薄毛治療薬は病院で処方してもらえる?

薄毛治療薬は、ネットなどを利用して手に入れることができます。しかし副作用などが起こる可能性を考えると、心配かもしれません。

そのような場合は、病院の診察を受けて処方してもらうのがおすすめです。専門の医師の指導にしたがって服用すれば、重篤な副作用が出るなどの危険は避けられるでしょう。

皮膚科

一般の皮膚科で薄毛治療も受けられます。また、プロペシアやミノキシジルなど治療薬も処方してもらえるでしょう。

ただし皮膚科の医師は、薄毛の専門家というわけではありません。皮膚科で治療する場合、あまり薄毛治療の経験がない医師にあたってしまう可能性もあります。

皮膚科で薄毛治療を受けると、よくあるのがプロペシア1ヶ月分を渡されるという対応です。プロペシアは副作用も少なく、抜け毛を予防する効果もありますので無難な対処だと言えるでしょう。

美容皮膚科

美容皮膚科でも薄毛治療を受けられます。美容皮膚科はこの分野の専門家であるため、より詳しい診察が受けられる可能性が高くなります。

診察後に処方されるのは、一般皮膚科と同じくプロペシア1ヶ月分であることが多くなっています。その経過を見てプロペシアを続けるのか、さらに他の薬品を使うのかなどが決定されるでしょう。

効果は?

皮膚科、美容皮膚科ともに医師の診断を受けられるため、個人で勝手に薬品を使うより良い結果が得られる可能性が高いと言えるでしょう。

めまいや痛みなど、なにか異常が起きた場合もすぐに助言がもらえるので安心です。病院の利用は、より安全性の高い薄毛治療だと言えます。

費用は?

診察費がかかるため、育毛剤を買うだけより費用が高くなります。もともと美容皮膚科は、保険適用外のため値段が高くなっていますが、皮膚科でも薄毛治療の場合は保険適用外になってしまいます。

育毛剤自体も、個人で買うより割高になる可能性があります。プロペシアやミノキシジルのジェネリック医薬品を自分で手に入れたほうが、だいぶ安く治療できるでしょう。

ただし病院で治療を受けるのには、大きなメリットもあります。そもそも薄毛の原因が一般的なAGAであるとは限りません。

もし他の病気の影響で髪が抜けていた場合、プロペシアやミノキシジルの使用は効果がないだけでなく、大変な問題を引き起こす危険性もあります。

薄毛に悩み始めた最初のうちは、薬品が体に合うかも含めて、いったん医師の診断を受けておくと安心できるかもしれません。

薄毛を治療する薬にはどのようなものがあるの?【ジェネリックも解説!】

2016.07.25
チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!