【タイプ別】育毛剤を特徴ごとに分類

育毛剤には大きくわけて4つのタイプがあります。それぞれメリットとデメリットがありますので、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

男性ホルモンを抑制するタイプ

薄毛の代表的な原因にAGAがあります。これは悪玉男性ホルモンが髪に悪影響を及ぼすものですので、男性ホルモンを抑制すれば薄毛を防ぐことが期待できます。

よってこのタイプの育毛剤は、男性ホルモンの作用で薄毛になっている人に特に効果を発揮します。ただし、ストレスや生活習慣の乱れから薄毛になっている人には、それほど強い効果は出ないかもしれません。

この男性ホルモンを抑える成分は、現在販売されている育毛剤の多くに含まれています。「ヒオウギエキス」で男性ホルモンを抑制する「薬用プランテル」がその代表的な製品です。

男性ホルモン抑制タイプのデメリットとして、男性機能が低下するという可能性が挙げられます。性欲が無くなったり、勃起力が弱まったりする副作用が出る人もいますので注意が必要です。

血行を促進するタイプ

頭皮の血行は、髪の状況と密接な関係があります。血の流れが滞ると髪に十分な栄養が行き渡らず、弱々しい髪になってしまいます。

血行を促進するタイプの育毛剤は、頭皮の血流を改善することで、頭皮環境を整えます。血行が悪くなる原因はストレスや寝不足などさまざまですが、すぐに治すことは困難です。

そのため「M-034」成分が含まれた「ブブカ」などを使うことは、血行促進法として優れていると言えるでしょう。M-034はミツイシコンブから抽出された天然成分ですので、安心して使用ができます。

血行を促進するタイプの弱点として、すべての薄毛に効果があるわけではないということが挙げられます。AGAや円形脱毛症の場合、このタイプの育毛剤だけでは進行を止められない可能性が高くなります。

毛母細胞を活性化するタイプ

髪は毛母細胞でおこなわれる細胞分裂によって伸びていきます。よって、毛母細胞の機能が弱まっていると、髪が細くなったり短くなったりして薄毛の原因になります。

育毛剤によって毛母細胞の機能を活性化させれば、髪が元気に伸びていくということになります。

「ポリピュアEX」などはこのタイプの育毛剤で、「バイオポリリン酸」が毛母細胞に発毛を促し抜け毛を防ぎます。この種の育毛剤はとくに、髪が細かったり柔らかかったりする人に有効だと言われています。

毛母細胞活性型の欠点は、血行促進タイプと同じくAGA・円形脱毛症などの症状には、十分な効果が発揮できない可能性があるという点です。

毛根に栄養を補給するタイプ

毛根に送られた栄養を使って髪は生えてきます。当然、十分な栄養がなければ髪の成長は滞り、薄毛や抜け毛の原因になります。

この栄養を、食事からではなく直接頭皮に補給しようというのが、このタイプの育毛剤です。育毛剤には髪の成長に必要な成分が含まれているため、薄毛対策に効果を期待できます。

このタイプの育毛剤には、「フィンジア」があります。フィンジアは「ピディオキシジル」によって、毛根に必要な栄養素を届けます。

栄養補給タイプを有効に使うには、頭皮が清潔であることが条件となります。

またこのタイプはあくまで毛根を助ける働きがあるだけです。そのため、すでに髪が抜け落ちてツルツルになった状態では、あまり有効に働かないでしょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!