低刺激の育毛剤とは?肌が弱い人の育毛剤の選び方!

乾燥肌だったり、敏感肌だったりと、肌が刺激に弱い人がいます。このような人は、育毛剤の使用にもためらいがあるでしょう。育毛剤を使うことによって、肌が痒くなったりただれる可能性があるからです。

肌が弱い人には、刺激の弱いタイプの育毛剤がお勧めです。無着色や無香料の育毛剤ならば、肌に与えるダメージも少なくなるでしょう。

低刺激の育毛剤の特徴

低刺激の育毛剤にはいくつかの特徴があります。肌が弱い人は、すべての特徴を兼ね備えた育毛剤を選ぶと良いでしょう。

着色料

まず低刺激育毛剤には、着色料が入っていません。着色料は見た目を良くするだけで、育毛剤の効果とは関係ありません。そのわりに、肌に合わない人には悪い症状を引き起こすこともありますので、着色料が入っていないものを選びましょう。

パラベン

パラベンは石油から作られている防腐剤です。さまざまな製品に使われており、安全性に問題がある成分ではありません。しかし肌が弱い人の場合は話が別です。肌荒れの原因になることがあります。パラベンフリーも低刺激育毛剤の条件と言えるでしょう。

石油系界面活性剤

界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせる効果を持つためものです。多くの化粧品などに使われている成分です。普通の界面活性剤なら問題ありませんが、石油系界面活性剤は肌によくありません。

石油系界面活性剤は肌から取れにくいという特徴があり、角質細胞を破壊してしまいます。なぜこのような成分が使われるかというと、有効成分を肌に染み込みやすくするためです。普通の人が使うなら、このメリットの方が大きいかもしれませんが、肌が弱い人の場合は肌荒れのデメリットの方が大きくなってしまうでしょう。

アルコール

付けると、スッと爽快感が得られる育毛剤があります。このような育毛剤には、アルコールが含まれていることが多いでしょう。アルコール濃度が高いほど爽快感も増すため、かなりのアルコールが入っている製品もあります。

アルコールは揮発しやすく、揮発する時に頭皮の水分を奪います。つまり頭皮が乾燥してしまうということです。もちろん肌が弱い人には、大きなダメージとなってしまいます。アルコールの入っていない育毛剤の方が低刺激だと言えます。

肌が弱い人の育毛剤の選び方


無香料・無着色・無添加の低刺激な育毛剤を選びましょう。さらにアルコールも入っていないほうがより良いでしょう。

他に効果が強すぎる育毛剤も避けたほうが無難です。ミノキシジルなどが含まれている育毛剤がそれに当たります。ミノキシジルは効果も高いのですが、副作用も強く、肌が弱い人には刺激が強すぎる可能性があります。

育毛剤は付けてすぐに効果が出るものではありません。少なくとも半年ほどは使い続ける必要がある製品です。ですから、効果は穏やかでも長く使えるものを選ぶことが大切です。

また一概に肌が弱いと言っても、どのような成分が肌に悪影響があるかは個人差があります。そのため、実際に使って肌に悪影響がないか試してみたほうがよいでしょう。

さいわい、最近では返金保証がついている育毛剤も多くなってきました。そのような製品を利用して自分の肌に会う製品を探しましょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!