毛母細胞を復活させるには?破壊を防ぐために

頭髪の成長のカギを握っているのが、毛根付近にある毛母細胞です。毛母細胞の分裂が何らかの理由でうまくいかなくなってしまうと、頭髪の成長が阻害され、薄毛の原因となってしまうのです。

毛母細胞の活力が失われていくと、最終的には破壊されてしまうのではないかと不安に思っている人もいるのではないでしょうか。毛母細胞が活力を失う原因は何なのかについて、説明していきましょう。

毛母細胞は簡単に破壊されない

最初に書いておきたいのは、タイトルに「破壊」とありますが、毛母細胞はそう簡単には破壊されるものではないということです。

後述する理由で活力を失うことはあっても、そこから破壊に至るまでには相応の時間が必要になってくるのです。

毛母細胞を破壊する方法としては永久脱毛がありますが、あれは電気などによって毛母細胞を焼くことで破壊しているのです。

逆に言えば、そのぐらいの衝撃を与えなければ毛母細胞は破壊されないのです。

ではなぜ薄毛になってしまうのかというと、毛母細胞の分裂が何らかの理由によって妨げられ、活力を失っているだけなのです。

これによって頭髪の成長力がダウンし、脱毛が促進されてしまうのです。

もちろん、AGA(男性型脱毛症)の進行などによって毛母細胞が破壊されてしまうこともあります。

ただ、そのためには、ほとんど頭髪が生えなくなってしまうような状態になってから、さらに5~10年ほどが必要なのです。つまり、薄毛が相当に進んでしまった人でない限り、毛母細胞はまだ生きており、治療効果も期待できるということになります。

毛母細胞の活力を失わせる原因とは

では、毛母細胞の活力を失わせる原因としては、何が考えられるでしょうか。主なものとしてはAGA、栄養不足、血流悪化、成長ホルモンの分泌量減少などが考えられます。

1.AGA

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質が原因で起きる疾患です。

DHTはTGF(トランスフォーミング増殖因子)という成長因子の一種であるTGF-βの生成量を増やす働きがありますが、TGF-βには毛母細胞の分裂を抑える働きがあるのです。

TGF-βが増えれば、毛母細胞の分裂が妨げられ、活力は徐々に失われていきます。

これによって頭髪の脱毛が進んでしまうのがAGAなのです。

2.栄養不足

毛母細胞の分裂を盛んにするためには、頭髪の成長のための栄養分と、細胞分裂のエネルギーの元となる酸素が必要です。

これらが何らかの理由で不足してしまうと、毛母細胞の分裂がうまくいかなくなり、活力が失われていくのです。

栄養不足の原因としては、過剰なダイエットが考えられます。

髪の元となるタンパク質や亜鉛はもちろん、過剰摂取によって薄毛を招くとされている糖質もある程度は必要になります。糖質が足りないとエネルギーが生成できず、毛母細胞がうまく分裂できなくなるためです。

ダイエットが抜け毛の原因になるって本当なの?

2016.12.06

3.血流悪化

たとえ栄養分を十分に摂取していても、毛母細胞まで運ばれなければ意味がありません。そして、血流悪化は栄養分が毛母細胞までうまく運ばれなく原因となるのです。

栄養分は毛母細胞のある頭皮から摂取するわけではなく、消化器で取り入れたものが毛母細胞に運ばれてくるのです。もし血流が悪化していると、消化器で取り入れた栄養分がうまく届かなくなり、頭髪の成長が妨げられてしまうというわけです。

血流悪化の原因としては、ストレスによる交感神経の活性化が考えられます。交感神経の働きによって、末梢血管が収縮してしまうためです。タバコも血流悪化の原因となります。

タバコが育毛の妨げになり薄毛を加速させる!?

2017.01.03

4.成長ホルモンの分泌量減少

毛母細胞が活発に分裂するためには、成長ホルモンが盛んに分泌されている必要があります。もし成長ホルモンの分泌量が減少してしまうと、毛母細胞が活発に分裂してくれなくなり、活力がなくなります。

成長ホルモンの分泌量減少の原因としては、睡眠不足が考えられます。成長ホルモンは睡眠時に分泌量が増えるため、睡眠時間が足りないと分泌量に悪影響を与えてしまうのです。

毛母細胞の活力を取り戻す方法とは

ここまで書けば、毛母細胞の活力を取り戻す方法も、自ずと分かるというものです。上に書いたことの逆をやればいいのです。
まず、AGA治療によってDHTの生成量を減らし、TGF-βの生成を抑えます。

過激なダイエットや糖質制限はやめ、バランスの良い食事を取ることも毛母細胞を活性化させます。

血流悪化の原因となるストレス対策としては、軽い運動をするのがオススメです。

ストレス解消だけでなく、運動によって心肺機能が強化され、血流促進の相乗効果が望めるためです。もちろん、血流を悪化させないためには禁煙も大切です。

そして、睡眠はしっかりと取りましょう。

特に、成長ホルモンの分泌量が多い午後10時~午前2時は熟睡しておいた方がいいでしょう。

毛母細胞は簡単に破壊されるようなものではないとはいえ、生活習慣によっては破壊される時期が早まってしまう可能性があります。

抜け毛が気になり始めたら、毛母細胞を活性化させるため、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!