服薬としてのミノキシジル

これまでの話は、塗り薬としてのミノキシジルについてのものです。しかしミノキシジルを外用薬としてではなく、内服薬として使っている人もいるかもしれません。

ミノキシジルの内服薬「ミノキシジルタブレット」は日本では認可されていませんが、個人輸入代行サービスなどを利用すれば手に入れることは可能です。

たしかにミノキシジルタブレットには、外用薬を超えるメリットもあります。塗り薬の場合、どうしても成分のすべてが有効に働くというのは難しくなります。人体の皮膚のバリア機能が強いため、体に吸収されずに弾かれてしまうことも多いのです。

内服薬として口から入れれば、その効果は外用薬の比ではありません。より強く育毛効果があらわれるでしょう。しかし問題は、副作用もより強くなってしまうということです。

ただでさえミノキシジルは強い作用を保つ成分です。それを飲むのですから、重篤な症状が現れる可能性も高まってしまいます。もちろん、ニキビや肌荒れが起こる可能性も跳ね上がります。

ごく低い確率とは言え、命に影響する症状があらわれることも覚悟しておく必要があるでしょう。このような問題がありますので、ミノキシジルタブレットの使用はおすすめしません。

しかしどうしてもミノキシジルタブレットを使いたい、あるいはすでに服用してしまったという場合は、体に異常が出ていないか慎重に見極める必要があります。もしもなんらかの症状が出てしまったのなら、すぐに医療機関に相談した方がよいでしょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!