育毛剤は10代から使いはじめても大丈夫?副作用の心配は?

学校の勉強や人間関係など、現代の子供は昔より大きなストレスを抱えて日常を過ごしているようです。そのせいか、まだ若いのに薄毛になってしまったという話をよく聞きます。

薄毛対策と言えば、まず思いつくのが育毛剤でしょうが、若いうちから使ってもいいのか悩んでいる人がいるかもしれません。一口に若いと言っても十代と二十代では状況が異なります。十代・二十代でそれぞれ、育毛剤をどう扱えば良いのか見ていきましょう。

十代の場合

十代は発育途上のため、使ってはいけない育毛剤があります。体に悪影響を及ぼしかねませんので、間違って使用したりしないよう気をつけましょう。

医薬品

まだ未成年なら、育毛剤の使用には注意が必要です。使ってはいけないと決められている育毛剤があるのです。「医薬品」という扱いの育毛剤は、未成年の利用が禁止されています。フィナステリドやミノキシジルを含んだ製品の一部が、この医薬品にあたります。

なぜ禁止されているかというと、これらの成分は男性ホルモンに影響を与えるものだからです。十代はまだ、生殖器など体の成長過程にあります。ここにミノキシジルなどの成分を摂取すると、とんでもない副作用があらわれてしまう可能性があるのです。

医薬品は医師や薬剤師を介さないと入手できないため、あやまって使用してしまうことはあまりないでしょうが、家族の育毛剤などを試したりしないようにしましょう。十代の人が使うなら「医薬部外品」か「化粧品」という扱いの育毛剤を選ぶ必要があります。

刺激の強いもの

十代はまだ、発展途上のデリケートな体です。ですから、あまり強い効果の育毛剤はお勧めできません。刺激が少なく体に優しいものを選んでいきましょう。

まず化学成分ではなく、植物など天然由来の成分で作られた製品を選びましょう。そういったものなら肌にも優しく、副作用などもめったに出ません。また無香料・無添加・無着色のものを使いましょう。添加物なども、肌にも悪影響を与えることがあるからです。

また十代では体が活発に成長し、頭皮の皮脂も多く分泌されています。そのため、育毛剤が毛穴を塞いでしまい逆効果になってしまうこともあります。ですから発毛などよりも、頭皮を清潔に保つような育毛剤を選ぶと良いでしょう。

二十代の場合

すでに成人しているなら、育毛剤の使用に制限はありません。医薬品でも使えますし、匂いつきの育毛剤を選ぶのも良いでしょう。自分の状況にあった製品を選ぶことが大事になってきます。

むしろ二十代の場合なら、早めに育毛剤を使い始めたほうがより良い効果を期待できます。なぜなら一度ハゲてしまうと、それを治すのにはかなりの労力が必要だからです。更地に毛を生やすより、今ある毛を守るほうがはるかに簡単で、効果もあります。

まだ毛が多くあるから育毛剤の使用には早い、というのは甘い考えかもしれません。育毛剤で予防しておけば、将来薄毛になるのを遅らせることを期待できます。後悔しないように、効果が穏やかな育毛剤で薄毛予防をしておくのがよいのではないでしょうか。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!