M字ハゲは治らない?それとも治る!?

 風呂上がり…

 洗面所の鏡の中の自分に違和感。

 思わず前髪をかきあげて見ると、生え際が後退しているのに気づく。さらに頭頂部も…

 忍び寄る脱毛の陰に、心がぞわぞわした経験は、お年頃の男性には少なからずあるはずです。

「親父も薄かったから」とあきらめるか、何かしらの手立てをとって、改善を目指すか、もちろん後者をとりたいですよね。

 それには、まず、自分の脱毛が何に起因するのか、また、8種類に分類される脱毛の、どの種類に属するのかをきちんと把握して、対処するのが最善です。

 今回は、脱毛の種類と原因、さらにM字脱毛の対処について、まとめてみましょう。

 

8種類に分類される脱毛症!それぞれに違う特徴、当然対処も違う!

 最初に、「8種類の脱毛症」と「その原因」についての知識を得ましょう。

[男性型脱毛症(AGA)]

  男性の脱毛の理由だい1位が、この男性型脱毛症です。原因は、男性ホルモンの影響が大きいと言われていますが、生活習慣やストレス、遺伝によるものなど、様々な要因が混在していると言われています。最近では、20代後半からの症例も報告されています。

[M字型脱毛症]

 生え際から、両サイドが、しだいに頭頂部へ向かって上がっていく脱毛症です。これも原因は様々ですが、眼精疲労も一因としてあげられます。生活の変化に影響がある、現代型脱毛症と言えるでしょう。また、進行を食い止めづらい脱毛症としても有名です。

[O字型脱毛症]

 頭頂部がO字型に薄くなっていく症状です。M字型と比較すると、改善されやすいと言われています。

[U字型脱毛症・A字型脱毛症]

 額の中央部から、両サイドが一斉に薄くなっていく症状です。サザエさんのお父さん、波平さん型ですね。O字型と同時進行する場合もあり、一気に信仰してしまう場合があります。

[若年性脱毛症]

 早い方では、10代から、薄毛の悩みが出てくると言われています。男性ホルモンの過剰分泌や、皮脂の分泌も多い世代ということもあり、頭皮環境を整え、生活習慣を見直すことで改善が期待されます。

[脂漏性脱毛症]

 皮脂の分泌が過剰に起こり、老廃物や汚れが毛穴に付着することによって、頭皮の異常、またヘアサイクルの循環を阻害していることに起因した脱毛症です。頭皮も顔と同じ皮膚、ニキビが頭皮にできたと想像して見てください。頭皮環境の改善で、防ぐことができます。

[びまん性脱毛症]

 女性に多く見られる、髪のボリュームが落ちることによって、薄毛に見える症状です。髪に栄養を補給してあげると改善する場合が多いです。

[円形脱毛症]

 昔でいう10円はげ、複数の場所で発生するとまだらになってしまう場合もあります。ストレスやアトピーが大きく影響していると言われていますが、最近の研究では、免疫疾患、つまり、外部からの細菌や異物に対しての過剰反応が原因とする説が主流です。

M字型脱毛症はなぜ治らないと言われているのか?

 さあ、これらの脱毛症の中でも、多くの方が悩む、M字型脱毛症に目を向けてみましょう。

 鏡に向かって、横に傾けると、視線が自然と上に向く。最も気になるM。

 まさに脱毛症の定番!

 そして、進行を防ぎづらい薄毛、NO1も、このM字型脱毛症です。

 他の部分と同じように、血行不良や皮脂の分泌による毛穴のつまりが影響することはもちろんですが、さらに遺伝的な要素があることももちろん、しかし、「M字型ならでは」の理由があります。

 それは「目の疲れ」です。

 目が髪にも影響?

 順を追って説明しましょう。

 目が疲れる生活、パソコンやスマホで、ゲームを続けると、目が疲れます。それと同時に、肩が凝る、首が凝る、背中が凝る、手先が痺れるなどの経験は、誰もが経験することではないでしょうか?

 遊びばかりではありません。多くの職場がパソコン抜きでは仕事ができない時代になりました。現代社会の必須アイテムです。

 「凝る」という現象は、血行不良に原因があります。特に、頭への血流が阻害される首や肩の凝りは、頭皮の血流にも悪影響を及ぼします。

 特に目に近い、M字の部分の血流が滞ることが多く、M字型脱毛症の原因になると言われています。

 悪いとわかっていながらも、現代に生きる私たちは、画面と向かい合わない生活は考えられません。したがって、眼精疲労とは切っても切れない生活を送っているのが、現代人の必然ということになります。

 「M字型脱毛症は、治らない」と言われる理由は、私たちの日常生活と密接に関係があるからなのです。

知れば知るほど深刻!なんとかならない?進行を食い止めろ!

 はじめに、強烈な一撃!

「M字型脱毛症の若年化が進んでいる!」

 追撃!

「M字型脱毛症は進行が速い!」

 現代はストレス社会、心も体も多くのストレスの中で悲鳴をあげています。不規則な生活、睡眠不足、偏った食事、運動不足、さらに、前項で述べた眼精疲労…原因を挙げればきりがありません。

 遺伝的な要素を加えたら、絶望的です。

 しかしなんとかして、抵抗したいのが人の常です。

M字型だけではなく、他の脱毛症も含めた、気をつけるべき点を思い出してみましょう。

  • 頭皮環境を清潔に保つ
  • ・正しい洗髪の方法を実践する。

    ・皮脂や汚れを除去する。

  • 生活習慣を見直す
  • ・睡眠不足を解消する

    ・過度の飲酒・喫煙の防止

    ・バランスの良い食事を心がける

    ・規則正しい生活を心がける

  • ストレスを溜めない
  • ・運動などでストレスを発散する

    ・職場や家庭の人間関係を円滑に!

 全てを一気にクリアしていくことは難しいことです。生活習慣の改善を心がけるばかりに、逆にそれがストレスになってもいけません。

 まずは、少しずつ、自分の生活を見直してみることで、自分自身の意識が変わります。頑張る自分が、「生活習慣を変える自信」をもたせてくれます。

 これが第1の進行を食い止める改善策です。

朗報!救世主現わる!M字型脱毛症専用育毛剤登場!

 日常生活の見直しが済み、頭皮環境が改善されてきたら、そこに栄養を注ぎ込んであげましょう。

 そうです。

 育毛剤の出番です。

 星の数ほどある育毛剤です。どの育毛剤を手にとったらいいかは、皆が迷うところ。

 どの育毛剤も、各メーカーが研究を重ねた結果、生み出されたものですから、それぞれに効果が見込めます。

 ならば、

「何を使っても良いのか?」

あれを使って、これを使って、「育毛剤ジプシー」のように彷徨っていたのでは、進行を食い止め、M字を改善するタイミングを逸してしまいます。

 最初に述べたように、脱毛症には、8種類もの分類があります。それぞれの原因が重なるところもありますが、それぞれに、特徴も持っています。

 そこで、M字型脱毛症に特化した育毛剤はないのか?

 あるんです!

その名も「薬用プランテル」
プランテルの画像

育毛剤です。

 脱毛症の治療には、医薬品である発毛剤、医薬部外品である育毛剤、化粧品に分類される養毛剤の3種類があります。

 医薬品である発毛剤は、副作用が心配です。若干の痛みやムズ痒さならまだしも、心臓への影響や性的不能、頭痛吐き気…

「医師の指導の元に使用する」とは言え、不安が大きいことは否めません。

 それに比べて、育毛剤は副作用が少ないということができます。

 しかし、育毛剤の中にも、頭皮にストレスを与えてしまうような薬剤が含まれているものもあります。

 今、お持ちの育毛剤の成分表を確認してください。

  • パラペン
  • 合成着色料
  • 香料
  • 鉱物油

などは、頭皮に直接触れるものだけに、できる限り、避けたいところです。

 最も安心なのは、天然成分を主とした育毛剤です。

 多くの育毛剤に含まれる天然成分とねらいは、以下の通りです。

[血行を促進する・毛母細胞の活性化]

  • クジンエキス
  •   マメ科の植物「クララ」の抽出エキス。血行を良くして発毛を促す。

  • センブリエキス
  • リンドウ科の植物「センブリ」から抽出される植物エキス。昔は漢方の胃     腸薬として重宝されたが、血行促進や細胞分裂の活性化が確認され、育毛剤にも使われるようになった。

  • ニンジンエキス
  • 朝鮮人参を煎じた生薬エキス。冷え・貧血・低血圧を改善する効果がり、頭皮の血流を促進する効果もある

  • ビタミンE
  • 大豆やアーモンドなどに豊富に含まれるビタミン。血行促進、血管拡張に効果あり

  • チクセツニンジン
  • 朝鮮人参と同様に、頭皮の血行をよくして、毛母細胞を活性化する

  • ビワ葉エキス
  • ビワの葉を煎じて抽出したエキス。体質の改善や細胞の活性化する

[脂質を取り除く]

  • カシュウ
  • 健康ハーブ、ツルドクダミの塊状根を干したもの。昔から不老長寿の薬と呼ばれている

  • イオウ
  • たんぱく質やアミノ酸の構成要素で、体や髪、爪などの組織を作るための必須アイテム

  • ビタミンB6
  • 皮脂の分泌を抑える

  • 牡丹エキス
  • 牡丹科の植物の根の皮から抽出したエキス。血行促進の働きを持ち、紫外線から肌を守る効果もある。近年、活性酸素の除去作用もあることがわかり、注目されている

[頭皮に栄養を与える]

  • 亜鉛
  • 体の成長、細胞の増殖、つまりは、毛母細胞の増殖に重要な役割を持つミネラル。

  • シナノエキス
  • シナノキ科の植物から抽出されたエキス。抗炎症作用があり、頭皮の炎症を抑えて頭皮環境の改善が期待される

[頭皮の保湿]

  • アルテア抽出液
  • アオイ科の植物のビロウドイオイを抽出したエキス

  • アロエ抽出液
  • ご存知、アロエの抽出液。抜け毛の原因酵素「5αリアクターゼ」の働きを抑制すると言われる

  • イチョウ葉エキス
  •  血管拡張の効果も高いが、抗菌作用、保湿作用も高いとされる

  • オトギリソウエキス
  • フラボノイド、タンニン、サポニンなどを含み、皮膚の保湿のほか、男性ホルモンを抑制する働きもある

  • 海藻エキス
  • 言わずと知れた保湿成分

  • ヒキオコシエキス
  • シソ科の植物ヒキオコシやクロバナヒキオコシの茎や葉から抽出したエキス。古くからの日本の民間薬であり、『和漢薬三才図絵』によると、弘法大師が瀕死の旅人にこれを与え、回復させたとあり、「延命草」の名で知られた。保湿・抗菌作用により、発毛が促進される

ここで、「薬用プランテル」の成分を調べてみましょう。

  • ビワ葉エキス
  • 海藻エキス
  • 牡丹エキス
  • シナノエキス
  • ヒキオコシエキス
  • プロビタミンB5(化粧品にも配合される安全な成分)
  • さらに、「ヒオウギエキス」
  • これは、他の育毛剤の成分にはないもの、「薬用プランテル」独自の成分ということができます。

 さて、その効能は?

 「男性ホルモン「テストステロン」と「Ⅱ型5α?リアクターゼ」の結合を

  抑制すること」

 「ヒオウギエキス」は、女性ホルモンを多く含みます。女性ホルモンの力で、男性ホルモンの過剰分泌を抑えよう、M字型脱毛症を改善しようという考え方です。

 「薬用プランテル」は、頭皮にストレスを与える可能性のある成分は、一切含まれていません。

 こうして、男性ホルモンの過剰分泌を抑え、発毛環境を整える育毛剤「薬用プランテル」は、安心安全に開発されているということができます。

 M字型脱毛症対策を前面に出した育毛剤は、他にもありますが、天然由来の成分という安心は「薬用プランテル」が第1位になります。

 その効果のほどはいかが?

 塗りました!生えました!

とはいかないようですが、使用していくにつれて、ゆっくりと効果が現れてくるようです。天然成分であるが故の効き目の緩やかさ。漢方薬や生薬が、優しくゆっくりと効果を発揮していくように!

 副作用などの体の負担を認め、即効性を求めるか、はたまた、副作用はないが、穏やかに効き目を発揮するか。

 そのどちらを求めるかによって、発毛剤を使うか、育毛剤を使うかを判断することも、人生の選択です。

まとめ

 進行を食い止めづらいと言われるM字型脱毛症。

 しかし、食い止め、現状を維持するばかりではなく、改善の期待も出てきました。

 どうしようかな?と迷い、何も手立てを講じなければ、進行の速いM字型脱毛症に打ち勝つことはできません。それどころか、気にすること・悩むことがストレスになり、抜け毛の原因になってしまうかもしれません。

 一歩を踏み出す勇気を、「はじめの一歩」として、人生を変えて行こうではありませんか?

 ストレスを回避する、生活習慣を改善する自分の努力、さらに、有効な育毛剤の助けを借りれば、鬼に金棒!

M字型脱毛症は、克服可能です。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!