育毛剤もここまで安くなった!K’sKを徹底解剖

育毛剤というと「コストがかかる」というイメージがあり、購入をためらっている人も多いのではないでしょうか。特に通販限定商品はそれなりの価格がするため、その傾向が強いでしょう。そんなあなたにオススメなのがK’sK(ケースケ)という育毛剤です。

「1日たった66円」というキャッチフレーズに加え、180日間という長期間が対象の全額返金保証制度など、少しでも出費を抑えたいというあなたにとっては、気になる製品なのではないでしょうか。

K’sKの効果や成分、お得な購入法などについて、徹底解剖していきましょう。

K’sKにはどのような効果があるの?

価格が話題になりがちがK’sKですが、効果の方もしっかりとしています。

大きく分けるとAGA(男性型脱毛症)による脱毛を抑える効果、頭髪の成長を促す効果、頭皮の状態を整える効果です。それぞれの効果について説明していきましょう。

AGAによる脱毛を抑える効果

薄毛の原因の多くを占めているのは、AGAです。

これはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質によって頭髪の成長が抑制され、十分に成長していない頭髪が抜けるようになってしまうために起きるものです。

AGAによる脱毛を抑えるためにはDHTの生成を抑える必要がありますが、K’sKにはそのための成分が含まれています。これによってAGAの進行を防ぐというわけです。
ちなみに、DHTの生成抑制はAGA治療において最も重要とされているものです。

抜け毛を抑えておかないと、どのような育毛剤を使用しても頭髪が生える端から抜けてしまうという、意味のないことになってしまうからです。実際、医療機関における治療でも、DHT生成阻害剤であるフィナステリドの投与が最優先されています。

頭髪の成長を促す成分

K’sKの場合、2つのアプローチによって頭髪の成長を促します。ひとつは毛母細胞に直接働きかけて頭髪の伸びを促進させる方法、もうひとつは頭皮の血流を良化させて毛根に十分な栄養分と酸素を与える方法です。

まず、毛母細胞を活性化させるアプローチです。AGAの場合はDHTの働きによって頭皮の成長を抑制する成分が生成されるようになり、これによって毛母細胞が活力を失っています。

まずは毛母細胞を活性化させて細胞分裂しやすい状態に持っていき、頭髪が伸びる環境を作っておくのです。ただ、それだけでは不十分です。なぜなら、頭髪が伸びるためにはそのための栄養分と、エネルギーを作り出す酸素が必要だからです。

頭皮の血流を良化させれば、毛根に十分な栄養分と酸素が行き渡るようになり、頭髪の成長がさらに促進されるのです。医療機関で処方されているミノキシジルは頭皮の血管を拡張して血流を良化させる薬剤ですが、これと似た働きを持っていると考えていいでしょう。

頭皮の状態を整える成分

頭髪を「作物」とするならば、頭皮は「畑」のようなもので、頭皮の状態が悪化すれば頭髪にも悪影響が出てしまいます。

例えば頭皮が紫外線などによって乾燥すればフケが増え、毛穴につまって炎症を起こし、粃糠性脱毛症の原因となります。また、不十分な洗髪などによって頭皮の皮脂が過剰になれば、皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こし、脂漏性脱毛症の原因となります。

K’sKには、頭皮の状態を整えるための成分が多く含まれています。具体的な効能は次の3つに分けられます。皮脂の過剰分泌を抑えること、頭皮の保湿力を高めること、原因となる雑菌を退治するなどして炎症を抑えることです。

直接頭髪を育てる効果というわけではないものの、頭髪をしっかりと頭皮に定着させることにはつながっており、「縁の下の力持ち」的な働きと考えていいかもしれませんね。

どのような成分が含まれているの?

では、K’sKには具体的にどのような成分が含まれているのでしょうか。AGAによる脱毛を抑える成分、頭髪の成長を促す成分、頭皮の状態を整える成分の3つに分けて説明していきます。

また、成分表で気になる点についても触れていきましょう。

AGAによる脱毛を抑える成分

冬虫夏草エキスとオウゴンエキスがこれに当たります。いずれもDHTの生成を抑制する働きがあり、これによって頭髪の成長サイクルを整え、脱毛を抑えるのです。

頭髪の成長を促す成分

毛母細胞を活性化させる成分としてアデノシン三リン酸、頭皮の血行を良化させる成分としてセンブリエキスとエゾウコギエキスが配合されています。

この2つの相乗効果によって、頭髪の成長を促進させ、丈夫な毛髪が生えてくる手助けをします。

頭皮の状態を整える成分

皮脂の過剰分泌を抑える成分としてはニンジンエキス、ローヤルゼリー、I-メントールが配合されています。

皮脂の分泌量を適度に保てば毛穴に詰まることはなくなり、脂漏性脱毛症を防げます。頭皮の保湿力を高める成分としてはアロエエキスが配合されています。保湿力を高めれば乾燥による粃糠性脱毛症を防止できますし、皮脂の分泌量を抑えることにもつながります。

皮脂は頭皮が乾燥しないように分泌されているため、乾燥すれば頭皮を守るために分泌量が増えてしまうからです。そして、殺菌・抗炎症作用を持つ成分としては、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒノキオチール、d-カンフルが含まれています。

フケや皮脂が毛穴に詰まった場合でも炎症を抑えることができれば、脱毛症になるまで悪化することはなくなるでしょう。

成分表で気になる点は?

K’sKの成分表を見ていくと、気になる点があります。

頭皮に刺激を与えてしまう成分や、人体にとって有害になる可能性のある物質が含まれているからです。まず、安息香酸ナトリウムです。防腐剤として配合されているものですが、食品添加物としては比較的危険性が高いことで知られています。

また、ビタミンCと反応することで、発癌性物質であるベンゼンになることも分かっています。いずれにしても、あまり好ましい物質とはいえないようです。

次に、ヒドロキシエタンジホスホン酸です。

これは乳化剤として含まれているものですが、頭皮がアレルギー反応を起こしてしまう可能性があることが指摘されています。シャンプーに含まれていた場合はきていに洗い流すことが推奨されており、いずれにしても頭皮に良い成分ではありません。

また、メチルパラベンには接触性皮膚炎を起こす可能性があることが指摘されていますし、エタノールは刺激によって頭皮が赤くなったりかぶれてしまったりするリスクがあります。いずれも頭皮に対して優しい成分とはいえません。

コストを抑えるためとはいえ、こうした成分が配合されているのは考えものです。使用する際には、こうした成分の影響が少しでも軽微になるような対策を取ることが必要になってきます。

効果的な使い方は?

K’sKのセールスポイントのひとつは購入方法によってはかなりリーズナブルになることですが、それでもお金を払うのならば少しでも効果を高めたいと考えてしまうのが人情というものでしょう。

K’sKの効果を高めることにできる使用法は、どのようなものなのでしょうか。

頭皮が湿っている状態で塗布する

上記のようにK’sKには安息香酸ナトリウムをはじめ、頭皮に悪影響を与える可能性のある成分が含まれています。

少しでも悪影響を抑えるためには、こうした成分が薄まってくれるようにするため、頭皮が湿っている状態で塗布するようにすればいいでしょう。

育毛剤の効果を高めることだけを考えるのでしたら、濃い成分を浸透させるため頭皮を乾かした方がいいのですが、添加物の問題を考えるとやむを得ないといったところです。

塗布後は頭皮を乾かす

塗布したあとは、成分を浸透させるために5分ほど置いたうえで、ドライヤーでしっかりと乾かした方がいいでしょう。頭皮が湿ったままだと蒸れてしまい、頭皮の状態を悪化させる原因となります。

また、水分によって細菌が繁殖し、頭髪がベタついてしまう可能性があるのも問題になります。

夜の入浴後に塗布する

頭髪の伸びには成長ホルモンが関係していますが、成長ホルモンの分泌量は午後10時から午前2時にかけて増加することが分かっています。

つまり、この時間帯に効果を発揮できるようなタイミングでK’sKを塗布すれば、より大きな効果が期待できるということになります。具体的には、夜の入浴後の時間帯がオススメです。

タイミングが良いのもさることながら、洗髪によって皮脂が適度に洗い流されており、育毛成分が頭皮に浸透しやすくなっているためです。

頭皮マッサージを併用する

K’sKには頭皮の血行を良化させる成分が含まれていますが、頭皮マッサージによってさらに血流を良化させることで、育毛効果を高めることが期待できます。

実際、K’sKの公式サイトでも、頭皮マッサージとの併用が推奨されているくらいです。また、マッサージによって頭皮の柔らかさを保てるのも、メリットといっていいでしょう。頭皮の効果は育毛成分の浸透を妨げる原因になりますが、これを防ぐことができるためです。

特に、AGAによって薄毛になりやすい頭頂部は頭皮が硬化しやすくなっていますので、マッサージの効果が期待できそうです。

副作用は大丈夫?

育毛剤を使用する際に心配になることのひとつが、副作用の有無です。

これは、医療機関で処方されているフィナステリドとミノキシジルに副作用が確認されていることが背景にあります。フィナステリドの副作用は抑鬱症状やED(勃起障害)、ミノキシジルは頭皮のかぶれや湿疹です。

特にEDは若年層の男性にとっては、AGA以上に深刻な問題となる可能性があります。K’sKの育毛成分は基本的に自然由来なので、副作用についてはあまり心配しなくてもいいでしょう。

ただ、上記のように頭皮に悪影響を与える可能性のある物質が含まれていますので、もし頭皮がかぶれるなどした場合には使用を中止し、医療機関を受診するようにしましょう。

初期脱毛はあるの?

育毛剤によって頭髪の成長サイクルが整える際に、頭髪が一度抜けてしまうことがあります。これを初期脱毛といいます。

基本的には育毛剤が効果を発揮している証拠と考えていいのですが、育毛剤を使用して頭髪が抜けてしまったことが気になるのも、ある程度は仕方ないといえます。

かつてはミノキシジル系の育毛剤特有のものとされていましたが、現在では基本的にどのような育毛剤でも起きるとされています。K’sKにはDHTの生成を抑えて頭髪の成長サイクルを整える成分が含まれていますので、初期脱毛についての可能性は否定できません。

ただ、初期脱毛は育毛剤が効果を発揮している証拠ですし、しばらくすれば収まりますので、必要以上に気にしないことです。気にしすぎるとストレスとなり、頭皮の血流を悪化させ、K’sKの効果をダウンさせてしまう可能性があるためです。

K’sKの口コミはどんな感じ?

どのような製品にもポジティブな口コミ、ネガティブな口コミの両方がありますが、K’sKについてもそれは同じです。ただ、どちらの口コミからもその製品の特徴が見えてくることも確かです。

K’sKの口コミのうち、目立ったものを紹介します。
まず「値段は安いのに成分は見劣りしない」(30代男性)、「コスパが良いので経済的に楽」(20代男性)と、コスト面を評価する口コミが目立ちます。

「副作用が怖かったが、今のところ安心して使える」(40代男性)というように、副作用についても必要以上に心配することはなさそうです。

ただ「いくつかの添加物が配合されているのが残念」(30代男性)というふうに、頭皮に影響を与える可能性のある物質が複数含まれている点を不安視する人も多いようです。

育毛剤が添加物フリーになっていく中で、これだけの添加物が含まれているのでは仕方がないかもしれません。

お得な購入方法は?

K’sKはコストパフォーマンスが良いと繰り返し書いていますが、どのような購入方法だとお得になるのでしょうか。

その方法を紹介しましょう。

公式サイトで最も安く入手する方法は?

最もお得に購入できるのは、3本セットの定期コースを申し込むことです。3本で6カ月使用でき、価格は1万1940円、1本当たり3980円です。

公式サイトに書かれている「1日当たり66円」は、このコースのことです。1本だけの定期購入だと送料、代引き手数料込みで1本5062円、単品購入だと6582円です。いかにお得かが分かってもらえるのではないでしょうか。

しかも、3本セットコースには、180日間の全額返金保証制度があります。これは他社製品と比較しても極めて長いものです。効果が思わしくなかったり、肌に合わなかったりした場合を想定しても、これならば安心して購入できるのではないでしょうか。

楽天・Amazonでは取り扱っているの?

楽天・Amazonの画像 公式サイトでこの価格ならば、ネットショップならもっと安く購入できるのではないかと考える人もいるかもしれません。

ただ、楽天とAmazonで検索をかけてみると、K’sKを取り扱っているショップはヒットしませんでした。ネットショップでの入手は難しいと考えていいでしょう。

ただ、他社製品の事例を見る限り、ネットショップでK’sKが販売されても安くなるかどうかは微妙なところです。楽天やAmazonに出店する場合、業者は手数料を払う必要があり、その分が価格に上乗せされてしまうからです。

薬局での取り扱いは?

ネット通販で育毛剤を購入する場合の心配のひとつは、家族に購入がバレてしまわないかということです。包装紙に商品名が書いてあったり、内容物の欄に「育毛剤」と書いてあったりしたら、目も当てられないことになってしまいます。

このため、育毛剤は薬局などの店頭で買うようにしている人もいるでしょうが、K’sKは果たして薬局で取り扱っているのでしょうか。「K’sK 育毛剤 薬局」で検索をかけてみたところ、薬局で扱っているという情報はありませんでした。

ちょっと残念ですが、薬局での購入については諦めた方がいいかもしれません。

2chでの評判はどんな感じ?

匿名で書き込める巨大掲示板「2ch」は、シビアなレビューが多く投稿されることで知られています。

ただ、2chの「ハゲ・ズラ」板で検索をかけてみたところ、K’sKについてのスレッドは発見できませんでした。2chであまり話題になることのない育毛剤なのかもしれません。ただ、2chで話題になるような内容は、ほとんどの場合ネガティブなものです。

2chで話題にならないということは、そうした情報もあまりないということなので「無沙汰は無事の便り」程度に思っておけばいいのではないでしょうか。

どのような薬剤・サプリとの併用がオススメ?

K’sKの成分でもうひとつ不安がある点を挙げると、AGAによる脱毛を抑える成分が少ないことです。冬虫夏草エキスとオウゴンエキスだけでは、ちょっと心許ないと考える人もいるのではないでしょうか。

脱毛を抑える効果を高めるためには、そうした効果を持った薬剤やサプリメントと併用するのがオススメです。効果が最も高いのはフィナステリドですが、上記のように副作用があるため、個人での購入はオススメできません。

似たような働きを持つノコギリヤシエキス配合の育毛サプリならば、効果は劣るものの副作用の心配がないため、安心して摂取できるのではないでしょうか。
K’sKの画像

内容量110mL / 60日
有効成分グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ニンジンエキス、ヒノキチオール
効果・効能育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、養毛
単品価格11,000円(送料650円、代引手数料432円)
継続費用【6ヶ月毎定期プレミアムコース】
180日:11,940円(送料無料)
【2ヶ月毎スタンダードコース】
3,980円(送料650円、代引手数料432円)
【2ヶ月毎ライトコース】
5,500円(送料650円、代引手数料432円)
継続費用
※定期価格試算
180日:11,940円
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!