抜け毛を止めたい!今の髪の状態を維持するには?

薄毛の兆候が見られない、あるいは多少薄くなっていても目立つほどではない、ということならその状態を維持することが望ましいでしょう。しっかりとお手入れをすることによって、薄毛の進行を食い止めることが期待できます。

「育毛」と「発毛」の違い

髪の維持を考える前に、まず知っておくべきことがあります。それは「育毛」と「発毛」の違いについてです。このふたつはネットなどでもよく混同して使われていますが、じつはハッキリとした違いがあるのです。

育毛とは?

育毛とは、今生えている髪を健やかに育てていくことを目的としています。薄毛の人は、髪自体が細く弱々しくなっていることが一般的です。育毛では、そうした弱った髪の毛を元気にさせる手助けをします。

発毛とは?

発毛とは、文字通り新しい髪の毛を生やすことを指しています。植物に例えるなら、育毛は弱った木を健康にする作業です。水不足なのか、それとも虫に食われているのか、その原因を取り除いて木の健康を取り戻します。

対して発毛は、木の生えていない、土しか無い地面から新しい芽を生やす作業です。更地を生まれ変わらせるのですから、発毛には何かしらの薬などが必要になります。薬剤で毛母細胞を刺激し、髪の生成を促すなどの方法を使い髪の毛を生やします。

現状維持に必要なこと

ここまでで、今の髪の状態を保ちたいなら、発毛ではなく育毛を目指すべきだというのがわかってもらえたのではないでしょうか。現状維持が目的なら、新しい毛を生やさなくても今ある毛を元気にすれば良いからです。

しかし、新しい髪が生えてくるなら発毛の方がいいのでは、と考える人もいるでしょう。たしかにメリットしか無いなら、発毛を選んだほうが良いかもしれません。けれど発毛には問題点もあるのです。

発毛に使う「発毛剤」は、そのほとんどが医薬品に指定されています。なぜならば副作用などの危険があるためです。薄毛が進行してどうしようもないのなら、発毛剤の利用もやむをえません。しかしそうでないなら、まずは育毛を目指したほうが無難でしょう。

育毛ですべき事

育毛に必要な要素は大きく分けて2つあります。それは「頭皮環境」と「血行」です。この2つの状況を改善していくことにより、髪の毛の健康な成長が期待できます。

頭皮環境

髪が植物なら、頭皮はそれを支える地面です。その土が腐っていたり病気になっていたら、健康な髪が生えてくるわけがありません。そういうわけで、薄毛対策をするならなによりも頭皮環境の改善を目指すべきだと言えるでしょう。

頭皮環境は、さらにいくつかの問題に分けて考える必要があります。まず、炎症や異常がないかということを気にしなければいけません。頭皮が傷ついていたら、当然髪の毛にも悪い影響がもたらされます。

菌の増殖やパーマやブリーチによるダメージなど、炎症の原因はさまざまですが、炎症が起きているなら、真っ先に炎症を治すことを考えましょう。このような状態では、育毛剤なども逆効果になることがあります。

清潔さも、頭皮環境で見るべき大事なポイントです。フケだらけ汚れだらけの頭では、髪の成長を阻害する恐れがあります。また、雑菌が繁殖すると炎症が引き起こされることもありますので、そういった意味でも毎日の洗髪は欠かせません。

衛生状態が良好なら、次は頭皮の潤いをみてみましょう。カサカサに乾いた頭皮は、育毛に適した環境だとは言えません。先程のように植物で例えるなら、日照りで干上がりヒビ割れた土壌のようなものです。植物が元気に生えるわけがありませんね。

頭皮には適度な潤いが必要です。しかし多すぎても少なすぎてもよくありません。また水分だけでなく皮脂の量も重要です。皮脂がほとんどないような頭皮は、髪のためによくありません。逆に皮脂でベトベトしているような頭皮も失格です。水分と同じく適度な油分を維持していく必要があるのです。

血行と栄養

髪の成長に必要な酸素と栄養分は、血管を通して運ばれます。ですから育毛には、血行も重要なファクターとなるのです。とくに髪の毛は、生存に必要不可欠というわけではないため、体の中での栄養供給の優先順位が低くなりがちです。ですから意識して血行を促進し、十分な栄養分を髪の毛に補給してやる必要があります。

血行促進のために役立つ方法として、頭部のマッサージがあります。頭皮を揉みほぐすことによって、毛細血管を刺激し血の流れを良くすることが可能です。

やり方としては、1日に二度ほど頭皮全体を揉みほぐしていきます。この時、爪を立ててはいけません。頭皮に傷がつき、髪の成長に悪影響があらわれてしまいます。また力を入れ過ぎたり、回数が多すぎるのもよくありません。頭皮はデリケートですので、やりすぎると傷んでしまいます。

少し意外なところでは、頭皮だけではなく首筋のマッサージもしたほうが良いということがあります。肩がこるというのはよくある現象ですが、このような状態では血流が滞っている可能性があります。

いくら頭皮を揉みほぐしても、そこに行く前の首などで血の流れが悪くなっていれば十分な効果は期待できません。肩や首もマッサージし、心臓からの血液が頭部へとスムーズに流れるようにしましょう。

育毛シャンプーで頭皮環境を整える

育毛のためには頭皮環境が重要だと言っても、どうすれば改善できるのか難しい問題です。清潔さを保つだけなら毎日シャンプーするだけでも良いかもしれませんが、頭皮の潤いや皮脂量をうまくコントロールできません。

こうした悩みを解決するのが「育毛シャンプー」です。育毛シャンプーは、頭皮や髪のコンディションを整えることを目的として作られているシャンプーです。そのため育毛作業をしている場合には、もっとも適したシャンプーだと言えるでしょう。

育毛シャンプーで新しい髪の毛がどんどん生えてくる、などということはありませんが、抜け毛を減らし現在の髪の状態を維持する効果は十分に期待できます。

通常のシャンプーは成分が強すぎて、育毛には適していないことも少なくありません。強い洗浄力で皮脂を取りすぎてしまい、よけいな頭皮のトラブルを引き起こすことがあるのです。

強いシャンプーで皮脂を落としすぎると、体は減りすぎた皮脂を補うためにより多くの皮脂を分泌するようになります。そうなると頭皮がべたつく感覚が出てくるので、よけいにシャンプーをし、シャンプーをしすぎるとさらに皮脂が増えて……と悪循環に陥ってしまいます。

育毛シャンプーはアミノ酸系など、刺激が弱い成分で作られています。そのため普通のシャンプーのように頭皮の環境悪化を心配せずに使用することができます。体質に合うかという問題はありますが、基本的には育毛シャンプーが普通のシャンプーより劣っている面はありません。

ただし育毛シャンプーは値段が高いという難点があります。男性の場合とくに、シャンプーの種類には無頓着という人が大半です。じっさいに男性は300~500円ほどの安いシャンプーを購入していることが多いとされています。

これが育毛シャンプーになると、その値段が十倍ほどに跳ね上がってしまいます。育毛シャンプーは通常のシャンプーと違い、低刺激の頭皮環境に良い成分で作られているためどうしても高くなってしまいます。しかしシャンプーは一日二日で使い切ってしまうものではありませんから、育毛のことを考えるなら良いシャンプーを選んでおくことをおすすめします。

生活を見直す

髪の状態を維持するには、生活環境を整えることも重要です。いくら育毛シャンプーを使っていても、生活が乱れていればその効果は期待できません。「食事」「睡眠」「運動」「酒・タバコ」などに注意してみましょう。

食事

育毛のためには、どんなものを食べるかが大事なポイントになります。髪のほとんどはタンパク質でできているため、しっかりとタンパク質が入ったものを食べましょう。タンパク質は、肉や魚、大豆などに多く含まれています。

また亜鉛やビタミン・ミネラル類も育毛には欠かせません。これらをバランス良く摂取するように心がけましょう。

睡眠

十分な睡眠も髪の成長を助けてくれます。逆に言えば睡眠不足は、薄毛の原因になりかねないということです。とくに夜の10時から深夜2時までは、髪が成長しやすい時間帯ですのでなるべくベッドで休息できるようにしたいところです。

運動

髪はそれだけで存在しているわけではなく、あくまでも体の一部です。適度な運動で健康を保つことは、髪の状態を良くすることにもつながります。また運動によってストレスが解消されることも育毛効果を高めてくれるでしょう。

酒・タバコ

お酒もタバコも、育毛を考えるならなるべく控えたほうが良いでしょう。飲酒すると、そのアルコールを分解するために体の栄養が使われてしまいます。結果として髪の毛まで十分な栄養がもたらされなくなってしまいます。

ただしお酒にも良い点はあります。まずストレス解消効果が挙げられるでしょう。ストレスは育毛の大敵ですので、それが無くなることは良いことです。また飲酒によって血行が良くなる効果も規定できます。

そういうわけで、適量なら飲酒もかまいません。目安としては1日にコップ2杯ほどでしょうか。それ以上の飲酒はデメリットの方が多いと考えておきましょう。

喫煙は血管を収縮させて、毛髪への栄養補給を妨げます。さらにビタミンCを大量に消費してしまうなどの悪影響もあります。飲酒と違い喫煙には、育毛にプラスになることはありません。

ただし禁煙によりストレスがたまりすぎると、それが抜け毛の原因になることはあります。そのため無理な禁煙はよくありませんが、なるべく吸う本数を減らしていくとよいでしょう。

育毛剤で現状維持

育毛シャンプーの使用や、生活環境を見直すことも育毛には重要です。しかしやはり本気で薄毛対策をするなら育毛剤の使用は欠かせないでしょう。育毛剤を使うことにより、頭皮環境を整え、抜け毛を減らすことが期待できます。

また、男性の薄毛の原因の多くを占めるAGA対策には育毛剤が必須です。AGAでは男性ホルモンの影響により抜け毛が増えるので、頭皮環境を整えたり生活環境を整えるだけでは薄毛を止めることはできないからです。

育毛剤には、毛母細胞に働きかけてジヒドロテストステロンを防ぐ効果を持つ成分などが含まれており、薄毛の進行を食い止める効果が期待できます。

さらに育毛剤なら、髪の毛が生えてくることも期待できます。発毛剤ではなく育毛剤と呼ばれているものでも、その多くには発毛に効果があるとされている成分が含まれています。そうした成分により、より積極的な育毛効果がもたらされるでしょう。

ちなみにキャピキシルなど、発毛に効果があるとされている成分が育毛シャンプーに含まれている場合があります。しかし育毛剤の場合と違い、育毛シャンプーに含まれている発毛成分はその効果が限定的であると考えておきましょう。

なぜなら育毛シャンプーは、すぐに水で洗い流してしまうものだからです。これではなかなか有効成分が頭皮に浸透していきません。育毛シャンプーの使用は、あくまで頭皮環境を整えることを主眼としておいたほうが良いでしょう。

ですから育毛シャンプーを購入するときにも、発毛成分が入っているかどうかよりは、頭皮に優しいものかどうかなどを優先して選ぶべきです。

さて、髪の現状を維持するには育毛剤が欠かせないとしました。しかし育毛剤を使っていればそれだけでよいというものではありません。育毛剤が十分な効果を発揮するためには、その他の条件を整えることも重要なのです。

まず炎症など頭皮にトラブルがあれば、育毛剤は力を出せません。前述のようにむしろ逆効果になってしまうことがほとんどでしょう。ですから育毛剤の効果を100%発揮させるためには、育毛シャンプーなどを使って頭皮環境を万全に整えておく必要があります。

また暴飲暴食や睡眠不足などを繰り返していたら、いくら育毛剤で髪の毛を健康にしようとしても難しくなります。育毛剤のプラス効果を生活環境のマイナス面が上回ってしまえば、それでおしまいです。

つまり育毛のためには「育毛剤」「頭皮環境改善」「生活環境改善」をバランス良くおこなっていく必要があるということです。

生活環境改善にはそれほど費用がかかりませんが、育毛剤と育毛シャンプーの利用にはお金がかかります。育毛剤と育毛シャンプーの両方を使うのが望ましいのですが、もしかしたら費用の問題で併用は気が進まないという人もいるかもしれません。

そういう人は、育毛シャンプーよりも育毛剤を優先するようにしましょう。育毛シャンプーはあくまで頭皮環境改善が主目的であるため、育毛への重要性は育毛剤よりも低くなります。お金がなければ通常のシャンプーで代用してもかまいません。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!